シーケンシャル読み/書き両方が7000MB/s!超速PCIe Gen 4対応SSD Kingston KC3000 2TB実機レビュー

こんにちは、太田アベル(@LandscapeSketch)です。

PCIe Gen 4接続に対応したSSDが次々に登場しています。

ほとんどの機種がシーケンシャル読み込み5000~6000MB/s、シーケンシャル書き込み3000~5000MB/sという高い数値を実現し、どのブランドが一番速いのか、もはやレースゲームのごとき様相となっています。

そんな中に、激安SSDとハイパフォーマンスSSDの両方の顔を持つKingston(キングストン)が参戦します!

新発売のKC3000シリーズはPCIe Gen 4接続に対応した、ハイパフォーマンスM.2 SSD。

今回レビューする2048GB(2TB)モデルは、公称値 シーケンシャル読み取り 7,000MB/秒、シーケンシャル書き込み 7,000MB/秒を実現。読みこみはまだしも、書きこみも7,000MB/秒を実現している製品は非常に希少です。

ランダム4K読み取り/書き込みも最大 1,000,000 / 1,000,000 IOPSという、表記ミスではないかと思うほど、頭一つ抜けた速さを実現。

実機はどれほどのパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか!?

さっそくレビューしていきます!

  • 公称値通りの超高速
  • 3200TBWの高い書き込み耐性
  • 5年間の安心保証

デザイン

本体はブリスターパックに入っています。

他メーカーのハイエンドクラスは重厚な箱パッケージがほとんどなので、ちょっと驚き。

 

公称値7000MB/sが堂々と表記されています。

 

本体には放熱材としてグラフェンシートが貼られていますが、ここまで高速なSSDなので、ある程度のヒートシンクは別途用意した方がよいでしょう。

Kingston KC3000 2048GB 表面

 

記憶素子は両面にあります。

Kingston KC3000 2048GB 裏面

 

裏側にも1mm程度の厚みが必要になるので、超薄型ノートPCなどに搭載するときは、事前に搭載空間を確認したいところ。

片面実装のモデルより少し厚め

 

おもしろいのは裏側のコネクタ部分。必要なパターンのみに配線が入っています。ノイズ対策でしょうか?

必要な部分のみにパターンが入っているコネクタ

スペック

公式サイトよりスペックを転記します。

今回は2048GBモデルとなります。読み込みは前モデルで7,000MB/sを実現していますが、書き込みは大容量のものほど速くなります。読み書きとも7000MB/sを超えるのは2048GB以上。

フォームファクタM.2 2280
インターフェイスPCIe 4.0 NVMe
容量2512GB、1024GB、2048GB、4096GB
コントローラPhison E18
NAND3D TLC
連続読み取り/書き込み512GB モデル – 7,000/3,900MB/秒 1024GB モデル – 7,000/6,000MB/秒 2048GB モデル – 7,000/7,000MB/秒 4096GB モデル – 7,000/7,000MB/秒
ランダム 4K 読み取り/書き込み1512GB モデル – 最大 450,000/900,000 IOPS 1024GB モデル – 最大 900,000/1,000,000 IOPS 2048GB モデル – 最大 1,000,000/1,000,000 IOPS 4096GB モデル – 最大 1,000,000/1,000,000 IOPS
総書き込み容量(TBW)3512GB~400TBW 1024GB モデル – 800TBW 2048GB モデル – 1.6PBW 4096GB モデル – 3.2PBW
消費電力512GB モデル – 5mW(待機時)/ 0.34W(平均)/ 2.7W(読み取り最大)/ 4.1W(書き込み最大) 1024GB モデル – 5mW(待機時)/ 0.33W(平均)/ 2.8W(読み取り最大)/ 6.3W(書き込み最大) 2048GB モデル – 5mW(待機時)/ 0.36W(平均)/ 2.8W(読み取り最大)/ 9.9W(書き込み最大) 4096GB モデル – 5mW(待機時)/ 0.36W(平均)/ 2.7W(読み取り最大)/ 10.2W(書き込み最大)
保管温度-40℃~85℃
動作温度0℃~70℃
寸法80mm x 22mm x 2.21mm (512GB~1024GB モデル) 80mm x 22mm x 3.5mm (2048GB~4096GB モデル)
重量512GB~1024GB モデル – 7g 2048GB~4096GB モデル – 9.7g
耐振性(動作時)2.17G (ピーク時、7~800Hz)
耐振性(非動作時)20G (ピーク時、20~1000Hz)
MTBF1,800,000 時間
保証 / サポート45 年限定保証と無料技術サポート

ベンチマーク

さっそくベンチマークを取ってみましょう!

計測マシンのスペックです。

CPU: AMD Ryzen 7 3700X
メモリ:64GB DDR4-3600
マザーボード:GIGABYTE AORUS B550I

接続はCPU直結ブロックの、M.2 PCIe Gen 4 x 4スロットになります。

SSDにはマザーボードに付属している、厚めのヒートシンクを取り付けてのテストになります。

Crustal Disk Mark

公称値通りの非常に高い数値が出ています!とんでもないケタ数の数字が踊りまくる。

Kingston KC3000 1GiBテスト

Kingston KC3000 8GiBテスト

 

読み込み速度は公称値を超え、テストでは7366MB/sというすさまじいアクセス速度に!PCIe Gen 4 x4の限界値に近い速度です。

1GiBと大容量の8GiBでテストしてみましたが、大きな容量でもまったく速度が落ちず、ノンストレス!書き込みキャッシュの速度も十分に機能しています。

 

細かなファイルのアクセスに効くランダムアクセス(RND4K Q32T1)も、通常の製品なら100~300というところ、なんと600MB/sを超えてきます。

Windows 10をインストールしてみると、あらゆるソフトがサクサク動きます。通常なら立ち上げに少々時間がかかるエクセルも、ダブルクリックして1~2秒後には使用可能状態に!

これは快適!

 

ATTO Disk Benchmark

つづいてATTO Disk Benchmarkにてテストです。

グラフ上部の細かなファイルアクセスが高速なのはもちろん、512KBを超えたあたりから6000MB/sを超え、7000MB/s付近に張り付きます。とんでもなく高速!

 

PCIe Gen 4 x 4レーンでは、これでほぼ帯域MAX状態。つまりカンストです。これ以上高速なディスクはGen 5対応のSSD待ちということになります。

パーツは帯域を限界まで使っていないと落ち着かない(笑)、という人に、最強の1枚となりそうです。

ヒートシンクなしの状態では、夏場は少し数値が下がる可能性があります。ご了承ください。

WTS的まとめ

PCIe Gen 4の帯域を使い切る、非常に高速なSSDです。

Windowsの起動ドライブはもちろん、動画編集用のテンポラリディスクや、大量の写真の編集用ディスクとして、何に使っても満足できる速度でしょう。

一度味わってしまうと、もう昔のディスクには戻りたくない!と感じてしまうほどの快適性でした!

現状最高速の製品を手に入れたい!と思っているのなら、KC3000は外せない選択肢と言えるでしょう。

コメント