GTX 1080 3DMarkの軽量テストはもはや天井!TITAN Xも超えてしまった G-Tune NEXTGEAR i650レビュー

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日から引き続き、G-Tune NEXTGEAR i650にて、最新GeForce GTX 1080を使ったベンチマークを取っていきます。

前回は3DMarkのハイエンドテストFire Strikeだけでしたので、今回はその下のテストを行います。まあ、Fire Strike Ultraですら4000ものポイントを叩き出しているので、下のテストなんて三輪車レースにF1を持ち込むようなものでしょうが、とにかく見てみましょう。

スポンサーリンク

3DMark Sky Diver

3DMarkの2番目のテスト、Sky Diverです。

NEXTGEAR i650 [GTX 1080]-013

あたりまえですが、処理落ちなど一切見られません。

総合スコアは36,932ポイント、グラフィックスコアは71,761ポイントと、通常60000前後のTITAN Xを超えるスコアを出しています!

3DMark Cloud Gate

3DMarkの3番目のテスト、Cloud Gate。

NEXTGEAR i650 [GTX 1080]-015

総合スコアは33,058ポイント、グラフィックスコアは135,370ポイントと、またしてもTITAN Xを超えるスコアが出ています。

3DMark Ice Storm

最軽量のテストIce Stormです。高画質なExtremeと通常版の2つを掲載します。

NEXTGEAR i650 [GTX 1080]-018

NEXTGEAR i650 [GTX 1080]-017

 

17万とか18万とか、ドラゴンボールの戦闘力インフレみたいなスコアが出ています。ちなみにグラフィックスコアはExtremeが37万、通常版が41万に達しています。こんな軽いテストを行わせること自体、失礼になりそうな結果です。(笑)

フレームレートは2000近い数値が見えるなど、そのモンスターぶりに感動します。

WTS的まとめ

軽いテストではファンの回転数さえほとんど上がらないほど、余裕で動かしています。

TITAN Xを軒並み超えてきていますので、超高性能が欲しいユーザーでも十分満足できるでしょうね。

 

G-Tune NEXTGEAR i650 シリーズ
キャンペーンページはこちらから!