INTEL NUCでファンがうるさい!と思っている人はM.2 SSDの発熱のせいかもよ

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日から非常に便利に使用している超小型PC「INTEL NUC」。小さくて省電力で、24時間稼働の遠隔操作マシンとして大活躍中です!

さて、このマシン、アマゾンの評価を見ると「ファンの音がうるさい」「発熱がすごい」などの意見がちらほら。

でも僕のマシンはそこまで温度が高くなっていません。もしかしたら、SSDからの熱ではないかと思うんです。

スポンサーリンク

M.2 SSDの発熱はかなり違う

INTEL NUCの最近の機種はメインディスクがだいたいM.2 SSDになっています。しかも、平均1,500MB/sを超える高速なNVMeモデルが必須です。

このタイプのSSDは発熱がすごいことも周知の事実です。

 

僕のテストした中ではSamsungやPLEXTORなどの読み込み3,000MB/s級のSSDは、単体で70℃や80℃を突破するという、湯沸かし器なみの発熱です。

こんなものを極小のINTEL NUCに詰め込めばどうなるか。通常のPCよりさらに温度が上がるのは確実です。

CPUよりもSSDを冷却するためにファンが爆音になってしまうのではないかと。

WD Blackはけっこう低温でいいですよ

今回僕が使用したWD Blackは最大読み込み速度 2050MB/s、最大書き込み速度 800MB/sと性能は中間程度ですが、温度がかなり低い。

アイドリング時は室温24℃の時点で39℃。ベンチマークで数GBを書きこんでみても58℃までで温度上昇が止まります

少なくともこの温度であればファンの回転はほとんど上がりません。真夏の30℃を超える日でも余裕を持って対応できそうです。

お手頃価格なのに速い!NVMe対応M.2 SSD WD Black 256GB (WDS256G1X0C) をベンチマーク
どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。 今日は先日購入したIntel NUC i5マシンのメインストレージとして購入した、NVMe対応...

 

そんな低温で運用していても、サーマルスロットリングのような現象を確認しています。気休めでヒートシンクをつけたところ、少しだけ最高速度が上がる時がありました。

 

INTEL NUCで使用するときは使用目的にもよりますが、個人的なサーバや、あまり負荷のかからない作業をするのならあえて速度の低いSSDを選んでおくのもいいでしょう。

その点、WD Blackはおすすめです。

WTS的まとめ

ちなみにこのWD Black、僕が買った直後にモデルチェンジし(泣)、256GBモデルでも最大3,000MB/s読み込みと、価格は据え置きながら大幅に性能がアップ!

いや~。悲しいですねこういうの。

まあ速度アップということは温度も上昇しそうです。新型の温度上昇がどの程度なのか、また(お金が貯まったら)検証していきたいと思います。

コメント