激速USBメモリがさらに高速化!128GBの大容量で仮想マシンもサクサク持ち運べる

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

ずっと使っているお気に入りの超高速USBメモリSandisk Extreme SDCS80」シリーズ。200MB/sを超える超速読み込みで、大容量ファイルや仮想マシンを持ち運ぶのにひっじょーに重宝しています。

Sandisk SDCZ80

これらについては、過去のレビュー記事もご覧ください。

しかし!実はSandiskには、さらに高速なUSBメモリが存在しているのです。

それが「SanDisk Extreme Pro SDCZ88」シリーズ!容量は128GBもあり、読取り最大260MB/秒、書込み最大240MB/秒という、Extremeを大幅に超える高速アクセス!

64GBのメモリが手狭になってきたので、またまた衝動買いしてみました!

スペックと外観

買ってきたのは容量128GBの「SDCZ88-128G-J57」。

Sandisk Extreme Pro 128GB Review-01

価格はAmazon8,342円 (2017/2/20現在)です。

普通に高ぇ!スティック型のUSBメモリとしては最高値の部類です。

ちなみにこれは日本正規品で、なんと無期限の保証が付いているのもうれしいところ。毎日持ち運ぶので、何かと壊れる要因の多いUSBメモリ。無期限の保証はありがたいですね。逆にこの値段ですぐに壊れたら泣けます。

並行輸入品は1か月ぐらいしか保証がありませんから、必ず日本正規品で買いましょう。

さてまず外観。

SDCZ80シリーズと大きく違うのは、本体カバーが金属になっているところ。サラッとした表面加工がされていて、ひんやりと冷たい。

通常のUSBメモリより大きい。でも安心感があります。

Sandisk Extreme Pro 128GB Review-03

裏側には商品コードがレーザー刻印(かな?)で印字されています。安っぽいシールではないのがいい。128GBの文字がうれしい。

僕が初めて買ったHDDは500MBだったな~・・・と大容量USBを買うたびに回想する。時代ってすごいね。

Sandisk Extreme Pro 128GB Review-05

コネクタはスライド式

キャップだと無くす時がありますが、これなら大丈夫。カチッとしっかり止まります。SDCZ80はもう2年ぐらい使っていますが、いまだにロックは壊れていません。きっと耐久度もいいでしょう。

Sandisk Extreme Pro 128GB Review-06

力強い速さ

さてそれではベンチマーク!

以前のベンチマークで最速だったSDCZ80の64GBと比較してみましょう。

まずはSDCZ80 64GBのベンチ結果。

sandisk Extreme 64GB

続いて今回のExtreme Pro 128GBのベンチ結果。

Sandisk Extreme Pro 128GB

読み込みはそんなに大差が出ませんでしたが、書き込みは30%近く高速化しています!

大きなファイルをコピーしてみましたが、Extreme Proのほうが明らかに書き込みが速いです。また、最初から最後まで書き込み速度が落ちません。

大容量ファイルがサクサク書き込めます!

動画ファイルや大きな画像ファイルなど、メディアデータを持ち歩く人にうってつけのUSBメモリでしょう。

僕はLinuxなどの仮想マシン(20GB前後)をよく持ち歩くので、この速さは必須です。しかもUSBメモリの中からOSを起動しても、十分な速度で動いてしまう!信じられん。(安いUSBメモリでは動作はガクガクになったり、起動できない場合があります)

セキュリティソフト

付録でセキュリティソフト「サンディスクセキュアアクセス」が付属します。SanDiskから最新版をダウンロードできます。(SandiskのUSBメモリがないと起動しません)

Image

このソフト経由で読み書きすると、データが完全に暗号化され、万が一の紛失時などにデータの漏洩を防ぐことができます。重要なデータを持ち歩くときは、必ず使いたいですね。

WTS的まとめ

読み書きとも高速で、しかも128GBもの容量があるので、アプリケーションやらデータやら、あらゆるものを持ち運べます!128GBあればパソコンまるごと持ち運ぶこともできそうです。

ただ、落としたり無くしたりした場合にダメージが大きいので、データは添付のソフトで暗号化して使った方がいいでしょう。

スティック型ではありませんが、さらにとてつもなく速いUSBメモリもあります。こちらのレビューもご覧ください。