スーファミそっくりのコントローラーをPCやSwitchで!8bitdo SN30 Proレビュー

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

実は僕、スーパーファミコンが大好きなんです。

いきなりどうでもいいカミングアウトですが、スーパーファミコンほど衝撃的で熱狂したゲーム機というのは、自分的にはそれ以降なかったと思うのです。

 

当時(30年ぐらいまえ ;^^)”ビデオゲーム”といえばゲームセンターや駄菓子屋のアーケードゲームぐらいしかなかった時代、家庭でもカラフルでハイスピードなゲームを実現した、初代ファミリーコンピュータ。

国民的ゲームマシンに成長し、みんなが「ゲームというのはギザギザのドット絵とピコピコした音楽で遊ぶものだ」と刷り込まれたあたりで、すべてを変えていきます。もう一度、と登場したのがスーパーファミコンです。(キャッチコピーはiPhone 4のパク をオマージュしました)

32768色中から256色同時発色、半透明も実現する美しいカラー。本物の楽器のような音楽、なめらかな回転や遠近法まで表現できるモード7、そしてなにより、オシャレなグレーカラーに赤・青・黄・緑のボタンが鮮やかな、見るからに高機能なコントローラー!

スーファミコントローラー(クラシックミニの付属品)

とにかく全てが衝撃的で、余すところなく未来でした。

もちろん現在販売されている「スーパーファミコン クラシックミニ」は所持しており、コントローラーをなにともなしにさわって「やっぱりいいなぁ」と独り言を言っています。(不気味)

 

相変わらず冒頭が長くてすみません。

で、そんなスーファミコントローラーをPCでも使いたいな、と探して見つかったのが、今回の「8Bitdo SN30 Pro」。

サイズ感はほとんどスーファミコントローラーそのもの!形は似ていますが、最新PCゲームで使えるよう、機能もボタンも進化しています。Bluetoothの無線接続にも対応!

さっそく使ってみた感じをレビューするぞ!

  • スーファミコントローラーとほとんど同じサイズ感
  • レトロチックなカラーがオシャレ
  • ワイヤレス(Bluetooth)接続可能
  • USB Type-C接続
  • L1/L2、R1/R2があり、アナログスティックも装備

サイズ感

さて届きました「8bitdo SN30 Pro」。

シンプルな箱のデザイン。最近のスマホの箱のようで雰囲気がいいですね!

 

外ケースを外すと、グレーの内箱に収まっています。

 

形よく収まっています。少しナナメにこちらを向かせてある演出もニクイ。

本体にはしっかりと傷防止のプラカバーがかぶせられ、ボタンにもフィルムが貼られていました。中国製品ですが、こういった気配りは日本レベルで徹底されています。

保護材もしっかりしている

ボタンにも保護シールが!

 

厚さ、カドの丸み、ボタンの位置、多少の違いはありますが、スーファミコントローラーから持ち替えてもあまり違和感は感じません

重要なのは最近のコントローラーとしては小ぶりばサイズ感や、ちょっと丸っこい手触り感であり、ボタンの微妙な位置は、自然に指が当たる位置にあればほとんど問題にならないのだな、とわかりました。

使用するとわかりますが、ボタンやスティックの位置はかなりこだわって作られています。

 

実際に持った感じ。手とのサイズ比を確認してみてください。大きさはほぼ同じと感じます。

 

上下に重ねてみるとさらに近さがわかります。

スティック部分の膨らみが少しはみ出しますが、厚み、サイズ感はほとんど同じ。

上下に重ねたところ

 

ピッタリ重ねて真上から撮影。そっくりですね。

SN30 Proをスーファミコントローラーの上に重ねたところ

 

カラーはGクラシックシルバーがあります。

SN30 Pro Bluetooth
Gクラシック(レビューの品)
SN30 Pro Bluetooth
シルバー

 

有線バージョンもあります。USB接続で無線機能はありませんが、少し安い

SN30 Pro 有線バージョン
Gクラシック
SN30 Pro 有線バージョン
シルバー

 

今回選んだのはGクラシックカラーです。

Gクラシックカラーは、先日レビューした、同じ8bitdo社のアーケードスティックと同じ風合いの色。ちょっとレトロ風味で、でも古くさくは感じない、センスを感じる色です。

8BitDo アーケードスティック

接続はスムーズ

説明書に従えば、接続はスムーズです。

今回はX-Input(Xbox)モードでPCに接続します。

まずX + Startを押します。すると本体下部のLEDが点灯し、接続モードとなったことがわかります。

ここのLEDが光る。ただし暗い!

 

本体下部の確認用LEDですが、光が弱く、明るい部屋では光っているかどうか判別できないほどです。(下写真 – 手をかざして暗くするとやっと見える)

最初は無反応だとカン違いして、バッテリーを満タンにてから試したり、Startボタンを何度も長押ししたり、故障かと思ってあせりました。よーく見たら光っていた、という感じです。

もう少しくっきり明るく光るか、目立つオレンジ色などで表示してくれた方がいいですね。

手で影にしてようやっと見えるランプ。一番左が光っているのがわかりますか?

 

Windows 11のBluetooth接続画面を出すと、すぐにSN30 Proが表示され、クリックするとスムーズにつながりました。

SN30 Pro Bluetooth接続

形はそっくりなのに機能はモダン

機能性を見ていきましょう。

ほとんど大きさが変わらないにも関わらず、非常に多機能です。

まず十字キーしっかりと十字のタイプ。下部にはアナログスティックを2本装備。これはXboxの左上、右下スティックに相当します。

 

スティックは親指がラクに届く位置ですが、手が小さな人はちょっと指を伸ばす感じになってしまうかも。操作感は良い。

 

ABXYの4つのボタン。これはスーファミコントローラーの感覚そのまま。違和感なし。比べるとスーファミコントローラーより位置が少し上になっています。これはスティックがあるためでしょう。

スティックがあるため、ボタンの位置は少し上寄り

 

上面のLRボタンの設計がうまい!

上面には人差し指で押すLRボタンがあります。

スーパーファミコンではLとRの1つずつのボタンですが、SN30 Proは幅ギリギリで前後2つのボタンに分けられ、L1、L2、R1、R2を見事に搭載しています。(XboxモードではLB、LT、RB、RTに相当。ただしデジタルボタン)

 

後ろ側のL2、R2は指がかかるようにわずかに丸くへこんでおり、指にぴったりとフィットします。固さもちょうどよく、握っただけで押されるような”暴発”はありません。

L2、R2はカーブの付け方が絶妙!

しっかりと指がかかる

指2本の操作も可能。ちょっとせまいですが。

 

左下のスターボタンは連射機能(PC接続時)やスクリーンショット機能(Nintendo Switch接続時)になります。

連射機能を有効にするときは、連射したいボタン(たとえばA)を押しながらスターボタンを押すと設定されます。その際ホームボタンの周りが数回青く点滅します。

スターボタン

 

右下はホームボタン。

PC接続時はXboxゲームバーが開かれます。設定時には周りが青く光ったりもします。

右下のホームボタン

 

上にはUSB Type-CポートとBluetooth接続開始ボタン。USBケーブルでつなげば、有線コントローラーとしても使用可能です。バッテリー切れのときはケーブルをつなげば、充電しながらプレイもできました。

上面。USBポートとBluetooth接続用ボタン

 

またPCのほかに、Nintendo Switch、Mac、Androidでも使用可能。マルチに使えるのも好評価です。

懐かしいさわりごこちで、最新ゲームがプレイできる!

では実際にゲームプレイです。

十字キー2D操作に特化された、非常に優れたボタンです。2Dゲームがやっぱり似合いますね!

ドット絵でデザインされたレトロフューチャーなゲームをプレイすると、めっちゃ雰囲気マッチ!まさにスーパーファミコンで遊んでいる気分に!

たとえば「RefleX」なんかはピッタリ!

RefleX

 

Xboxコントローラーに対応しているゲームなら、ボタンカスタマイズがほとんと不要なのも便利!「STARDEW VALLEY」はカスタム不要でプレイできました。

 

次に、アナログスティックメインのゲーム「Hades」や「CyberPunk 2077」などをプレイしてみました。

アナログスティックは操作感は良好ですが、激しく細かい操作では本体を支えるために手首に力が入ってしまい、違和感があります。

アナログスティックメインのゲームには合うもの、合わないものがありそうです。

多ボタンを使う最新ゲームでは、グリップでしっかと握ることができるXboxコントローラーのほうがやはり安定しています。

Xbox Elite ワイヤレス コントローラー 2

ボタンが少し固め

全体的に良いデキですが、あえて不満を上げるとすれば十字キー、丸ボタンともに少し固めであること。

ABXYボタンは連打系シューティングをやっていると、指が疲れてきます。(歳のせいかもしれませんが、そうではないと信じたい)

これに対しては連射機能がありますので、機能をうまく使えば連打の必要はなくなります。

 

十字キーはスーファミコントローラーと比べるとわずかに重い程度。プレイには問題は感じていませんが、連打(格闘ゲームのバックステップなど)を多用するときは、少し気になるかもしれません。

とはいえ、プレイを繰り返すことで固さがとれ、なじみが出てくるかもしれません。

また継続レビューしてみたいと思います。

WTS的まとめ

Bluetoothは遅延もほぼ感じられず、途切れもなく、怒首領蜂(DoDonPachi Resurrection)のような厳しめのシューティングも大丈夫でした。

惜しい点もありますが、全体としては高機能で、形もこだわっていて好印象です!

スーパーファミコンコントローラー大好き!なら、買ってソンはしないでしょう。

 

 

コメント