3万円台の激安ながら十分使えるノートパソコン Lenovo Ideapad S340を使用レビュー!

こんにちは、太田アベル(@LandscapeSketch)です。

Lenovoの安価なパソコンシリーズIdeaPadから、3万円台という驚くべき価格を実現したノートパソコン「IdeaPad S340」が発売されました!

昨今のスマホよりも安いという、信じられないような価格のこのパソコン。はたしてマトモに使えるのでしょうか?

さっそくレビューしていきましょう!

デザイン

天板から底面まで、すべて金属で形成されたなめらかなボディです。

プラチナグレーという明るすぎず、暗すぎない、落ち着きのあるシルバーも好感触。男性でも女性でも、年齢や服装も問わずに合わせられそうです。

 

サラッとした表面処理がとても上質な感触

エッジの処理もしっかりとされていて、完全に価格を超えた質感です。

 

天板の隅に、ごく小さくタグのようについているメーカーロゴ。一瞬どこのメーカーかわからないほど小さいですね。「でかでかとメーカーロゴを見せびらかして使いたくない」という、こだわりを持つ人にも安心です。

 

裏面もしっかりと金属で覆われています。

ディスプレイ

ディスプレイは14インチ。今回のモデルは格安なのにFULL HD (1920×1080ピクセル)表示という点に注目!

 

エクセルのセル表示、写真編集ソフトの写真表示がHDよりもかなり多く表示できます。作業効率が上がりますね。

このFULL HD表示もまた、格安パソコンではかなり珍しい装備です。+3000円ぐらいのオプションとなっていてもおかしくありません。

エクセルを表示したところ

 

しかもベゼルも非常に狭く、モダンな印象です。

 

パネルはコストの安いTNタイプを使っていると思われます(公式詳細なし)。上下左右の急角度からのぞくと、白っぽくなったり色が薄くなったりする現象が見られます。とはいえ、ノートパソコンは通常正面から見るものなので、大きな問題はないでしょう。

 

非光沢タイプなので周りの光が映り込みにくく、細かな描画もしっかりと見えます。また光沢タイプよりも目が疲れにくいとされていて、長時間の使用でも集中力が続きそうです。

 

ディスプレイはおよそ180度(わずかに浮いているので175度ぐらいでしょうか)まで開くことができます。

動作は以外に軽快

さて外観はここまでにして、まずWindowsの動作を体感してみましょう。

たった3万円台という格安で買えるパソコン、「たぶんすごく遅いんだろうな~」と思ってしまいますが、これがびっくり。使ってみると意外に軽快に動きます!

Windowsの起動の速さ、基本操作をするぐらいなら、ワンランク上のパソコンと大差ないような感覚。

パワーポイント

さらにOfficeなど重いソフトを入れてみても、最初のスタートこそ少し待たされますが、起動後は軽く動きます。2回めなら起動も早い!

 

この軽快な速度は、2つのポイントが効いています。

まずCPUは激安のCeleron(セレロン)ではなく、少し上のPentium Gold(ペンティアムゴールド)5405Uを採用。

ベンチマークソフトPassMarkでは、同世代のCeleronが2000ポイント程度のところ、Pentium Gold 5405Uは3160をマークしました。1000ポイント差は、体感として感じられる差です。

 

そしてももう1つはSSDの採用

Ideapad S340はストレージにハードディスクではなく、SSDを採用しています。ディスクのように回転する部分がないため、非常に高速にデータを読みだせ、それはそのまま体感の差になります。

この2つの相乗効果で、激安なのに「あれ?意外にストレスなく動くぞ!?」と感じさせています!これはうれしい誤算です。

激安なのに「まともに動く」と結論してもいいでしょう。

キーボード

キーボードはオーソドックスな配列。

 

キーの大きさは十分で、タイピング時の反発力も適度。たくさんの文字を打つ作業でもなんなくこなせそうです。

 

ただ、右のEnter部分や、Shiftキー部分の2つのキーがくっついているのが気になるといえば気になります。このあたりはコストダウンを感じます。とはいえ、しばらく使っていればそんなに違和感はなく打てました。

キーが標準とは全く違う場所に行ってしまうような、変則的なキーはありません。

タッチパッド

タッチパッドは1プレートタイプ。タッチパッドも同色で、統一感があります。

 

左下/右下を押し込むことで左/右クリックが可能です。複数の指でスクロールなどが行えるジェスチャー操作にも対応しています。

ポート類

薄型なのでポート数は制限されていまいますが、最新のUSB Type-Cが1ポート、従来の大きさのType-Aポートが2つあります。BlueToothなどの無線機器が多くなってきた現在、拡張性としては十分でしょう。

 

うれしいことにSDカードリーダーも装備しています。デジカメからすぐに写真を取り込むことができます。

映像はHDMI端子を装備。本体だけでTVやプロジェクターなどに出力することができます。プレゼンにもいいですね!

静粛性

冷えた状態ならファンの音はほぼ無音に近い状態です。耳をくっつけるようにして聞いても、まったく聞き取れません。もしかしたらファンを停止させているのかもしれません。

テストで高負荷をかけたときに、ようやっとファンの音が出てきます。最高潮でもファンの音はけっこう小さく、耳障りな音はほとんどありません。

非常に静かな機種だと言っていいでしょう。

ベンチマーク

性能を確認するためベンチマークテストをしてみました。

Passmark

CPU の性能を調べました。

ベンチマークスコア
PassMark Rating (総合スコア)1843ポイント
CPU Mark3160ポイント

高くはありませんが、2年前の中級クラスのスコアが出ています。価格から考えると非常にいいですね!

3DMark

グラフィック機能やゲームベンチマークとして、ほぼ業界標準となっている3DMarkにてテストをしました。

ベンチマークスコア
Ice Storm35550
Ice Storm Extreme21591
Cloud Gate4125
Sky Diver2199

軽いゲームなら十分プレイできそうだな、という感じです。

 

Windows付属のゲームを試してみたところ、遅くもなく余裕を感じました。

スペック

今回のマシンのスペックです。

IdeaPad S340

機能詳細
CPUIntel Pentium 5405U
CPUコア/スレッド数2コア / 4スレッド
メモリ4 GB
メモリスロット (空きスロット)0
グラフィックスIntel UHD Graphics 610
ストレージ128 GB SSD (NVMe)
OSMicrosoft Windows 10 Home (x64)
光学ドライブなし
ディスプレイ14.0インチ
解像度1920 x 1080ピクセル
ポート類USB Type-C x1、USB 3.0 x2、HDMI、 4-in-1メディアカードリーダー
有線LANなし
サイズ約 322.7×230.5×17.9mm
重量約 1.55kg

WTS的まとめ

この価格なのに全部が「まとも」で、非常にコスパがいいです!

全体の速度もキビキビしていて、さらにとても静か!子供用パソコンとしても、大人が持ち歩くビジネス用パソコンとしても、おすすめできる一台です。

ただ、映像編集などの重い作業は荷が重いです。その場合はCore i3やグラフィックボードを搭載したThinkPadなどを検討してください。

コメント