驚異の777g!富士通LIFEBOOK UHをさわったのでNEC LAVIE Direct HZと比較するぞ!

WTS新商品タイトル

先日富士通から発売された、超軽量 13.3インチノートパソコン「LIFEBOOK UH( WU2/B1、UH90/B1、UH75/B1)」。わずか777gというノートパソコンとは思えない軽さが最大のポイント。

かなり気になったので近くのビッカメで触ってきました!

いままでこのクラスでの最軽量は、NECのLAVIE Direct HZ [Hybrid ZERO]の779g。しかも、まもなく登場予定の新LAVIE Direct HZはタッチパネル付き2 in 1で769gを実現予定だ。

今回はUHとHZ(2016)を比較してみるよ!

店内で勝手に使って比較しているから、写真ぜんぜんないけど読んでね!

スポンサーリンク

軽さ

まずは軽さ。これはほとんど違いが分からない。どちらもびっくりするほど軽い!

UHはバッテリーの容量で重さが変化。通常容量のものが787g、大容量バッテリーのものは916g

HZも同じく、標準容量は779g、大容量バッテリーは926g

それぞれの大容量バッテリーのものも持ってみましたが、これでも十分に軽いですね。

駆動時間が短くても大丈夫なら軽い標準容量を選びたいところ。ものすごい軽いです。標準容量だとしてもそれぞれ8時間程度の駆動を実現しています。

剛性感

剛性感はそれぞれ違う感触です。

この2つの製品はかなりコンセプトが違っていて、UHは下のシャーシ側に軽量パネルを、HZは天板に軽量パネルを持ってきています。

カドをもって持ち上げると、UHのほうが剛性感があります。

HZも全体としては剛性感があるのですが、下面やパームレストを強く押さえるとちょっとたわむような感触があります。もちろんへこむわけではないのですが、キーボードを打っているとパームレストがちょっとふにゃふにゃしてして、なんとなく頼りない。

ディスプレイはどちらも力を入れると曲がります。もちろん多少まがった程度ではなんともありません。

デザイン

デザインも非常に近い。

UHは厚さ15.5mm、HZは16.9mmと、1mm程度しか変わらない。見た目ではどちらが薄いのかまったくわかりません。凹凸があるので並べてもよく分からない。

形としてはUHの方がソリッドで直線的。角ばった印象です。

HZの方は角がすこし丸めてあったり、パームレスト手前を斜めにカットしてあったりと、やさしい手触りだと感じました。

色はUHはブラックとレッド(かなり派手)、ZHはブラック、シルバー、ゴールドです。

これは完全に好みの問題ですね。

拡張端子

UHは驚くことに、たった15mmの薄い本体に有線LAN端子(RJ45)まで装備しています!

引き出して変形させて使うのですが、これはすごいギミック。高セキュリティ環境では急に有線LANが必要になることがありますが、これなら安心です。

他にもHDMI、USB Type-C、USB 3.0 x2、SDカードリーダーまでついています。

HZはUSB 3.0 x2、HDMI、SDカードリーダー。有線LANはケーブル接続です。(HZ 2017は、USB 3.0 x1、USB Type-C x1になるようです)。

拡張端子についてはUHがかなりがんばっています。この薄さに有線LANポート装備はすごいとしか言いようがない。

ディスプレイ

ディスプレイは大きく違います。

どちらもサイズは13.3インチですが、UHは現状フルHD (1920×1080)のみしか選べません。

対してHZはフルHD、フルHDタッチパネル、WQHD(2560×1440)、WQHDタッチパネルの4種類も選択可能!

これはHZの完全勝利です。

操作パネルが多数開くAdobeのソフトなどを使っていると、WQHDの解像度は非常に便利。フルHDが狭く感じられるほどです。ただ、文字は相対的に小さくなるので、いろいろなソフトで文字の大きさを調整する必要があります。

13.3インチならフルHDでも十分かな、とは感じます。もちろん高解像度が選べた方が良いのは言うまでもありません。

キーボード

僕が一番こだわるキーボード。これも大きな違いがありました。

UHはこの小ささ、軽さなのに、フルサイズに近いキーボードを装備。打ち心地も上々で、小指系のキーは少し軽くしてあるという念の入れよう。1mm程度のストロークがあり、打ちやすい。

HZもピッチやストロークは十分なのですが、少しキーが小さめなのがひっかかるところ。

軽量化のためだとは思いますが、標準的なキーに比べ、0.5~1mm程度キーが小さめなのです。速く打つと、なんだかキーのカドばかりに指が当たるのが気になる。

どちらも問題になる点はないのですが、タッチ感覚としてUHの方が良かったです。

保証期間

細かいところで保証期間。

UHは発売キャンペーンなのかもしれませんが、標準で3年間保証!これはうれしい。

HZは標準1年で、それ以上はオプションとなります。

WTS的まとめ

LIFEBOOK UHはかなりいい感触です。デザインも僕好みで、なによりキーボードが使いやすかった。素直に欲しいと思いました。

ただLAVIE Direct HZはまもなく新モデル発売します。タッチ対応の2 in 1のみとなり、使い勝手がどこまで変わるのか見どころです。

LIFEBOOK UHは、春よ来いキャンペーンをやっています。20%割り引き(!!)のクーポンと、抽選でダイソンのドライヤーとかソニーの小型プロジェクターが当たるキャンペーン。

LAVIE Direct HZは新モデルの予約受付中!こちらもキャンペーンクーポン配布中!

見逃さずにチェック!