ふと思い立ってCeleron J1900で3DMarkのベンチマークをとってみた

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

最近はハイパワーパソコンのベンチマークばっかりやっていますが、今日はふと思い立って超非力なパソコンでベンチマークしてみました。

とってみたので、現在我が家でサーバーとして運用中のShuttle XS35V4

スポンサーリンク

スペック

まずスペックですが、CPUはCeleron J1900。4コア4スレッドです。メモリは4GB、128GB SSDを搭載しています。ベンチマークということでほぼCPU勝負になります。CPUの詳細スペックを表にしてみました。

いまや3世代前ぐらいになるIntel HD Graphicsを内蔵。さてどうなるか。

項目スペック
コア数4
スレッド4
動作周波数2GHz
ブースト周波数2.41GHz
L2キャシュ2MB共有
64Bit
最大TDP10W
最大認識メモリ8GB
対応メモリDDR3L-1333
最大メモリチャネル2
グラフィックスIntel HD Graphics
グラフィックス周波数688MHz
グラフィックス最大周波数854MHz

XS35V4 Review 0013DMark

3DMarkは一番下のIce Stormだけを回します。というかこれ以上は無理でした。

J1900ベンチマーク-001

なんとか動くもののそこらじゅうで処理落ちします。最初から最後までガクガクとした映像でした。スコアは17464と、最近のAtomにも負ける結果に。

ゲームプレイにはかなり厳しいでしょう。2Dゲームならなんとか。

XS35V4 Review 002

WTS的まとめ

予想通りの結果になりました。お安い事務用パソコンに使われるようなCPUですから、過度の期待は禁物ですね。

でも非常に省電力ですから、家庭用の24時間サーバーには完璧にマッチしています。使いドコロがかんじんですね!