ソースコードを表示するためのフォント「Source Code Pro」をアドビがオープンソースで無料公開

ソースコードを表示するフォントは悩みます。適切な行間、モノスペース、見やすい字体など人によって好みが違います。合うフォントを使えば作業効率が上がります。

私は現在NetBeansでは「M+フォント」や「VLゴシック」をよく使っています。

Delphiでは「MSゴシック」を使い続けています。

そんな中、アドビが「ソースコード用フォントを無料公開」という記事を見つけ(Publickeyさん)、さっそくいれてみました!

センスが良い字体

さすがAdobeだけあって、センスが良いラインの文字です。

まぎらわしい小文字のLと大文字のI、大文字のOと0(ゼロ)などがしっかりと特徴を出して作られています。

image

(Adobe Illustratorにて表示した状態)

日本語が入っていない

Source Code Proは完全に欧文書体のようです。日本語は入っていません。

日本語部分はソフトによっては他の書体で代用してくれますが、NetBeansでは文字化けしました。

image
NetBeansでの表示。日本語は文字化けする。

開発環境によってはちょっとおかしく

NetBeansでは異様に平たくなってしまいました。

image

Delphi XE3では正常な大きさで、日本語も表示できますが、日本語部分はたぶんMSゴシックになっています。

image

Webフォントにも対応するようです。

ホームページでのソースコード表示にはとても良さそうですね。

Adobe Source Code Pro