NEC Lavie DTに取り付けるならこのグラボ!GeForce GT 730とGT 1030を実際に搭載して比較レビュー!

先日グラフィックボードを増設しようとGTX 1050 Tiを用意したものの、物理的に入らず失敗に終わったNEC Lavie DT

今回はGPUのクラスを下げ、より小型のボードで再挑戦したいと思います!

さて購入してきたのは2機種。

GeForce 7シリーズのローエンドチップ GeForce GT 730搭載ボード
ELSA GeForce GT 730 LP 1GB GD730-1GERL

そしてGeForce 10シリーズのローエンドチップ GeForce GT 1030搭載ボード
Palit GeForce GT1030 2GB ドスパラ限定モデル

です。

同じような大きさ、同じような見た目にもかかわらず、その実力は大きく差があった!

記事中の商品/サービス

ロープロファイル、135mmのショートサイズのGeForce GT 1030を搭載したグラフィックボード。ドスパラ専売です。

NEC Lavie DTのスペック

今回テストするNEC Lavie DTのスペックです。

2017年モデルとなりますので、現在販売中の後継機とは多少違う部分がありますのでご注意ください。最新機種についてはNEC Directをご覧ください。

項目スペック
OSMicrosoft Windows 10 Home (x64)
CPUCore i7-7700
CPUコア/スレッド数4コア / 8スレッド
メモリ8 GB
メモリスロット (空きスロット)4 (2)
ストレージ 11TB HDD
光学ドライブDVD+R DL
ポート類USB 3.1(Type-A)×2、USB 3.0×2、USB 2.0×4、DisplayPort×2 、ミニD-sub15ピン×1
サイズ89(W)×291(D)×340(H)mm(スタンドなし)
重量約 5.3kg

NEC Lavie DTが搭載できるカードサイズ

まずは前回の記事のあらすじ。

スリム型で拡張性が高いデスクトップPC NEC Lavie DT。標準ではグラフィックボードは非搭載で、オプションでGT 730を選ぶことができます。

でも僕はさらに強力なグラフィックボードを積んでみたいという衝動にかられ(笑)、アッパーミドルクラスである「GeForce GTX 1050 Ti」を搭載したデュアルファンのグラフィックボードを購入。

意気揚々と組み込もうとしたものの・・・なんとカードがフレームに衝突!

 

ケースのフタどころか、ドライブシャーシすら閉めることができない完全なオーバーサイズと判明!あえなく撃沈したのです。

薄型で奥行きが短いNEC Lavie DTにGTX 1050 Tiグラフィックボードを追加・・・しかしとんでもない事態に!
どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。 先日レビューしました薄型・小型のデスクトップパソコン「NEC Lavie DT」。 ...

 

だが私はあきらめなかった!(急になんだ)

標準オプションと同等のGeForce GT 730を搭載したボードを探しつつ、さらに10シリーズや20シリーズで入るものはないのかと、あらゆるメーカーのボードサイズを確認して回ったのです。

そして唯一”入りそう”だと確信したのが、「Palit GeForce GT1030 2GB ドスパラ限定モデル」なのです。

今回はこの2種類のボードを両方とも購入し、サイズ感や性能を比較していきます。

ELSA GeForce GT 730 LP 1GB GD730-1GERL

さて最初はGT730を搭載した「ELSA GeForce GT 730 LP 1GB GD730-1GERL」。

 

GeForce 700シリーズは現在最新のGeForce 20(2000)シリーズから考えると、実に5世代も前の機種になります。

とはいえ、ボード自体が小型でスリム型にも対応できる上、長く作られているチップなので、メーカーへの卸価格はかなり安価なはず。そんな事情もあり、このGT 730は最新機種でもたまに搭載しているものがあるのです。

長さはわずか135mm。Lavie DTに搭載してみますと・・・まさにピッタリ!ジャストサイズです。

 

ELSA GeForce GT 730 LP 1GB GD730-1GERLのスペック

機能スペック
GPUプロセッサGeForce GT730
コアベースクロック902MHz
CUDAコア384
メモリDDR3 SDRAM
メモリ容量1GB
メモリクロック1,600MHz
メモリバンド幅64bit
出力系統DL-DVI-D×1、VGA×1、HDMI×1
外形寸法130×68.5×17.9mm

ELSA GeForce GT 730 LP 1GB GD730-1GERLのベンチマーク

ゲームベンチマークを取ってみましょう!

3DMark

グラフィック機能やゲームベンチマークとして、ほぼ業界標準となっている3DMarkにてテストをしました。

テストの前に警告情報を見てみましょう。

重量級テストのFire Strikeなどは「グラフィックメモリが不十分、実行不可能」という警告があり、Direct X12世代のTime Spyでは「互換性なし、実行不可能」という状態になっています。

GT 730が発売された当時はまだDirect X12は存在もしていませんでしたから、これは当たり前と言えますが、現在はCPU内蔵GPUでも対応している機能にも対応できない、という点に注意です。

ベンチマークスコア
Ice Storm59118
Ice Storm Extreme37531
Cloud Gate6795
Sky Diver4027
Night Rade実行不可能
Fire Strike実行不可能

Ice Stormの軽量テストは特に問題ありません。Cloud Gate、Sky Diverは少々カクツキ、コマ落ちが見られました。

Cloud Gate、Sky Diverは全体的に動きに余裕がなく、かなりのコマ落ちで紙芝居状態になることもしばしばありました。

ドラゴンクエストX

オンラインゲームのドラゴンクエスト Xのベンチマーク。軽めのソフトのジャンルとなります。

テストスコア評価
1280×720/標準品質11601すごく快適
FULL HD/標準品質5334快適

標準品質ならばFULL HDでプレイができる速度です。全体になめらかで、画質にこだわらなければ、軽量ゲームなら困ることはなさそうです。

バイオハザード6

テストスコア評価
標準 / FULL HDC 1883普通

多数のキャラが表示される場面では顕著な処理落ちが見られます。FULL HDは苦しいですね。解像度、画質ともに調節の必要アリです。

GeForce GT 730の総評

描画性能は5世代前のボードとしては妥当な実力でしょう。

ごく軽いゲームならたまにカクつきも見られるものの、なめらかな映像で楽しめます。が、現在のローミドルクラスのゲームから余裕がなくなり、アッパーミドルクラスですでに限界が見えます。

Adobe系のグラフィックソフトなども支援できます。Photoshopなどは画像の回転や移動が速くなります。とはいえ、動画の編集などは厳しいでしょうね。

総合的な性能としては最新CPUの内蔵GPU(iGPU)と大きく変わりません。

グラフィック処理中にCPUに負荷をかけない、という目的ならいいのですが、CPUより強力なグラフィックが必要という場面では、あまり意味がないかもしれません。

 

そしてもう一点の問題は「ノイズ」

電源を入れたと同時に「シューン」という音が発生し、ケースを閉めていても聞こえるぐらいです。ベンチマーク中はさらに「ブーン」というような、うなり音に近い音が出ています。

Lavie DTはケースのサイドに吸排気口がないため、カード付近のエアフローは良くありません。CPUファンの音も大きいため互いに共振し、最高潮では音楽のジャマになるレベルの騒音が発生してしまいました。

僕の買ったものが”音が大きなハズレの個体”だった可能性もありますが、けっこう気になる騒音が発生する可能性がある、という点には注意したいところです。

Palit GeForce GT1030 2GB ドスパラ限定モデル

さてお次は新しめのチップ“GeForce GT 1030”を搭載した「Palit GeForce GT1030 2GB ドスパラ限定モデル」です。

ロープロファイル、135mmのショートサイズのGeForce GT 1030を搭載したグラフィックボード。ドスパラ専売です。

 

名前に”ドスパラ限定”とある通り、この製品はドスパラのみで購入できます。アマゾンなどの量販店では購入できません。

他社のGT 1030ボードは150~180mmの長さが平均でしたが、この製品のみがわずか135mmとなっていて、ロープロファイルのショートボードとして、唯一無二となっています。

ちなみに、ドスパラのサイトのスペックではなぜか168mmとなっています。このおかげで僕も最初はあきらめていたものの、実際に店頭で確かめたら135mmほどしかなかったので、購入しました。表記が間違っている可能性があります。

 

Palit GeForce GT1030 2GB ドスパラ限定モデルのスペック

機能スペック
GPUプロセッサGeForce GT1030
コアベースクロック1227MHz
CUDAコア384
メモリGDDR5
メモリ容量2GB
メモリクロック6000MHz
メモリバンド幅64bit
出力系統DL-DVI-D×1、HDMI(2.0)×1
外形寸法135×60×20mm(※公式サイトでは168mmという表示あり)

 

GT 730と比較してもほとんど長さは変わりません。(下がGT 1030)

 

Lavie DTへ搭載してみます。こちらもピッタリ!問題なく収まりました。

ドライブシャーシとは指1本(1.5cm)ほどのスキマを確認できました。あと1cmほど長いカードでも、なんとか収まりそうですね。

とはいえこの上のGTX 1050搭載ボードになると、長さ170~200mmサイズ、もしくはフルハイトカードのみとなり、収まりそうなものは見つかりませんでした。

さてベンチマークです。

3DMark

グラフィック機能やゲームベンチマークとして、ほぼ業界標準となっている3DMarkにてテストをしました。

テストの前に警告情報を見てみましょう。

GeForce GT 1030はDirect X12世代も完全にサポートしていますので、どのテストも実行可能です。

ここからGeForce 730と大きく変わります。やはり新しいものは心強いですね。

ベンチマークスコアGT 730比
Ice Storm69792118% UP
Ice Storm Extreme52136138% UP
Cloud Gate8851130% UP
Sky Diver6931172% UP
Night Rade7946動作可能
Fire Strike1678動作可能

Ice Storm、Cloud Gateまではかなりなめらかです。そしてGT 730では動作すら不可能だった上位のテストでは、カクツキが大きいものの完走し、スコアが記録できました。

どれもGeForce 730と比較し大幅なスコアアップを果たし、上位のテストに従って差は開いていきました。

ドラゴンクエストX

オンラインゲームのドラゴンクエスト Xのベンチマーク。軽めのソフトのジャンルとなります。

テストスコア評価GT 730比
FULL HD/標準画質8870とても快適166% UP

標準品質ならばFULL HDで十分にプレイができる速度です。全体になめらかで、軽量ゲームなら困ることはなさそうです。

バイオハザード6

テストスコア評価GT 730比
標準 / FULL HDB 3952快適209% UP

多数のキャラが表示される場面ではカクツキが見られるものの。プレイは可能な感触です。多少の画質ダウンで、FULL HDプレイは可能です。

GeForce GT 1030の総評

GT 730もGT 1030も、世代は違えど両方ともローエンドに属するカードですが、実力はだいぶ差が付きました。GT 1030が圧勝です。

世代の違いはもちろん、グラフィックメモリが1GBと2GBで2倍の差があるのもポイントでしょう。

大量のキャラクタが表示される場面では、1GBはすぐにあふれてメインメモリから送らなければなりません。車に例えれば高速道路から一般道へ降りて荷物(データ)を運んでくるようなもの。描画速度に大きな影響が出ます。

そしてノイズ。

Palit GeForce GT1030はファンもかなり静かで、ベンチマーク中も音はしますが、許容範囲です。CPUのほうが目立つ音でした。

通気性の悪いスリムケースでもこれなら取り付けても大丈夫だろう、と感じます。

Palit GeForce GT1030一択!

ということで、総合性能、ノイズ、あらゆる面で「Palit GeForce GT1030 2GB ドスパラ限定モデル」が圧勝です。

NEC Lavie DTのグラフィック性能をアップさせたいのなら、このボード一択と言っていいでしょう。

販売価格も8,000円(税別/レビュー時点)という手ごろなもので、グラフィックソフトやCADソフトなどを扱う場合は、最初から購入しておいてもいいぐらいです。

WTS的まとめ

電力効率が高く、静音性に優れたGeForce 10シリーズが使える、というのは非常に大きな発見でした。

スリムケースでも軽いゲームや強力なグラフィック支援が得られるので、Lavie DTを購入する際にはぜひ同時入手をおすすめします!

コメント