Flex 10のスリープ復帰で画面が真っ暗になる症状を改善する

先日から使っているLenovoのタッチパネル付き小型PC Flex 10SSDに交換して(傷だらけになりつつも)快適に動作しています。

しかしWindows 8.1にバージョンアップ後、スリープから復帰しようとすると画面が真っ暗になる症状が多発しました。調べたところスリープ方法を変更すれば大丈夫そうなことが判明しました。

対処法をメモします。

ハイブリッドスリープの設定

画面が真っ暗の対処法は「ハイブリッドスリープをオン」にすること。

ハイブリッドスリープの動作は後述することにしまして、まずはその設定方法です。

コントロールパネル、もしくは下部タスクトレイの電源アイコンから電源設定を開きます。(※Windows8のチャーム>設定>PC設定の変更から呼び出せる設定では、電源設定は簡易表示となってしまい細かな設定ができません。必ずコントロールパネルから開いてください。)

capture_09

電源オプションを開きます。

capture_10

使用している電源プランの横にある「プラン設定の変更」の文字をクリック
「詳細な電源設定の変更」をクリック

capture_02

スリープの項目を探します

capture_03

「ハイブリッドスリープを許可する」を展開

capture_06

バッテリ駆動:オン
電源に接続:オン
に変更し適用、もしくはOKを押して閉じます。

capture_07

これでハイブリッドスリープが使用できるようになりました。電源でスリープをした際やPCを閉じたときにハイブリッドスリープが働くようになります。

真っ暗になる症状はハイブリッドスリープにすれば問題なくなるはずです。

WTS的まとめ

スリープ・・・画面を閉じた際にメモリにのみ内容を保存しておき、素早く起動します。しかしスリープ中に完全にバッテリがなくなると作業内容は消失します。

休止状態・・・スリープに移行する際、作業内容を毎回HDDに書き出します。休止時、復帰時に時間を要しますが、バッテリがなくなってもデータは残ります。

ハイブリッドスリープとはその中間で、終了時はメモリにのみデータを残しすぐに終了、スリープ中にバッテリがなくなってきたらHDDに書き出すという作業をします。

結局のところやっていることに違いはないはずなのですが、なぜ普通のスリープとハイブリッドスリープで画面に変化が出るのか、もう少し調査してみようと思います。

[

コメント

  1. TM より:

    やっとこの問題から解放され、うれしい限りです。

    Win8.1でのこの障害に悩まされ、いったんクリーンインストールでWin8に戻し、時間をおいて再upしたものの、やはり再発。
    いろんなサイトでいろんな情報を得ながら(情報は古いものばかりだったが)何をやっても効果なく、諦めていました。
    こんな簡単な設定ひとつ、根本を正せてとてもとても満足しています。
    これはOSの問題? Lenovo側設定の問題?
    どこにもこの情報がないことが不思議なくらいです。
    今日はたまたま、「Flex10」をキーワードに加えてみただけなんですが。

  2. TMさん >
     コメントありがとうございます。
     この症状はFlex10ではほぼ確実に起こると思うのですが、なぜか情報が無いですね。不思議です。
     みんな不思議に思わないのかもしれませんね(^_^;)

     この問題の根本については確定的な情報はないのですが、僕の予想では

     スリープ・・・画面はすぐに復帰するものと考え、クローズ時には低電圧状態にして暗くするだけ。しかししばらくすると省電力モードで完全にディスプレイの電源を落としてしまう。再オープン時、時間が経っていても「すぐ復帰した=画面はすぐに表示できる」と考え、初期化信号を送っていない。いつまでも初期化されず真っ暗に。

     ハイブリッドスリープ・・・常に長時間のスリープと考え、再オープン時に必ずディスプレイ初期化を行う。ちゃんと表示される。

    こんな感じになっているのではないかと想像しています。(あくまで想像ですが)

    上記予想はハードウェアから見た流れですが、もしかしたらWindowsがスリープ解除時はディスプレイの初期化を行わないのでは?とも考えられます。(でもたいていのディスプレイは復帰するのでこの線は薄い)

    もしくはWindowsのディスプレイ初期化信号をハードウェアが無視しているのかもしれません。(OSは確実に起動していて、ディスプレイだけ真っ暗なのでこの線もアリかなと)

    答えはLenovoの技術者さんでないとわからなそうです。

    結局結論はないのですが、お役に立ててうれしいです!