薄く軽く強靭。仕事道具としてこれ以上何が要る?ビジネス最高峰ノートパソコン ThinkPad X1 Carbonレビュー!

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日購入したThinkPad X1 Carbonのレビューです。今日は本体の詳細を見ていきたいと思います。

ThinkPadの歴史を受け継ぐ、プロ用マシンとして仕上がっています!

スポンサーリンク

スペック

今回のテストマシンはCore i7、8GBメモリ、高解像度ディスプレイ、WiGig対応無線コントローラを持つ上級グレードです。

項目スペック
OSWindows 10 Home 64-bit
CPUIntel Core i7-6500U (2コア / 4スレッド)
メモリ8GB
メモリスロット (空きスロット)– (-)
グラフィックスLED バックライト付 14.0型 WQHD IPS液晶 マルチタッチパネル(10点)
グラフィックスIntel HD Graphics 520 (Lenovo)
ストレージ250GB SSD
光学ドライブなし
ディスプレイ14.0インチ
解像度2560×1440ピクセル
ポート類USB 3.0 x 2、Powered USB 3.0 x 1、Lenovo OneLink+ x 1、miniDisplayPort x1、HDMI x1
Bluetoothあり
無線LAN(Wi-Fi)802.11 ad a/b/g/n/ac
有線LANオプション付属(OneLink経由)
サイズ約 333x229x14.95-16.45mm
重量約 1.18kg

デザイン

シンプルなThinkPadテイスト。全てがマットな黒でまとめられワンポイントのThinkPadロゴが光ります。ちなみにこのロゴの赤丸は、電源ONすると光ります。

手の汚れはちょっと目立つかな。

ThinkPad X1 Carbon 2016 Wigig Review 032

ありえないほどの強度を持つカーボンボディ

一日に何度もカバンに出し入れされ、車に放り込まれ、ぶつけられながらも長時間の仕事に耐えうる。そんなThinkPadシリーズの”安心感”をこの薄さでも実現しています。

秘密は「カーボン」素材。

F1マシンさえも上回る最高級クラスのカーボン素材(CFRP:Carbon Fiber Reinforced Prastic)が採用され、アルミの板がへこむほどの鉄球をぶつけても大丈夫!さらに本体内部には、これまた軽く固いマグネシウム合金の骨格が入っています。

MIL-SPEC(アメリカ軍用の耐久度テスト)をクリアしてしまうという強さを持っています。

ThinkPad X1 Carbon 2016 Wigig Review 019

ディスプレイ

ディスプレイは14.0インチ。小さすぎず大きすぎない、ちょうどよい大きさ。

ThinkPad X1 Carbon 2016 Wigig Review 021

 

オプションの高解像度ディスプレイを選んだので、文字や絵が緻密で非常に綺麗!

ThinkPad X1 Carbon 2016 Wigig Review 041

当ページを表示したところ

 

表面はマット処理をされています。光がギラギラと反射しないので屋外の作業もしやすい。長時間見つめて仕事をする場合でも、光沢ディスプレイより目が疲れにくいと感じます。ビジネス使用をしっかり考えられていますね。

ディスプレイは180度までペタッと開くことができます。これは昔からのThinkPadの特長でもあります。複数人で見るような場面でも使いやすい!まるでタブレットのように見ることができます。(下の写真は机の関係で開ききっていません)

ThinkPad X1 Carbon 2016 Wigig Review 031