最新PCセール!

お手頃価格なのに速い!NVMe対応M.2 SSD WD Black 256GB (WDS256G1X0C) をベンチマーク

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

今日は先日購入したIntel NUC i5マシンのメインストレージとして購入した、NVMe対応 M.2 SSD WD Black 256GB WDS256G1X0Cをベンチマークしてみようと思います。

NVMe対応256GBではかなり安い部類となる9千円台後半という価格ながら、最大読み込み速度 2050MB/s、最大書き込み速度 800MB/sの高性能、5年もの長期保証を備えます。期待できそうです。

さっそくベンチマークしてみました!

スポンサーリンク

スペック

今回のパーツの詳細スペックです。256GBと512GBの2モデルがあり、今回は256GBモデルを購入しました。

項目スペック
容量256GB
インターフェースPCIe Gen3 8 Gb/s
フォームファクターM.2 2280
シーケンシャル読み取り最大2,050 MB/s
シーケンシャル書き込み最大700 MB/s

パッケージなど

さて届きました。

 

箱はシンプルでスペックがわかりやすい。

 

本体はヒートシンクなどがない基盤むき出しタイプ。

 

Intel NUC i5にインストールしました。最新のIntel NUCはありがたいことに、内部に熱伝導シートと金属フレームがあり放熱は万全です。SSDと接触している薄緑色のシートがおわかりになるでしょうか。

 

センサー状況を見たところ、室温20℃の状態で、ベンチマークを通しても最大58℃で抑えられています。サーマルスロットリングも起こりにくそうです。

ベンチマーク

Crystal Disk Mark、AS SSDで容量を変えてベンチマークを取りました。

結果は最大読み込みは1,595MB/s、書き込みはCrystal Disk Markでは711MB/sを記録したものの、AS SSDではだいたい670MB/s程度でした。読み込みはほとんど1,600MB/sを超えることがありませんでした。

また、1GBを超える書き込みでは平均270MB/sまで落ちました。これが内部キャッシュの限界値かもしれませんね。

注意点として、今回は超小型で能力を抑えられているIntel NUCを利用しているため、PC側の制限が多いかもしれません。Core i7などの高速なCPUを搭載したフル機能のデスクトップなら、公称スペックまで伸びる可能性があります。

WTS的まとめ

256GBで1万円以下で購入できるNVMe SSDはほとんどありません。そんな格安商品のなかでも、個人的に好きなウェスタンデジタル製で、さrない5年保証付きということで、グッドバランスなSSDだと思います。