Intel NUC内部にヒートシンクを仕込むとSSDの温度は変わるのか?検証してみた

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日購入したCore i5を搭載した超小型PC「INTEL NUC NUC7i5BNH」は、遠隔操作サーバーとして非常に便利に使っています。

手のひらに乗るけど超快適なPC!Core i5を搭載したIntel NUC NUC7i5BNH レビュー
どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。 先日遠隔サーバー用に購入したCeleron J3455を搭載した「Intel NUC NUC6...

 

Adobe Lightroomでの大量の写真管理、ExcelやWordでの書類作成、ウェブサイトのプログラムなどなど、気がつけばいままでメインPCでやっていた作業を、ほぼ全部INTEL NUCでやっています!

かなり速いし、どのソフトもとてもスムーズ。はっきり言って不自由ない。すごすぎる。

 

さて、これから夏になってくるということで(この記事執筆は5月後半)、パソコンには熱の問題が出てきます。INTEL NUCは超小型な上に、高温になりがちなM.2(NVMe) SSDを搭載していることでなおさら気になりますね。

そこで、SSDの真上に小さなヒートシンクをつけてみたらどうなるだろう思いついちゃいました!

さっそく取り付けてみたぞ!

スポンサーリンク

ヒートシンク購入

買ってきたのはアイネックスのチップ用マルチヒートシンク HM-17A

 

2cm四方の小さなヒートシンクが2個入り。

銅色でいかにも冷えそうな感じですが、実はアルミっぽい金属に銅色のメッキをしただけっぽい。さすがに550円で純銅はムリか。

 

裏面には両面テープ付き。手に持ってみるとひんやりします。なかなか良さそうかな。

取り付けてみる!

NUC7i5BNHは内部に2.5インチドライブをつけられるマウンタがあります。(高さが低いNUC7i5BNKは無いので注意)

ここに貼り付けてみようと思います!

貼る位置はもちろんSSDの上。

ですが、右側の部分は配線が通っていて重なってしまい、貼り付けられず。

 

結果、こんな感じの左寄せな配置になりました。

 

手作り感バリバリな適当設置。いいんです楽しけりゃ。(いいのか)

温度は?

さっそく温度を測ってみましょう。計測したのはフリーソフトのHWINFO。PC内センサーからの読み取りです。

アイドル時温度最高温度
ヒートシンクなし39℃58℃
ヒートシンクあり38℃58℃

 

1℃・・・

さらに最高温度では同じという・・・

ほぼ誤差ですなこれは。意味ありませんでした。(泣)

もうちょっとだけでも下がってほしかった・・・

 

ただ、前回ベンチマークを取ったとき、冷えている状態でも1530MB/sぐらいが頭打ちとなっていましたが・・・

 

ヒートシンクをつけたあとは1760MB/sと、ときどき大きスコアを伸ばす時がありました。もしかしたらセンサーには現れないけれど、チップ内部は少し冷やせているのかもしれません。

サーマルスロットリング(加熱時における処理の抑制)が避けられているのかもしれません。

WTS的まとめ

まあ、気休め程度でしょうね。これは。

そもそも狭い筐体で風もあまり通りませんので、ヒートシンク自体の性能も、発揮できているとは思えません。

というわけで、興味本位の実験は終わり!ではまた。

コメント