もうDocuWorksでいいじゃん!DocuWorksでPDFもカンタンに管理

DocuWorks好きの太田アベル(@LandscapeSketch)です。こんにちは。

世界的に汎用的な書類ファイルといえば「PDF」ですが、DocuWorksでもバージョン7から搭載された「DocuWorks PDF Creator」によりPDF作成がとてもカンタンに扱えるようになっています。

また、DocuWorks Desk上でのPDFの表示や操作もカンタンになりました。

今日はDocuWorksでPDFを扱うテクニックをいろいろご紹介。

スポンサーリンク

PDFプラグインの設定

DocuWorksの「プラグイン」メニュー → 設定を押します。

プラグインの設定画面がでます。

追加できる項目の中から「PDFに変換(DocuWorks PDF Creator)」を追加します。

PDFに変換ボタン

DocuWorksファイルをPDFに

DocuWorksデスク上で通常のファイルを選択。

DocuWorksとPDF 1

 

上部ボタンに追加されたPDFに変換ボタンをクリック。

PDF変換ボタン

 

すぐにPDFへ変換されます。カンタンですね!

左下にPDFのアイコンがついているものがPDFファイル。DocuWorks Deskではアイコンでしか見分けがつきません。

XDWがPDFに変換されました

ページ数の多い書類ではすこし時間がかかる場合がありますが、たいていは数秒で完了します。

PDFをDocuWorksデスク上で見ながら管理

DocuWorks7からはPDFの中身もしっかりとアイコンとして表示されます。非常に見やすいですね。

しかもPDFは、DocuWorksファイルと違和感のない表示で、DocuWorks書類と同様の操作(ばらす、束ねる、回転させる)が可能です。

ただしDocuWorksで編集はできません。ダブルクリックすると関連付けられたPDFソフト(Adobe ReaderやAdobe Acrobatなど)が開きます。

DocuWorksとPDF 7

PDFの結合もDocuWorks上で!

PDFの結合もDocuWorks上で行うことができます。いつも通り、書類を重ねるだけ!

DocuWorksとPDF 4

 

DocuWokrs上で重ねてみると・・・

DocuWorksとPDF 5

 

2ページのPDFとしてまとめられました!

DocuWorksとPDF 2

写真が大きな書類はPDFが有利

大きな写真やスキャン画像が入った書類はDocuWorks形式よりPDFのほうが容量が少なくなります。

PDFとDocuWorksの重さ比較

 

PDFのほうが異様に軽いですね(^^;
DocuWorksはがんばってください。

DocuWorksの容量

DocuWorksの容量

DocuWorks 625KB

PDFの容量

PDFの容量

PDF 75.6KB

 

WTS的まとめ

MacではOS標準でPDFの表示やアイコン表示がサポートされていますし、WindowsでもAdobe Readerなどを使えば簡単に表示できます。

しかし結局他のファイルとごちゃまぜで管理することになり、便利さはありません。

その点、DocuWorksはある程度区切った空間で、しかも大きな表示で管理できますのでとても便利です。

PDFの書類が多量にある場合もDocuWorksは役に立ってくれます。