“3スタイル”タブレット HP Elite x2 1012 G1をベンチマーク!グラフィック性能を試します

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

HPから販売されているハイブリッドスタイル・ノートパソコン、HP Elite x2 1012 G1のレビュー第2回です。今日はベンチマークを取ってみて、どの程度のグラフィック性能を持っているか、確認していきたと思います。

前回の本体レビューはこちら>3スタイルタブレット HP Elite x2 1012 G1の使い勝手とは?体験レビュー

スポンサーリンク

スペック

繰り返しになりますがスペックです。
今回は最もお安いCore M3-6Y30を搭載したモデルです。
本体のみでは129,800円(税別)と大型高品質タブレットとして安めの設定。

HP Elite x2 1012 G1

項目スペック
OSWindows 10
CPUIntel Core M3-6Y30 (2コア / 4スレッド)
メモリ4GB
メモリスロット (空きスロット)0 (0)
ディスプレイ12.1インチ
解像度1920×1280ドット
ポート類フルサイズUSB3.0×1、USB Type-C 3.1×1(Thunderbolt 3対応、データ転送と本体充電に対応)
Bluetoothあり
無線LAN(Wi-Fi)802.11 ac/a/b/g/n
有線LANなし
サイズタブレット本体:300×213.5×8.05mm、トラベルキーボード(オプション)装着時:300×213.5×13.45mm
重量タブレット本体:約820g、トラベルキーボード(オプション)装着時:約1205g

3DMark

テストはグラフィック性能テストにおいて事実上の世界標準、3DMarkで行いました。

hp elite x2 1012-001

なかなかのスコアが出ましたね!

Ice Stormでは40000ポイントを超えています!このスコアは軽いゲームなら十分に動かせるレベルです。ブラウザゲーム、ドラゴンクエストX、PSOなどがプレイできる範囲になります。

もちろんYouTubeなどの動画も非常になめらかに再生できます。

他の3つのテストは、専用グラフィックチップを搭載したパソコン用なので、この数値でも正常です。数年前のパソコンなら動かせもしないようなテストです。それをこの薄さのタブレットで動かせるというのは、技術の進歩に驚きますね。

WTS的まとめ

というわけでHP Elite x2 1012 G1のベンチマークを見てきました。

軽いゲームも動かせるということで、持ち運びゲーム機として考える人も多いのではないでしょうか?見た目がビジネスマシンというのも、カモフラージュに最適です!?

次回は純正ペンの使い勝手などを見てみます。