実はQuadroではなくてGeForceでも10bit(10億色)出力ができるの、知ってました?

nVidia GeForceQuadroを比べる際、安定性とかOpenGLのサポートがメインの検討要素となりますが、10bit(各色10bit / 10億色)表示ができることを挙げる人も多いでしょう。

Photoshopなど、写真をメインに扱う業務となると、色の正確さや表示できる色の幅広さは非常に重要になります。

8bitでは最大色数が1677万7216色ですが、10bitでは10億7374万色以上もの色が表示できるのです!

以前はQuadroシリーズしかサポートしていなかったこの10bit表示ですが、実は少し前からGeForceでも出力できるようになっています!

 

用語の注意

10bit表示はいろいろな表現がありますのでまとめておきます。
・10bit対応
・10億色表示
・30bit対応
これらは基本的に全部同じ機能を指しています。

まずはディスプレイを調べよう!

まずは手持ちのディスプレイをチェックしましょう。

10bit表示は、デザイン用とかゲーム用など、ちょっと特殊なジャンルのディスプレイしか搭載していません。ディスプレイが対応していなければそもそも表示不可能です。

メーカー公式サイトで型番を調べて、「10bit対応」とか「30bit表示可能」などと明記してあれば対応しています。

今回テストする機種は、以前レビューしましたI-O DATAの「GigaCrysta EX-LDGCQ241DB」。

お手頃な価格の23.8インチで、WQHD表示、美しいAH-IPS液晶、HDMI x3 + DPポート、リモコン付属などなど、便利機能満載でお気に入りのディスプレイです。

 

ただしこの機種はちょっと特殊で、10億色入力は可能ですが、同時表示は1677万色までとなっています。

つまり10億色が入力されたら、その中で優先的に表示すべき1677万色を選択し、表示するよ、ということです。(色の選定はもちろん自動)

 

疑似10億色、とでもいいますか。使える色は10億に満たないので、なめらかな表示が必要な部分に、なるべく多くの色を割り当てるようなイメージです。

真に10億色表示ができるディスプレイは「デザイン用ディスプレイ」などとされ、10万円、30万円と高額になりがちです。お手頃に買えるような機種は見当たりません。

ちなみにこちらは本気の10億色プロ用ディスプレイ、EIZO ColorEdge CG279X実売23万円前後。これでも比較的お手頃な部類。

 

ですが、ひとつの写真に必ず10億色すべてが含まれるか、といえばそんな状況はかなり少ないと思います。どんな写真でも偏りがあるのが普通です。

そう考えると、写真編集に関しては1枚ごとに色の切り替えが起こるので、1677万色でもけっこうなめらかに見えるのではないでしょうか。

「10bitを体験してみたいな~」と思うときは、今回のGigaCrysta EX-LDGCQ241DBのような疑似10億色タイプで、安めに実現するというのもアリだと思います。(ちなみにアマゾン27,800円 -セール価格- )

10bit表示に必要な4条件

10bit表示には4つの条件が揃う必要があります。

  • 10bit対応ディスプレイ
  • 10bit対応グラフィックボードと対応ドライバ
  • 10bit対応アプリケーション
  • 10bit以上の色を含んだ写真データ

 

まずディスプレイは当たり前ですね。これがなければ始まりません。(笑)
今回は上記のGigaCrystaで実験します。

 

グラフィックボードZOTACのGeForce RTX 2080を使用します。(手元にあるのがこれだけだったので。10bit表示だけならこんな高額なボードはいりません。安いグラフィックボードで大丈夫です。)

加えて、最新のGeForceドライバが必要になります。少し古いドライバでは使えない場合がありますので、先に更新しておくといいでしょう。(古いドライバではそもそも10bitの設定項目がない)

 

次にアプリケーション

実はアプリケーションも対応していなければ10bit出力はできません。無料やオンラインの画像エディタでは、ほぼ対応していません。

Adobe PhotoShopやAdobe Premiere Pro、foundry Nukeなど、プロ用のソフトが必要になります。(写真編集ソフトのAdobe Lightroomは対応していませんでした。意外ですね。)

 

最後に画像データ

カメラのデータに多いJPEG」では技術的に8bitまでの色にしか対応しておらず、この画像形式ではどうがんばっても10bit表示をすることはできません。

カメラのデータを直接出力する「RAWデータ」なら、カメラが捉えた色情報をすべて記録していますので、10bitを活かすことができます。

他にも10bitデータに対応している画像形式はいくつかありますが、紹介は割愛します。

JPEGでは10bit表示できない、ということを覚えておきましょう。

GeForceの設定

続いてGeForceの設定です。

GeForceドライバを開き、カラー設定を見つけます。

 

条件が揃っていれば「出力の色の深度」が選択可能になり、下記のように10 bpcが設定できます。これで完了です。

アプリケーションの設定

最後にアプリケーションの設定です。

今回はPhotoShop CCです。(バージョン21.0.1)

環境設定→パフォーマンス→グラフィックプロセッサーの設定にある「詳細設定」をクリックすると出てきます。チェックを入れ、念のためPhotoShopを再起動します。

はっきり言えば違いがわかりません(笑)

さてこれでついに10bit表示になりました!

が、どう変わるかと言われれば、むしろ「ぜんぜん変わらない」といっても差し支えないほど変わりません。

もちろん僕の目の精度が非常に低いことは認めますが、たとえば256色表示から1677万色表示になったときのような「別世界感」はまったくありません。

グラデーションが「きもーちなめらか?」みたいな感じは、あるかな。でも8bitと10bitを並べて「どっちだ」と言われると、まず当てられないと思います。

グラデーション部分に目をすごく近づければ、なんとなくわかる程度。

 

こちらが実機の映像です。

Photoshopで10cm 300dpiの画像を作り、そこにグラデーションレイヤを作りました。

画面に近づくとモワレがかなり発生してしまうのでわかりづらいとは思いますが、グラデーションの階調が「段」になっているところに赤線を入れてみました。

8bit、10bitでは細かさがけっこう違うのがおわかりになるでしょうか。真の10億色ディスプレイならさらになめらかになるのかもしれません。

8bit出力

10bit出力

安い機材で10億色を試してみて

グラフィックデザイナーや写真家など、鋭い感性と良い目を持っている人が、なおかつ4Kや5Kで表示していれば、きっと「やっぱり10bitは違うな」と感じるんでしょうね。

ちょっとした写真編集をする程度なら、余分なお金をかけてまで増設する機能ではないと感じました。

 

逆に、もし本気にデジタル写真を極めたいなら、10bitというキーワードはまず押さえるべき機能になるでしょう。

WTS的まとめ

写真家はけっこう導入しているという10bit表示が、比較的手頃に表示できるようになってきたのはうれしいですね。

とはいえ、やっぱり超高度な精度を求めるプロ用の機能だなと感じました。高級な機材を揃えないと真価は発揮できないと思います。

 

コメント