薄型で奥行きが短いNEC Lavie DTにGTX 1050 Tiグラフィックボードを追加・・・しかしとんでもない事態に!

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日レビューしました薄型・小型のデスクトップパソコン「NEC Lavie DT」。

コンパクト・拡張性・高性能を備えたパソコンらしいパソコン NEC Lavie Direct DTレビュー
どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。 今日はNECから販売中のスリムでコンパクトなデスクトップパソコン「Lavie Dire...

 

Lavie DTは昔ながらのデスクトップパソコンの形で、比較的自由にパーツの拡張、追加ができるのがポイント。ケースなんかはネジ2本でカンタンにここまで開きます。

CPU速度は十分ですが、グラフィックボードがなくグラフィックに関してはかなり非力なので、ちょっとイイヤツを積んでやろうか・・・とGTX 1050 Tiを買ってきました!

が、とんでもない事態に!

買ってきたもの

買ってきたのはGTX 1050 Tiを搭載し、高さが低い「ロープロファイル」にも対応しているMSI GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP (VD6238)

2連ファンを搭載しながら、追加の電源が必要ないというのもポイント。省スペースPCのパワーアップにうってつけなのです。

取り付け・・・できない!?

さて取り付けはカンタン。

GTX 1050 Tiの背面プレートをロープロファイル用に交換し、本体ケージをすべて開き、PCIeコネクタに挿すだけ。

 

が、ここでとんでもないことに気づく!

Lavie DTは実は前後長が短い!なんと、ドライブケージが接触して閉まらない!!なんてこった!

 

あと1.5cmぐらいなのに~~!!

といってもどちらも曲がるものじゃないので、1mmでもはみ出せばアウト~です。つまり、Lavie DTではGTX 1050 Tiは使えない!

はい16,000円が無駄になりました~(´;ω;`)

実際何センチならOK?

ではLavie DTは何センチのカードまでなら搭載できるのでしょうか?

測ってみますと・・・だいたい130mm~135mmぐらいが限度でしょうね。

搭載できるカードは?

その長さで搭載できるグラフィックボードを探してみましたが、実はものすごく少ない。

というか、現役世代(10シリーズ、20シリーズ)のGeForceではほぼ全滅です。最低でも140mmぐらいなので、搭載不可能です。

そして現状販売していて、確実に入りそうなのは「ELSA GeForce GT 730 LP 1GB GD730-1GERL」ぐらい。(※追記 この後調査を継続し、こちらのカードならGT 1030が搭載できることが判明しました!下記記事をご覧ください)

NEC Lavie DTに取り付けるならこのグラボ!GeForce GT 730とGT 1030を実際に搭載して比較レビュー!
先日グラフィックボードを増設しようとGTX 1050 Tiを用意したものの、物理的に入らず失敗に終わったNEC Lavie DT。 今回はGPUのクラスを...

 

3世代前のGT 730、1GBのDDR3メモリを搭載。サイズは130×68.5×17.9 mmで、要件を完璧に満たしています。

さっそく搭載してみますと、無事に入りましたね。

 

搭載してみるとあと1cmほど余裕がありますことがわかります。ということは、140mmまでならギリギリいけるかもしれません。

ただし、ドライブケージはナナメに持ち上がるので、あまりにギリギリなカードでは接触して閉まらない可能性もあります。挑戦は自己責任で。

 

端子の増加もポイント

グラフィックボードの増設はグラフィックの強化だけではなく、出力端子が増えるのもポイント。

2画面、3画面出力ができるようになるので、写真編集やデザイン作業は非常にやりやすくなります。

WTS的まとめ

とりあえずパワーアップはできましたが、GT 730では最近のCPU内蔵グラフィックチップと比較し、それほど大きく差はでません。

Lavie DTを動画もガンガン編集できるマシンや、ゲーミングマシンにするのは、かなりムズかしいかもしれませんね。

コメント