Macでも有線ギガビットLANを実現 Buffalo LUA4-U3-AGT

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

最近ApertureからLightroomに写真を移行中です。写真の置き場所はNASにしてガンガン転送しているのですが、無線LANではたとえ11acでもかなり遅い・・・

ということでより安定した有線LANで転送しようと思いたち、USBでギガビットLANを実現できるBuffalo LUA4-U3-AGTを買ってきましたよ!

USB3.0

ギガビットLAN(1000Base-T)は1000Mbpsを実現できるネットワーク規格です。ということはUSBポート側は同等か以上の速度がないと意味が無いわけです。

USBにはバージョンがありまして、1.0、1.1、2.0、3.0・・・と番号が大きくなります。バージョン番号が大きいほど転送速度が速くなります。

現在主流なのは2.0と3.0。

速度を見てみますと、

USB1.1最大12Mbps
USB2.0最大480Mbps
USB3.0最大5000Mbps
(参考)ギガビットLAN最大1000Mbps

となります。つまりUSB1.1~2.0までのアダプタでは、いくらネットワークが速くてもUSBで詰まってしまい、最大速度が出せないわけです。

LANアダプタ USB2.0と3.0比較

USBが1000Mbpsを超えるのは3.0から。ギガビットイーサネットの速度を十分に活かすにはUSB3.0が必須となるのです。

SB3.0対応アダプタ

ということでBuffalo LUA4-U3-AGTです。

Buffalo LUA4-U3-AGT Review-4

USB3.0にもしっかり対応しており、ネットワークの速度を損ないません。

Buffalo LUA4-U3-AGT Review-2

Windows、Mac両対応で安心!僕はMacBook Pro Retinaで使っています。

色は白でシンプルな四角。非常に小型で重さも26gしかありません。カバンのちょっとした場所に入りますね。

Buffalo LUA4-U3-AGT Review-3

NASへの転送に

無線LANもあるのになぜ有線LANを買ったかというと、NASへ大量のファイルをバックアップする際に、有線のほうがダン違いに速いからです。

1000ファイル(10GB)を送ると、無線LAN(11ac/400Mbps前後)では1時間ぐらいかかりますが、有線なら15分程度で転送可能。

やはりワイヤーでがっちりつながっているのは信号も速く安定するんですね!

WTS的まとめ

そんなわけでネットワークで大容量のファイルをやりとスリするなら、あえて有線LANを活用するというのもいいですよ!

作業がはかどります。