カンタンな操作で家中に電波を届かせる!TP-Link Deco X60でWi-Fiメッシュ構築体験レビュー

こんにちは、太田アベル(@LandscapeSketch)です。

Wi-Fi(無線LAN)は、いまや家庭になくてはならない装置になってきています。

スマホやパソコンはもとより、Amazon アレクサやGoogle Homeなどのホームアシスタント、ネットテレビの受信、果てはペット用カメラまで。ありとあらゆる家電がWi-Fi電波を必要としています。

そこで問題になるのが「電波の届き」

Wi-Fi電波は中心となるWi-Fiルーターから離れれば離れるほど弱くなり、通信が遅くなってしまうことです。3階建て軽量鉄筋住宅ともなれば、3階に行くとアンテナアイコンが1本立つかどうか、という状況もめずらしくありません。

今日は複数台のルーターを連携させ、網の目のように電波を広げる「メッシュ」機能を搭載した、「TP-Link Deco X60」をレビューします!

  • インテリアになじむシンプルなカタチ
  • わかりやすい設定アプリ
  • 超高速 合計3000Mbps (2402+574Mbps)
  • 新規格Wi-Fi 6に対応

TP-Link Deco X60 公式ページ

デザイン

さて届きました。今回は2台セットです。他には1台のみ、3台のセットもあります。最初は1台から始め、電波が足りなければ買い足していくという使い方も可能です。

 

デザインを見ていきましょう。

色はスッキリとした明るいホワイト。アンテナなどが飛び出していない、まったくシンプルな円筒形です。この飾り気のなさは潔さ(いさぎよさ)すら感じさせます。

メーカーロゴも小さめで好感触。

シンプルすぎるデザイン

 

大きさは 110 × 110 × 114 mm となっていて、片手に乗るサイズ。中身が詰まっているのか、もしくはズレ防止に重りが入っているのか、意外にずしりとした重さを感じます。

 

背面には2つのLANケーブルコネクタ、アダプタのコネクタがあります。ネット回線(光モデムなど)につなぐLANポートはどちらでもかまいません。

 

起動すると多数のLEDがチカチカと光りまくるルーターも多くありますが(というか大半がそんな感じですが)、Deco X60は本体下部にふんわりとLEDの光を放ちます。

 

LEDは青、赤、黄で状況を知らせるのみで、非常に落ち着いた印象を与えます。詳細はアプリから詳しく見られるので、これで十分なのです。

いちいちマニュアルを見ずにすむように、箱に書いてあるのもいいですね!

スマホアプリでカンタン設定

設定はスマホアプリ「TP-Link Deco」から行います。

 

設定はウィザード形式で、流れにそって進めれば一般的な家庭用回線ならすんなりと設定できそうです。むずかしい専門用語はほとんど出てこず、はじめてでも混乱する部分は少ないでしょう。

 

Decoが反応しなかったり、回線設定がうまくいかない場合は、いったん本体をリセット(下部のリセットスイッチでクリアする)してから再度行うと、スムーズに行く場合があります。

Deco X60底面。重要な情報の上にリセット用の穴がある。

 

複数台のDeco X60がある場合は、設定の流れ中で接続することができ、なにもむずかしいことなくカンタンにメッシュを構築できました!これにはびっくりです。

通常、複数台のルーターを連携させるには、ブリッジ切り替え、固定IP設定、電波が重なる場合はバンド設定などなど、かなりむずかしいものです。しかしDeco X60はすんなりと複数台が連携し、しかもSSID(ネットワーク名)がたった1つにまとまります

複数台のルーターを自分で設定すると、SSIDが分かれます。

  • router-A-2.4G
  • router-A-5G
  • router-B-2.4G
  • router-B-5G

などと、多数の電波を自分で選択しなくてならず、移動して電波が弱くなったらルーターの切り替えや、優先度の設定を行う必要があるのです。

それが、Deco X60なら一切操作の必要がありません。移動しても最も電波が強いルーターに自動的に切り替えてくれ、しかも切り替え中に接続が切れることもありません。

設定も子機の接続も非常に便利で、進化を感じます。

遠距離からでも高速通信

2階建ての住宅で、1Fと2Fに設置してみたところ、1台のルーターではアンテナが1~2本をさまよっていた部屋でも、常にアンテナが3本以上立つようになりました

家の中でどれだけ動いても常に3本立ち続け、まったく不安感がありません。

1Fと2FでNASに接続し、ベンチマークを取りましたが、まったく同じ数値が出ました。非常に安定しています。

また1Fと2Fで複数台のパソコン、タブレット、Amazon Fire TVで同時に動画を流してみましたが、気になる遅延がまったく起こりませんでした。(5Gb/sの光回線)

 

動画の遅れに悩んでいたら、光回線の契約をアップするより、まずルーターをDeco X60に変えてみるというのも有効かもしれません。

WTS的まとめ

シンプルな形と、シンプルな使い勝手で、家中をカバーする電波が使えます。機能もデザインも両立していて、非常に好感度が高いルーターです。

強力な電波を使う機種は多数のアンテナが外に着きだしていて、かなり不気味に見えるものもありますが、Deco X60ならインテリアにすら融け込んでしまいます。

高速Wi-Fiを実現したいけれどデザインが・・・と悩んでいたら、試してみてはいかがでしょうか。

コメント