NetBeans8で見やすくなったタブ

NetBeans タイトル

NetBeans8.0の使いやすいところを紹介する記事第二弾です。(前回の記事はこちら「NetBeans8.0出た!」

今回はとても見やすくなったファイルタブの紹介です。

スポンサーリンク

ファイルタブに色付けできる

NetBeans 7までは、ファイルを開くと下のようにタブができました。違うプロジェクトのファイルを開いても、みんな同じように横に並ぶため、大量に開くとわけがわからなくなります。
NetBeans7までのタブ表示

 

8.0から導入されたタブの色分け機能はこの不便を解消してくれます。
設定すると下のようにプロっジェクトごとに色を変えて表示してくれます。
screenshot_715

設定方法

さっそく設定方法です。

ツール > オプション を開き、外観アイコンをクリック。

下の「同じプロジェクトのファイルと同じ背景色」にチェック。

image

 

これだけで表示が変わります!
screenshot_715

 

プロジェクトごとに行を変えることも可能!
screenshot_718

フルパス表示も可能に

同じファイル名(例えばindex.php)を複数開くと、index.php ばかりになってこれまたわけがわかりません。色分けでだいぶ見やすくなりますが、フルパスが出ているとラクですね。

8.0では標準でフルパス表示も対応!先ほどの設定画面で「フル・ファイル・パスの表示」にチックすると・・・screenshot_717

タブの下にフルパスを表示してくれます!

WTS的まとめ

ますます使いやすくなっていきますね。

PHP開発にはNetBeans、すごくオススメ!しかも完全無料。

NetBeans公式サイトはこちら