VMware Fusion 6ベンチマーク!Fusion 5とどのくらい違うのか

VMware Fusion 6タイトル

VMware Fusion 6 ベンチマーク

続いて今回発売されたVMware Fusion 6のベンチマークです。

あまりバージョン5と大差ない動きに感じます。

処理が遅くなる場所、CPU計測でもVMware Fusion 5と大きな差は体感できません。

結果は・・・

VMware Fusion 6結果

項目スコア
3DMark Score3672
SM2.0 Score1324
HDR/SM3.0 Score1436
CPU Score2312

かろうじてVMware Fusion 5を上回りましたが、描画速度に対してはそれほど大きな速度アップは感じません。2回ベンチマークを完了しましたが、数値も大差なく終わりました。

VMware Fusion 6は新しいMacのために

今回のテスト機材(MacBook Air 2012)ではバージョン5、6で大きな差は出ませんでした

ただ、VMware Fusion 6を購入する理由はもうひとつあります。それは今年後半に予定されているOS X 10.9 Mavericksへの対応です。

OS X 10.9 Marveicksではメモリ、CPU、GPU周りに新しい技術を取り入れると発表されており、表面上に見えない部分でのOS強化がされる感じです。

VMware Fusionも次期OS Xを視野に入れたバージョン調整がされているようで、Mavericksになってからさらなる能力を発揮するソフトなのかもしれません。

WTS的まとめ

総じてわかりやすく、システムの安定性が高いことがVMware Fusionの特徴。今回も正当な進化として継承されています。

ライセンスは今回もゆるめで、1本購入につき3台までのマシンにインストールできます。(ただし同一人物所有のMacに限る)

ただ、グラフィックに関しては大きな差はありません

グラフィック機能のパワーアップだけを目指しているのなら、バージョンアップはMarvericksが出てからでもいいのかも知れません。グラフィック能力のみを目指すのなら、今回もかなり良い数字をたたき出しているParallelsに乗り換えるという手もあります。

もちろん、Mavericksへの対応を視野に入れて早めに用意していきたい人は買うのは「今でしょ!」です。

Macのウィンドウの中でWindowsが動く!Windows用 Officeでしか動かないマクロ付きのエクセルなど、困ったときにはVMware Fusionです。