鮮やかな青いボディが目を引く!小型で持ち運びしやすいノート HP Stream 11-r000

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

今日はHPから販売されている、11インチで1.18kgという小型軽量ノートパソコン「HP Stream 11-r000」のレビューです!

パッと目を引くコバルトブルーのボディと、コンパクトながら一通りそろった機能、そしてわずか27,700円(税別)からという非常に手頃な価格も見どころです。

スポンサーリンク

スペック

まずはスペックを見てみましょう。

OSは最新のWindows10を搭載しています。

ストレージは32GBと容量はちょっとギリギリですが、HDDよりもアクセス速度が早いeMMCを採用しています。メインメモリも2GBと、Windows10では必要最低限の容量です。

項目スペック
OSWindows 10
CPUインテル Celeron N2840 (2コア / 2スレッド)
メモリ2GB
メモリスロット (空きスロット)0(0)
ディスプレイ11.6インチ
解像度1366×768ピクセル
ポート類HDMI 出力端子×1、USB3.0×1、USB2.0×1
Bluetoothあり
無線LAN(Wi-Fi)802.11 a/b/g/n/ac
有線LANなし
サイズ約 300 x 206 x 18.4 mm
重量約1.18 kg

鮮やかな色!

まず目につくのはその色!非常に鮮やかで濃いコバルトブルーです。

HP Stream 11-r000 (コバルトブルー) Review 002

hpのロゴマークも青い鏡面塗装。

HP Stream 11-r000 (コバルトブルー) Review 004

天板から底面まで同じ素材が使われています。
HP Stream 11-r000 (コバルトブルー) Review 019

 

ゴム足すら色を統一してあるというこだわりぶり。
HP Stream 11-r000 (コバルトブルー) Review 020

内側には美しい木目模様

内側ももちろんコバルトブルー。ただ外側と少し違うのは、このようにうっすらと木目のような模様が入っています。青い色なのに木目、という組み合わせが新しい。

光の角度によって表情が変わり、高級感が感じられます。
HP Stream 11-r000 (コバルトブルー) Review 013

キーボード

キーボードのキーは白。ブルーとの対比がきれいですね。

HP Stream 11-r000 (コバルトブルー) Review 009

 

キーの配列はごく普通。変則的なキーはほとんどなく、誰でもなじみやすいでしょう。カーソルキーの上下が少し小さいので、エクセルなどで多用する人は使いにくいかも。

HP Stream 11-r000 (コバルトブルー) Review 012

 

他の文字キーは大きさも十分で、ストロークはおよそ1mm。キーのタッチ感もよく、打ちやすいと言えます。

HP Stream 11-r000 (コバルトブルー) Review 011

軽量でコンパクト

重量はわずか1.18kg、大きさもA4用紙ほどの面積しかありませんから、持ち運びにはとても便利。

厚さも18.4mmと2cmを切っていますので、女性の小さめのカバンでも収まりやすいかと思います。白いカバンに入れると、ブルーとの対比とてもマッチしそうですね。

タッチパッド

タッチパッドは1プレートタイプ。もちろん色が統一されています。

HP Stream 11-r000 (コバルトブルー) Review 014

左下、右下を押し込むとクリック/右クリックが行えます。クリックは少々固い。

HP Stream 11-r000 (コバルトブルー) Review 015

ディスプレイ

ディスプレイは光が反射しづらく、見やすい非光沢タイプ。1366×768ピクセルの解像度で、比較的広く画面が使えます。

HP Stream 11-r000 (コバルトブルー) Review 008

斜め横から見ても色の変化は少ない。

HP Stream 11-r000 (コバルトブルー) Review 017

ただ、斜め上から見ると画面が白っぽく変化してしまいます。とはいえこのような角度から見る使い方はほぼしないでしょうから、実用上の問題はないでしょう。

HP Stream 11-r000 (コバルトブルー) Review 018

ファンレスで無音

ファンレスなのも見どころです。

Stream 11-r000はメインストレージが音をまったく出さないeMMC、さらに冷却ファンが無いので、音を出す部分が一つもありません。なのでとても静か、というか無音です。

図書館や夜中の作業など、非常に静かな環境でも気にならないでしょう。

クラウドストレージ OneDriveが100GB 2年間使える

メインストレージは32GBと使い込むには心もとない容量ですが、その代わり、マイクロソフトが提供するクラウドストレージ「OneDrive」の100GBを2年間無料で使えるのもポイントです。

100GBってどれくらい? という試算が公式ページに掲載されていますが、

ファイル枚数およその容量
画像32,400枚24GB
音楽6,000曲24GB
文書720,000個以上24GB
映画28本28GB
合計100G

これだけのファイルを詰め込むことができます。

またクラウド型なので、同じファイルをスマホやタブレットで参照、編集することができ、非常に便利。もちろん別のパソコンで見ることもできます。

ポート類

小さいながらも拡張ポート類はひと通りそろっています。USB端子は2つ、映像出力用としてHDMIも備えます。またマイクロSDのみとなりますが、カードリーダーもついています。

USB機器の同時使用、大画面への出力もこの一台のみで可能です。

WTS的まとめ

ちょっとした用事から、軽いビジネス用途まで、安いながらもいろいろ活用できそうな機種です。

色も質感も安さを感じさせない作りで、3万円以下の激安レンジのパソコンの中では、選ぶ理由の多い一大となりそうです。

 

HP Directplus -HP公式オンラインストア-