11acは速かった!Planexルーター カッ飛び!FFP-1200DHP(MZK-1200DHP) レビュー

2年ぐらい使ったBuffaloのルーターが最近調子が悪くなってしまいました。2~3日に1回ぐらいの頻度なのですが、ランプや無線は反応しているにインターネット通信がまったくできなくなる症状に!電源を入れ直せば直るんですが、なんの前ぶれもなく繋がらなくなるので困ったものです。

たぶん最近やたらとブレーカーが落ちたのが原因かもな~と思っていますが・・・

参照記事:冬になるとブレーカーが落ちまくる!PC保護のためにバッテリー購入 UPS CyberPower CP550レビュー

 

まあこれではゲーム仕事にならないので、買い替えを決断!

いままでほとんどバッファロー製を買ってきましたが、気分を変えてPlanexの11ac(866+300Mbps)対応ルーターFFP-1200DHP安かったのでAmazonで購入してみました!

スポンサーリンク

色合いはビミョー

まずデザインですが色合いがビミョー

Planex FFP-1200DHP Review-7

Planex FFP-1200DHP Review-6

 

Amazonや公式ページではごく薄いブルーのような白っぽい色に見えたのですが、実際はけっこう色合いのある、薄緑色っぽい青のようななんとも言えない色合い。昭和時代の冷蔵庫とか思い出します。(笑)

単純な白か黒を設定してほしい。

ボディはカドのない石けんのような形です。バッファローの黒いカクっとした形とは対照的。

本体は小さめでコンパクトです。

このパッケージはいかがなものか

パッケージにもひとこと言いたい。

Amazonでは箱の装飾を省いて、省資源に貢献しようという「フラストレーション・フリー・パッケージ」というタイプがあります。

たいていは単なる段ボールにシールが貼ってあるだけ。僕はけっこうエコを気にするタチですし、箱はすぐに古紙に出してしまうのでこちらのほうが好きです。

FFP-1200DHPにもフラストレーション・フリー・パッケージがあったので選んで買ったのですが・・・

まあ表面は質素でいいです。

Planex FFP-1200DHP Review-10

 

が、開けると・・・

え?

なんか普通のパッケージを裏返しただけなんですけど・・・

Planex FFP-1200DHP Review-11

 

省資源でもなんでもないじゃないか!

むしろ裏面にシールを貼ってある分資源を使ってるぞ!

フラストレーション・フリー・パッケージを選ぶ人は多いと思いますが、こういう名前だけなパッケージは問題だと思います。フラストレーション・フリーどころか余計にフラストレーションが溜まるんですが・・・

まあ気を取り直して機能を見ていきましょう。

無線LAN機能

FFP-1200DHPは最新の無線LAN規格、IEEE802.11ac(略称11ac)に対応しています。

11ac対応の子機を使用すれば、最大866Mbpsでリンク可能!11nの300Mbpsに対しおよそ3倍の速度を実現します。

これは期待できそう!

有線LAN機能

有線LANは4ポートあり、全て1000Base-Tの1Gbps接続に対応。

安いルーターですと有線が100Mbpsのタイプも多く、ここもうれしいポイント。

Planex FFP-1200DHP Review-4

接続

使ってみましょう。接続はカンタン。

SSID(ルーターのID)をパソコンやスマホで探し、本体裏面のパスワードを入力するだけ。またはWPS対応機器なら接続待機状態にし、裏側のWPSボタンを押すだけ!

今回は使いませんでしたがPlanexから簡単接続ソフトも提供されています。Windows、Mac、iOS、Android用があり、簡単に接続できたり設定もできるようです。パソコンがない人でも安心ですね。

設定画面はよく考えてある

ルーターの設定画面は最小限の要素しか見せない「かんたん設定モード」、上級者用のより細かな設定変更も可能な「詳細設定モード」があります。

かんたん設定モードなら、このシンプルさ!

FFP1200DHP管理画面

 

重要な設定をうまく絞り込んでいます。

無線LANが初めてのまったく初心者でも、マニュアルを読みながら迷いなく設定できそうです。いままでのルーター設定画面は多数の項目が「バッ」と出てきて、用語も専門的でむずかしく、初心者の人は見ただけで滅入ってしまうような画面ばかりでした。

この工夫はGOOD!

特殊な接続(ポート開放など)をしなければこれだけで十分な画面です。

ベンチマーク

気になる通信速度を計測してみます。

ベンチマークはインターネットの外部サイト(BNRスピードテスト)へのアクセス、そしてFFP-1200DHP経由で接続した家庭内サーバへのファイルコピーで実験します。

家庭内サーバはShuttleのCeleron J1900を搭載したXS35V4。SSDなのでファイル操作は非常に高速です。

通信用のクライアントは先日買ったG-TuneのNEXTGEAR-NOTE i5700

オプションで11acアダプタ(インテル Dual Band Wireless-AC 3160)を搭載しましたので、11acが実験可能。MacBook ProよりCPUパワーもありますから実験に最適です。

転送するファイルは1GBのデータファイル。中身はランダムな文字です。

ファイルについてはストップウォッチでの手動計算です。多少の誤差は出ると思います。

バッファロールーター ベンチマーク

まずはバッファロールーターのベンチマーク。
型番はWZR-600DHPで11n/a/b/gに対応しています。
11nの300Mbpsでのリンクです。

テストスコア(秒数)
BNRスピードテスト65.4Mbps
1GBファイルコピー1分24秒

Planex FFP-1200DHPのベンチマーク

続いてFFP-1200DHPです。

FFP-1200DHPは最高866Mbps(11ac)まで対応していますが、i5700に搭載している11acアダプタInte Dual Band Wireless-AC 3160は最高433Mbpsまでとなります。

よって433Mbps接続時の速度となります。

テストスコア(秒数)
BNRスピードテスト54.9Mbps
1GBファイルコピー41秒

 

全開の速度ではなくてもファイルコピーは2倍近い速度になりました!
866Mbpsリンクができればさらに縮まる可能性があります!

NASへのアクセスもだいぶ快適になりそう。

WTS的まとめ

ということで2台のベンチマークを取ってみました。

やはり11acは速い! かなり満足できる結果となりました。

インターネット側のスピードについてはルーターというよりも回線自体の速度が関わっていますので、体感できるほどの効果はありませんでした。

しかし家庭内でNASを使う場合などは11acの恩恵を十分に受けられます。デザインは微妙ですが、なかなか安くて効果の高いルーターです。