省スペースながら迫力の低音とクリアな中・高音を奏でるBose Companion 2 Series III マルチメディアスピーカーシステム レビュー

こんにちは、太田アベル(@LandscapeSketch)です。

リモートワーク全盛の近ごろ。移動の手間が少なくなるのは良いのですが、家ではどうしても緊張感が抜け、いまいち集中できないという人も多いのでないでしょうか。

そこで役立つのは音楽!

仕事モードのBGMを選定しておけば、家にいながらも頭を切り替えることができます。そしてなにより、いい音でリラックスして仕事ができるのは、やはりリモートワークならでは。

今日は省スペースながら、迫力の重低音とクリアな中/高音を再現する、Boseの定番スピーカー「Bose Companion 2 Series III マルチメディアスピーカーシステム(長ェ!以下Bose C2S3)」を買ってまいりました!

さっそくレビューしてみますよ!

  • 片側8cm x 15cmという小さな設置面積
  • 大きさからは信じられないほどの重い低音
  • しっかりと伸びる高音とクリアな中音
  • Boseとしては比較的安め

デザイン

さっそくやってきました。

 

箱を開けるとスピーカーや配線がひとかたまりのブリスターパックになっています。こんな入れ方、初めて見ました。まるでサイコロ。

 

片側の大きさは 19 cm(高さ)x 8 cm(幅)x 15 cm(奥行き)の、手頃な大きさ。デスクトップPCのディスプレイの両脇はもちろん、ノートPCといっしょに使ってもいい感じです。

 

右スピーカーには電源兼音量ボリュームがあります。

一番下まで回すと電源が切れ、右に回すと電源入/音量アップとなります。ボリュームスイッチは直感で操作できますし、さっと回して大まかに調節できるので、一番好きですね。

 

スピーカーは少し上に向くように、20度ほどかたむいています。

 

端子類のチェック

端子類は右スピーカーに集まっています。

右スピーカー前面には、3.5mmピンプラグのヘッドホン用出力端子。

背面には電源入力のほか、左スピーカー出力、AUX入力(3.5mmピンプラグ)、PC入力(3.5mmピンプラグ)の3端子があります。

 

左スピーカーには、右スピーカーとの接続端子のみとなります。

さっそく聴いてみる!

ではいよいよ体験です!

僕は基本的にiTunes(Apple Music)で音楽を聴いています。特にハイレゾ音源などは使っていません。

まずはその低音の膨らみに驚きます。重いオルタナRockなどを聴くと、吸い込まれそうに下がっていく音がすごい。かといってボワボワとうるさいわけではなく、自然に重い音が出てきます。

中音はクリアで、重い低音が鳴っている中でもヴォーカルの声がしっかりと聞き分けられます。映画の台詞シーンでも、英語のRとLのような微妙な発音も感じ取れます。

さらに高音。低音のみを重視して高音が消えてしまうスピーカーも良くありますが、かなりの高さまで伸びきります。

交響曲 新世界で、多くの弦楽器がいっせいに音を合わせても、混ざり合ってしまうことなく高く奏でてくれます。

これはいいね!

 

ゲームや映画も観てみました。

映画の爆発シーン、モンスターハンターで巨大なモンスターが暴れるシーンなどは、重い音が体の横からも響くように感じられ、迫力は十分。ズシン、ドスンという重さのある音が楽しい。

レース映像では、過去3000ccエンジンを積んでいたころのF1の、あの耳を刺すような高音が再現されていい感じです!

バックストレッチをフル加速で通り過ぎるとき、音で全身にトリハダが立つあの感覚を、久しぶりに感じさせてくれました。

総じて迫力と膨らみがある

全体的なまとめとしては、迫力と膨らみ、といえるでしょうか。

80cmほどの間を開け、少しこちらにかたむける状態が一番良い「音場」が作れました。

頭を包み込むように左右に広く音が広がり、イヤミではない程度に常に重さを与えてくる低音が、非常に良いバランスです。

まさにBoseサウンド!

もしかして製造終了?

初めてのPCスピーカーとしてかなりオススメしたいところなのですが、もしかしたらこの機種、すでに製造終了なのかもしれません。

Amazonでは2021年5月12日現在、並行輸入品しか在庫がありません

楽天ヤフーショッピングでも、出てくるものがほとんど中古品。もしくはAmazonと同じく並行輸入品でした。

次の新製品が出てくるのを待つか、並行輸入品でも手に入れるか、ちょっと考えどころです。次の製品は特にアナウンスも無いので、出るかどうかも怪しいところ。

まあスピーカーはそうそう故障はしないでしょうから、並行輸入品でもいいのかもしれませんが、保証などを考えればやっぱり国内正規品がほしいですよね。Boseにはぜひ商品の補充をお願いしたいところ。

とはいえ、BlueToothが主流になりつつあるので、有線スピーカーは少なくなる運命かもしれません。BoseもBlueToothスピーカーが充実しています。

WTS的まとめ

前回レビューしたのノイズキャンセルヘッドホンBose Noise Cancelling Headphones 700同様、さすがBoseサウンドと言える、迫力と繊細さを兼ね備えたスピーカーです。

20,000円付近で手に入れられるスピーカーとして、非常に高いパフォーマンスを持つ製品だと感じます。

とはいえやはり問題なのは国内正規品がすでに入手困難なところ。中古か、並行輸入品か、悩まされますね。

 

さらにクリアで太い音を再生しようと、お手ごろ価格のUSBポータブルアンプを買って来ました!Bose C2S3と併用したらかなりイイカンジだったのでお伝えします。

沼への入り口か!?わずか3,850円で音質アップ!AGPTEK ヘッドホンアンプ HA1レビュー
先日購入したBoseのスピーカー「Bose Companion 2 Series III(長いので以下Bose C2S3)」。レビュー記事はこちらです。 ...

 

コメント