HDMIが無くてもMiix2から外部ディスプレイに出力!この装置が手軽

小さいPCの活用法を考える太田アベル(@LandscapeSketch)です、こんにちは。

先日買ったLenovo Miix2 8。この小ささならプレゼンも楽そうだな〜と思いついたので実験です!
今日はMiix2を外部モニタへつないでみます。

スポンサーリンク

HDMIがなくても

タブレットや小型パソコンで外部出力といえば、たいていはHDMIもしくはマイクロHDMI。しかしMiix2 8には残念ながらHDMI端子はついていません。(写真の一番左はマイクロUSB端子)

miix2_review_016

 

もちろんディスプレイポートやD-SUB15なんかも付いていません。どうするか?そこで登場するのは以前紹介したUSBでアナログRGBを出力できるこの装置「TraumRing」です。

Traum Ring 大きさ比較

USBから画面出力もLANも

このTraumRingはWindowsとMacに対応していて、USBに接続すると1台でアナログRGBと有線LANを使えるようになるスグレモノ。(TraumRingについてはこちらの記事へ)

miix2_review_012

Miix2 8はフル機能のWindows8.1を搭載していますので、TraumRingも使えるはずです。

端子はマイクロB

さっそくMiix2に接続です。

Miix2のUSB端子は「マイクロB端子」というこのような非常に小さなUSB端子になります。マイクロBに対応したケーブルを使うか、このような変換ケーブルを用意します。

miix2-traumring review 001

TraumRingを接続

TraumRingを接続しました。しばらく待っているだけでドライバの設定が完了しました。
便利ですね!

そしてTraumRingからD-SUB15端子でモニタに接続。もちろんプロジェクター等でもOKです。

miix2-traumring review 002

完了!

わずか10分足らずでモニタへの出力が成功!

 

デスクトップ拡張モード
miix2_review_025

 

2画面出力
miix2_review_027

 

非常にすなおな設計です。この状態なら、外部ディスプレイに出力したパワーポイントを、Miix2を見ながらプレゼンすることができるでしょう。

しかもMiix2はタッチパネル仕様でたったの350g。マウスもキーボードも必要ありませんし、片手に持ちながらでも十分にプレゼン可能です。

WTS的まとめ

8インチという大きさで、機能的な制限の多いMiix2。
しかし特定用途には非常に活用できる1台と言えるでしょう。