伝統の軽さ・薄さ・頑丈さがさらに進化!Lenovo ThinkPad X1 Carbon (Gen 9)実機レビュー!

こんにちは、太田アベル(@LandscapeSketch)です。

もうすでに”伝統”といってもよいぐらい、長くシリーズが続いているThinkPad X1 Carbon。

今回のマシンは”Gen 9″ということで、実に9代目を数えます。

初代から続く薄さ、軽さ、頑丈さという大きな特徴は9thとなってもまったく変わりません。いつも通りに薄く、軽く、頑丈、そして使いやすいです。

ただし受け継がれるのはあくまで使い勝手の部分のみ。内部システムはしっかりとアップデートされ、第11世代の最新CPUを採用し、高速かつ長いバッテリー持続時間を実現しています。

さらに今回は、従来の16:9画面の上下をわずかに広げ、16:10のディスプレイに変更。画面が広く感じされます。

既存ユーザーが安心して乗り換えることのできる、王道の仕上がりとなっています!

  • 高機能はそのままにわずかに軽く
  • 16:10の新型14.0インチディスプレイ採用
  • 4K UHDよりもわずかに解像度が高いWQUXGA(3840×2400)を選択可能
  • Core i7でもファンの音が静かに

記事中の商品/サービス

Gen 9の見どころ

9世代にわたって人気を保っているThinkPad X1 Carbon。

14インチクラス、軽量、薄型、頑丈という基本コンセプトはそのままに、毎年のように何らかの変更を加え、使い勝手を上げ続けています。

 

すでにいじるところはないのでは?と思ってしまいますが、モデルチェンジのたびに「あ、この新機能は使いやすい!」と驚くことばかり。

Gen 9でまず気づくのは16:10の新しいディスプレイ。

 

従来の16:9よりもわずかに上下が広がりました。エクセルでいうと1~2セルほど多く見えるだけなのですが、これが意外に大きな違い。妙に広々と感じられます。

Gen 9をしばらくさわったあとに旧モデルに移ると、「あれ?画面がこんなに細長かったっけ?」と違和感すら感じます。

旧モデルまでは画面の下に3cmほどの空間がありましたが、Gen 9では上下がほぼ均等のベゼル幅となり、パネルのほとんどが画面となる、モダンなデザインになりました。

 

比率変更に伴い、Gen 8と比較し本体は1cmほど横幅が減り、縦幅が4mmほど増えました。Gen 8までを使ってきたのなら、少しコンパクトに感じられるはずです。

モデル横幅縦幅厚さ
Gen 9314.5221.614.9
8th Gen32321714.95

(単位はmm)

 

CPUは第11世代に変更。第10世代よりも省電力性能があがっていて、バッテリー持続時間はCore i5(通常ディスプレイ、FULL HD)でなんと最長26.0時間

8th Genではi5-10210Uの最大値で19.8時間でしたので、大幅なアップです!充電せずに安心して使える時間がさらに伸びています。

(JEITA2.0にて計測した公称値)

 

打ちやすいキーボードはそのまま継続。8th Genでほとんどの不満点は解決されていましたので、むしろ大きくいじらない方が安心です。

 

Wi-Fiは最新のWi-Fi 6に対応、オプションのWWANは4G/5Gに対応。

リモートワーク、オンライン会議、ウェブセミナーなどなど、通信の安定性と大容量化は非常に重要になっています。

Wi-Fi 6、5G通信はその両方をかなえるための最新規格。いつでもどこでも常に最大速度で仕事をこなすため、いち早く対応してきました。

もはや不満点が少なすぎて、「使いやすいPCが欲しいなら、これを選んでおけばまず間違いない!」と言える一台に上り詰めていると感じます。

 

それでは、細かなテストや使い勝手を書いていきます。

ディスプレイ

ディスプレイは14インチ IPSディスプレイ、基本解像度は WUXGA (1920×1200ドット)となり、通常のFULL HDよりも上下に少し広がっています。

 

エクセルやブラウザの表示が上下に広がるため、今までよりも広さを感じる場面が多くなるでしょう。

他にも下記のようなディスプレイを選択可能です。

ディスプレイ
14.0型 WUXGA 液晶 (1920×1200) マルチタッチパネル (10点)
14.0型 WUXGA 液晶 (1920×1200) Privacy Guard
14.0型 WQUXGA 液晶 (3840×2400 IPS 500nit)

 

閉じた状態は、いつも通りのThinkPadブラック。マットな質感で、すべりくく、持ちやすい。

 

ディスプレイは180度開くことができます。複数人でのぞき込むような使い方でも、とても見やすい。

薄さ、軽さ

薄さはわずか14.9mm、軽さは1.13kgと、強靱なボディを備えているとは思えないほど薄く、軽い。

 

片手で持ち上げるのもラクラク!フチに近い部分を持ってもミシリとも言いません。強度は非常に高い。

キーボード

ThinkPadの注目点はキーボード。長年ビジネスで鍛えられた非常に打ちやすいキーボードです。

 

キーの配列は自然で、大きさも十分。タイピング時の反発力も適度で、たくさんの文字を打つ作業でもなんなくこなせます。タタタッとすばやく打ってもしっかりと追従します。

キーは下側が丸くなっている独特な形で、表面もわずかにへこんでいて指にフィット。すっと押し下がり、タンッとしっかりした反発があります。ノートパソコンでは最高の部類のタッチ感です。

キーはアイソレーションタイプ。フルサイズのキーピッチでさらに一つ一つのキーが間隔を持って並んでいるので、爪が長い女性でも上のキーに引っかかったりすることがありません。キーのスキマにゴミやホコリが入ることもありますが、間隔があるので簡単に掃除できるのも良い点でしょう。

またホコリや湿気の多い場所でも実働に耐え、さらには多少水をこぼしても平気という強靭さも備えます。

タッチパッド、トラックポイント

ThinkPadのトレードマークでもある、キーボードの真ん中にある赤いトラックポイント。人差し指でわずかに力を入れると、その方向にカーソルが動きます。

 

タッチパッドしか使ったことない人は「いまいち使いづらい」と言うことが多いのですが、ThinkPadを長年使っている人の中には「トラックポイントのためにThinkPadを買っている」という人もいます。

 

トラックポイントの最大の利点はキーボードのホームポジションから手を動かさなくてもマウス操作ができること。使ってみるわかりますが、腕の動きが他のパソコンに比べて半分以下になります。

書類を作るときの操作を考えてみてください。

文字を打つ → マウスを持つ → 文字を打つ → マウスを持つ・・・

という感じでけっこう手を動かしています。
これでは手を動かすたびに思考が途切れ、集中力が途切れがちになります。

そこでトラックポイントです。

キーボードのホームポジションに手をおいたままで操作できるので、腕を一切動かさずにすべての操作が行えます。キーボードを主に使う人にとって、トラックポイントは非常に使えるデバイスです。

 

トラックポイントは操作に多少の慣れが必要ですので、一般的なタッチパッドも搭載していますのでご安心を。

タッチパッドは1プレートタイプ。左下/右下を押し込むことで左/右クリックが可能です。タッチパッドも同色で、統一感があります。

指紋認証が電源スイッチに一体化

従来はタッチパッドの隣などにあった指紋認証部分ですが、Gen 9では電源スイッチに一体化!

見た目もスッキリし、電源を入れながら認証まで済むので、ログインもラクラク。

カメラにも安心を

内蔵カメラはノーマルのHD 720p カメラ、顔認証のできるIRカメラが選択できます。

 

HD 720p カメラは物理的なシャッターを備え、ハッキングによる盗撮を防ぐことができます。

ポート類

薄型ながら、実用に耐えるポート数が装備されています。

Type-C USB 4 (Thunderbolt4 対応)x2、USB 3.2 Gen1 (Powered USB) x 1、USB 3.2 Gen1 x 1 Type-A、HDMI x 1。

本体だけでも複数の機器の接続、HDMI外部ディスプレイへの出力ができます。最新規格のUSB 4に対応した機器なら、さらなる高速通信、映像出力が実現できます。

それ以上のポートを求める際は、別売りのThinkPad Thunderbolt 4 Workstation ドックを使えば、さらに大量のポートを追加可能です。

静粛性

今回のモデルはミドルクラスのCore i5を搭載しており、性能は中クラスとなりますが、その分バッテリー消耗や発熱が抑えられています。

軽量作業時は、耳を近づけないとファンの音が聞こえないほどです。

テストで高負荷をかけたときにファンの風切り音が出てきますが、最高潮でもファンの音は低音で、耳障りな高音はほとんどありません。

スペック

今回紹介しているモデル:ThinkPad X1 Carbon Gen 9 [20XWCTO1WW] (ThinkPad X1 Carbon Gen 9)

機能詳細
CPUIntel Core i7-1165G7
CPUコア/スレッド数4コア / 8スレッド
ベース周波数 / ターボブースト周波数2800 MHz / 4700 MHz
メモリ16 GB
メモリスロット (空きスロット)0/0
グラフィックスIntel Iris Xe Graphics (CPU内蔵)
ストレージ512GB NVMe SSD
OSMicrosoft Windows 10 Home
光学ドライブなし
ディスプレイ14.0インチ
解像度1920 x 1200ピクセル
ポート類Type-C USB 4 (Thunderbolt4 対応)x2、USB 3.2 Gen1 (Powered USB) x 1、USB 3.2 Gen1 x 1 Type-A、HDMI x 1
有線LANなし
サイズ約 314.5×221.6×14.9mm
重量約 1.13kg

ベンチマーク

3DMark

ゲームベンチマークとして、ほぼ業界標準となっている3DMarkにてテストをしました。

ベンチマークスコア
Night Raid17649
Wild Life12945
Wild Life Extreme3616
Fire Strike4853
Time Spy1759
Time Spy Extreme821

CPU内蔵グラフィックながら、意外に強力な能力を備えています。

CADや3D CGの軽いものならこなせるほどの実力です。息抜きに軽いゲームをプレイしても、遅さのストレスを感じないほどです。

CineBench R15

CPUとOpenGL能力を計測するCineBench R15で性能テストをしました。

テストスコア
OpenGL94.76 fps
CPU927 cb

事務処理はもちろん、軽いグラフィック作業でも能力を発揮してくれるスコアです。

CineBench R20

3DCGをCPUでレンダリングする速度を計測するCineBench R20で性能テストをしました。

テストスコア
CPU2196 pts

事務処理はもちろん、軽いグラフィック作業でも能力を発揮してくれるスコアです。

WTS的まとめ

世代ごとに大きく性格が変わってしまうPCが多い中、ThinkPad X1 Carbonは基本コンセプトがブレず、ひたすら不満点をつぶしていく進化をしています。

今回もまた「分かる人には分かる」アップデートが多く、ブレがありません。ですが、一つ一つの変更に意味があり、実用性が確実にアップしています。

1kg前半の軽さで、14インチサイズという条件ならば、ThinkPad X1 Carbon Gen 9は筆頭候補に入れるべき1台です。

コメント