Wi-Fi 6対応で4K UHDが安定!Amazon Fire TV Stick 4K “Max” を買ってみた!

Fire TV Stick 4K Max

こんにちは、太田アベル(@LandscapeSketch)です。

TVのHDMIにさすだけで山のように映画やドラマを楽しめる「Amazon Fire TV Stick」シリーズ。

Amazonプライムデーセールでも、毎度売り上げトップ集団の定番商品です。

本体は15cmほどの小さなスティックなのに、映画、TV、ライブ映像にゲームなどなど、4~5回は転生しないと消費しきれないほどのコンテンツを楽しめるのです!

そのFire TV Stickに、今回さらに強力な「Fire TV Stick 4K Max」が登場!

注目は、最新無線LAN方式「Wi-Fi 6」への対応。

僕は現在Fire Stick 4Kを持っていたものの、実は通信速度が上がらないためか、4K映画でもほとんどがFULL HD以下の再生となってしまっていました。

ちょうど我が家には、Wi-Fi 6対応 最新ルーター「TP-Link Deco X20を導入したばかり。Maxなら4K生活を楽しめるのでは!?と、さっそく購入してみたぞ!

大きさはほぼ変わらない

さて届きました!

いつも通り、アマゾンオレンジの箱に入ってきました。

右下にWi-Fi 6、4K HDRの文字が入っていますね。

 

Maxのマークが頼もしい。

 

引き出してみると、内箱にアマゾンのロゴが!なんかもう家中の製品がこの口に染められていますよ。ほんと。

 

付属品は、本体、リモコン、HDMI延長ケーブル、USBケーブル、USB ACアダプタ、簡易的な説明書です。

Fire Stick 4Kと比較

前作のFire Stick 4Kと比較してみます。

ほとんど大きさは変わりません。厚みもほぼ変わらず。

 

リモコンもほとんど変わりませんが(下写真 左 4K MAX / 右 4K)、アレクサボタンが青色に変わり、下にPrime Video、NETFLIX、DAZN、Prime Musicなどのボタンが加わったのが新しい。

大きさは前作と変わりません。

下部にNETFLIX、DAZN、Prime Video、Prime Musicのボタンが増えた

音声検索はアレクサマークの青ボタンに

 

 

USB電源はそろそろType-Cになるかな~と思っていましたが、Micro Bのままでした。CPUが1.8GHz クアッドコアになっても、そんなに電力はいらないんですね。逆にすごい。

Wi-Fiへの接続はカンタン

接続先はTP-LinkのWi-Fi 6対応 最新ルーター「Deco X20」。(上位機種のX60のレビューはこちら

ちいさな円柱型の多機能ルーターで、複数台を組み合わせると「メッシュ」と呼ばれるネットワークを作成。家中に死角のないWi-Fi空間を作ります。

 

1F、2F、3Fに1台ずつ置いてネットさせれば、どの階でも強い電波が拾えます。もちろん、SSIDは統一されているので、ルーターが変わるごとに再接続も必要なし。シームレスにどこまでもつながります。

Fire TV StickはWPSボタン、もしくはパスワードの打ち込みですんなり接続できました。

メニュー表示や検索がなめらか!

つないだTVはアイリスオーヤマのLUCA 43インチ 4Kテレビ(LT-43B620)です。

 

まず基本メニューですが、表示はFire Stckや4Kとほぼ同じですが、前作Fire TV Stick 4Kよりも、さらに速くなめらか!すばやいスクロールにもカチカチっと反応し、小気味よい操作感です。

前作Fire TV Stick 4Kでもかなり速度はアップしたのですが、それよりもなめらか。ゲームマシン並みの速さで気持ちがいいですね!

4K UHDはしっかり映るか!?

さてさて、問題はここから。4K映像の体験です。

アマゾンオリジナル「RAKUEN 三好和義と巡る楽園の旅」を観てみます。

4Kの美しい映像を楽しめる(はずの)作品ですが、前回のFire Stick 4Kでは、ほとんどの場面でHD~FULL HDになってしまい、高精細な映像を体験できずじまいでした。もちろん有線LANにすれば問題ないものの、5mもの配線は、やっぱりジャマ。

Wi-Fiでなんとかしたかったものの、やっぱり無理か・・・とあきらめていました。

Fire Stick 4K(無印)。Wi-Fiでは最高でもHD 1080pで、すぐにHDに下がってしまう。

 

Maxでもダメだったら困るな~と、ちょっとドキドキしながら試聴開始です。

んんんっ!!映像の下に「Ultra HD」の文字が出現!!!

 

やった!4K UHD映像で再生されているぞ!!!

しかも、いったんUltra HDに入れば、ほとんどそれ以下へは落ちません!映画1本を見ながらときどきチェックしたものの、ほとUltra HDで安定しています。4K(無印)とはまったく動きがちがう!これはうれしいぞ!

高速になったCPUと、Wi-Fi 6の信号の振り分けなどが効いているのでしょうか。4K画質で、なめらかで美しい映像が流れまくりです。ようやっと「RAKUEN」の映像美を存分に楽しめる環境になりました!葉っぱの細かさなどが、まさに段違い。

 

緻密で高精細な映像はもちろん、なんだか色も少し深みが増したような印象です。Fire Stick TV 4K MaxはHDR 10も出力できますので、対応テレビを揃えれば、より深みのある色を楽しめるでしょう。

WTS的まとめ

買ってよかった~!4K映像が安定しています!

これがWi-Fi 6のおかげなのか、Fire TVの性能が高まったからなのかはわかりませんが、とにかくずっとUltra UHDで安定しているのは確か

検索も速くて、メニューもサクサク。快適です!

これがたったの6,980円なんですから、アマゾンの価格戦略はほんと、とんでもねーですね。

コメント