Meta Quest 2に幅広メガネでもラクに入る,フェイスクッションを買ってみた! | AMVR Oculus Quest 2 フェイシャルクッション

 

VRゴーグル「Meta Quest 2」の実機レビューです。

Meta Quest 2のおすすめキャリングケース!丈夫でコンパクトに持ち運べる
Meta Quest 2に幅広メガネでもラクに入る,フェイスクッションを買ってみた! | AMVR Oculus Quest 2 フェイシャルクッション
Oculus Link用 USBケーブル Anker 712 実機レビュー! | しなやかで高速安定通信!
Meta Quest 2の装着が劇的に改善!微調整もカンペキなKIWI design Quest 2 Elite互換ストラップ 実機レビュー
Meta Quest 2に直接付ける視力矯正レンズを体験レビュー!裸眼の開放感に感動した!
いまさらMeta(Oculus) Quest 2を買ってみた!Rift Sからの乗り換えはアリなのか?

[すべてのレビュー記事はこちら]

 

VRゴーグル全体でよく話題にのぼる問題が、メガネユーザーへの対応

VRゴーグルは目の上にかぶるように装着しますが、残念ながらゴーグル自体に視力矯正装置を搭載しているものは、ほぼありません。療用など特殊な機材のみに搭載されています。

メガネを使っている人は、メガネの上からかぶらなければならないのです。

 

しかしこれが問題。

メガネの大きさや形により、かなりキツかったり、もしくは入れるのが不可能だったりと、不便が多いのです。

メガネの形は千差万別ですから、全世界のメガネに対応するなんてそもそも不可能。スネ夫のママのようなメガネにまで合わせていたら、おそろしく大きなゴーグルになるでしょう。(笑)

そして今回購入したMeta Quest 2ですが、Oculus Rirft Sではすんなり入った横長のメガネでもけっこうキツイ

横長のメガネ。かなりきつい!

 

Rift Sよりも横幅が少し小さくなったのでしょうか?Rift Sではそれほどきつくなく入っていたメガネでも、かなりメキメキと入れる感じになってしまい、プレイ中もメガネのツル(耳にかける棒)がけっこう圧迫されます。激しく動くと折れそう。

ということで、今日は社外のフェイスクッション(フェイスブラケット)を買ってみたぞ!

フェイスクッションはたくさんのメーカーから出ていますが、セット内容が充実していて、やわらかそうな「AMVR Oculus Quest 2 に対応フェイスクッション フェイシャルインターフェイスブラケット」を選択。

幅広のメガネもすんなり入るようになったのもうれしい!

  • やわらかくて肌あたりの良い合皮フォーム
  • 統一感のあるホワイトフレーム
  • フレームには空気穴もあり、ムレを軽減
  • 光漏れを防ぐノーズキャップなども付属

大きさも付けごこちも悪い純正スポンジ

Quest 2の純正のフェイスクッションはかなりチープです。(Rift Sと比較して)

素材は単なるスポンジ。汗や汚れをめっちゃ吸うので、あまり清潔でもありません。そしてペシャッとつぶれるので、プレイ中に形が保持できず、かなりズレます

汚れを防止するためこんなシリコンカバーも付いていますが・・・

純正シリコンカバーが付属するが・・・

 

しかし今度は汗を一切吸わないので、ちょっとの汗でもすべりだす!夏場なんてヌルヌル・ベタベタしますし、かなりイヤ~な感じです。

シリコンカバーを付けたところ

 

コストダウンのためでしょうが、付けごこちは10点満点で2点ぐらい。激安ゴーグルのようにガタガタするよりはマシ、という程度。

 

さらにいえば、頭の後ろを締めるヘッドバンドも単なるゴムバンド。ヘニャヘニャのフェイススポンジとの連係プレーで、まともな位置にまったく合わせられない上に、プレイ中にズレまくり、顔に食い込みます。楽しさ半減。

純正のバンド。単なるゴムバンドだ

詳しくは前回の社外エリートストラップ交換記事をどうぞ。

Meta Quest 2の装着が劇的に改善!微調整もカンペキなKIWI design Quest 2 Elite互換ストラップ 実機レビュー
どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。 Meta Quest 2といままで使っていたOculus Rift Sと比べて...

AMVRのフェイスクッションを純正と比較

さて、交換用として買った「AMVR Oculus Quest 2 に対応フェイスクッション」が届きました!

価格は筆者購入時で3,500円程度。激安ではありませんが、品質が良ければリピートできる価格でしょう。

AMVR Oculus Quest 2セット クリアなケースに入ってきました

 

クッションだけではなく、ブラケットまるごと交換するタイプです。今回はブラケットがホワイトのタイプを選択しました。ほかにはブラックオレンジがあります。(リンクがまちがっているときもありますので、購入前に十分ご確認ください)

ホワイト(レビュー品)ブラックオレンジ

セット内容を確認しましょう。

AMVR Oculus Quest 2 に対応フェイスクッション セット内容

  • 本体ブラケット
  • フェイスクッション(薄めと厚めの2種類)
  • 光漏れを防ぐノーズピース
  • 光漏れを防ぐサイドクッション
  • レンズカバー

 

フェイスクッションは合皮で、細かな通気穴が空いています。

フェイスクッション

細かな通気穴がムレを防ぎそう

 

スポンジは適度なハリがあり、肌ざわりはふわっとやわらかい。皮のようなしっとり感があります。着け心地はかなりよさそう!

もちろん合皮なので、本革のようにカビることはありません。アルコールで軽く拭くぐらいなら変色もしなかったので、感染症対策が必要な現在でも安心です。

※アルコールによる化学反応は回数を重ねると現れるかもしれません。完全に問題なしとは言いきれませんので、ご了承ください。

クッション(厚め)を押さえたところ。やわらかいが、しっかりとした反発力を感じる

 

ブラケットを純正と比較してみます。

ご覧のように(ちょっと写真ではわかりづらいですが)AMVRのほうが数センチ幅広です。メガネにも余裕か!?

純正品との比較 左純正/右AMVR

 

こちらはフレーム上部の拡大写真。AMVRのほうには通気スリット(ギザギザの切れ込み)が開いているのがわかるでしょうか?ここから熱気を逃がせるとされています。

AMVRの上部には通気穴が空いている

 

こちらは鼻の部分の光漏れを防ぐノーズピース。

鼻の部分の光漏れを防ぐノーズピース

純正は鼻の高い欧米人に合わせたのか、日本人の鼻ではかなり光漏れがあります。というか僕の場合、下が見えるほど開いている。(笑)

このノーズピースでどれほど防げるのでしょうか。

 

交換はむずかしくはありません。

まず純正のフェイスクッションを土台ごと引き抜きます。かなりしっかりはまっているので最初は力がいります。

なるべくまっすぐ引っぱってください。斜めに引っぱるとフレームが割れる可能性もあります。

純正のフェイスクッションを引き抜いたところ

 

ブラケットにクッションとノーズピースを取り付けます。

クッションはマジックテープに合わせ貼り付けるだけ。カンタンです。

 

そのままQuest 2に差し込みます。

引っかかることもなく、ガタつくこともなく、カチッと素直にはまりました。しっかり寸法を合わせてあります!

カチッと気持ちよくはまった

すばらしい装着感!

では装着してみます!

まずメガネ。

純正では折れそうなほどキツかったのですが、AVMRではすんなりと入りました!これはうれしい!メガネの引っかかりで悩んでいるなら、即買いしてもいい。

純正と比べ1~2cmほどの余裕を感じます。(※ただし全部のメガネで合うとは言い切れませんので、ご了承のほど)

 

クッションはしっとりと顔にあたり、まったく痛みがありません。純正スポンジのザラザラ感や、顔の骨に食い込む感じ、シリコンカバーのヌルヌル感とは別次元の快適性

使用後はさすがに汗でテカッてしまいますが、アルコールとティッシュで拭けばすぐに取れました。清潔感も上々です。

 

ズレもかなり防げます。

純正では目の下の部分に食い込んできて、痛いうえにズレましたが、AVMRは額から目の下までふわっと包まれる感じで、頭をぐるぐる回してもほとんどズレません。気になる痛みもほぼなし!

これはいい!

社外Elite互換ヘッドバンドとAMVRクッションで完璧な装着感!

※装着の快適感はこちらのレビューにある社外エリートストラップに交換したうえでの感想です。純正のヘッドバンドでは、AMVRを使ってもたぶんズレます。

光漏れはどうか?

ノーズピースの効果ですが、けっこうあります。鼻の下の光が半分以下になったイメージです。映像のクリア度が上がりました。

ただ、人によっては鼻にかぶさって、すこしうるさく感じるかもしれません。

あれです、「鼻の毛穴すっきりパック」をやっている感じ。(笑)

 

またクッションの幅が広くなるので、顔の細い人はサイドからの光漏れも気になるかもしれません。

その場合はサイドカバーを取り付けると軽減できるようです。僕は必要ありませんでした。

WTS的まとめ

純正とは天地の差でした!しっとりふわっとフィットして、肌の負担がだいぶ少ないです。

幅もちょうどよく、メガネユーザーは即決してもいいぐらい付けやすい。

ちなみに「汚れたらクッションだけを購入できるのか?」とメーカーに確認しましたが、残念ながら設定がないようです。汚れたらまるごと買い直しになってしまいますが、まあ金額的には3,500円前後なので、それほど負担は重くないですね。

とはいえ、複数のクッションでローテーションして清潔に使いたい!という人に向けて、別売をしてくれればありがたいところ。

Quest 2ライフがさらに快適になりました!

コメント