866Mbpsの無線LANを実現!11acの子機Planex GW-900Dを買った!体験レビュー

先日Planexのお安い(が色がビミョー)な無線LAN親機 FFP-1200DHPの購入レビューを書きました。

11ac接続では11nの2倍程度の転送速度が出て非常に満足です

11acは速かった!Planexルーター カッ飛び!FFP-1200DHP(MZK-1200DHP) レビュー
2年ぐらい使ったBuffaloのルーターが最近調子が悪くなってしまいました。2~3日に1回ぐらいの頻度なのですが、ランプや無線は反応しているにインターネ...

 

とはいえ、テストしたマシン(NEXTGEAR-NOTE i5700)は11ac 433Mbpsまでしか対応していません。866Mbpsをぜひ試してみたくなってしまった僕は、対応子機Planex GW-900Dを衝動買いしてみました!

GW-900D Review-1

またしても色はビミョーだが速い!

 

記事中の商品/サービス

同じ色

先日お伝えした親機FFP-1200DHPと同じ、ビミョーな薄緑です。

大きさはUSBメモリを横幅2倍にした感じ。ちょっと幅があるので隣のUSBポートが使えなくなる場合もあります。

GW-900D Review-2

866Mbps

今回はMacBook Pro Retinaに接続してみます。GW-900D(FFP-900D)はMacでもWindowsでもドライバが提供されています。

  • ドライバをインストールし、再起動、GW-900Dを接続すると緑のランプが点滅します。
  • WPSボタンを押し、本体のFFP-1200DHPの裏側にあるWPSボタンも押します。
  • すぐに認証が行われ、接続完了!

ネットワークユーティリティから見てみると、866Mhzが出ています!

(ネットワークユーティリティは10.9 Marveriksから場所が変わっています。 /システム/ライブラリ/CoreServices/Application/ の中にあります。)

あれ?あんまり速くない・・・

さて前回同様1GBのファイルを転送して速度を測ってみたのですが、433Mbpsで41秒だったのに対し、GW-900D 867Mbpsはなぜか1分02秒・・・なぜ!?

これは困りました。リンク速度が速いのに転送は遅いです。

 

調べてみるとネットワークユーティリティでの受信エラー数がかなり出ています。たぶん原因はここらにありそうです。現在調査中です。

一部屋離れると・・・切れる

少し使ってみたところ、11ac(5GHz)は感度がちょっと悪い感じです。

一部屋離れ、部屋の扉を閉めてしまうとかなり途切れ途切れになります。信号を2.4Ghzに変更すればつながりますが、この場合は11acは使えません。

近くにいるときは5Ghz、離れるときは2.4Ghzと使い分ける必要がありそうです。切り替えはドライバに含まれているPlanex Network Managerから操作可能です。

 

ちょっと動くとすぐにリンクスピードが落ちる感じで、ルーターの位置やパソコンの場所でかなり違いが出そう。扉の開いた部屋でも300Mbpsを切るときもあり、最高スピードは親機に近くないと出ない感じです。

WTS的まとめ

866Mbpsはやっぱり速い!大型のファイルでもスパスパと送信してくれます。

でも電波の弱さがネック。また鉄筋や3階建てでは、中継機を入れないと安定した11acはむずかしいだろうなと感じました。