ガジェット・デジタルデバイス レビュー ブログ レビュー

危険なまでに安いノートスタンドを買ってみた!その使い勝手とは?

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

ノートパソコン、特に薄型のノートになるとキーボードが机とほぼ水平になってしまい、打ちにくくなる傾向にあります。僕の使うThinkPad X1 Carbonもそうです。

キーボード自体のデキは最高クラスなのですが、平らなので奥のキーを打つときに手首や指に余分な力が入ってしまうのを感じます。

そこで検討するのはノートスタンド。ノートパソコンを乗せて、角度を調節できるようにするものです。

値段はピンキリで、千円ぐらいのものから1万円を超える金属製のものまで幅広い。

今日はその中でもヤバイほど安い、アマゾンでたったの230円+送料490円という、どう考えてもなにかありそうなヤツを買ってきました!

果たして、その使い勝手とは!?

そんなに安っぽくもない印象

さて到着しました!230円にしては立派すぎるほどの梱包。ちゃんと印刷された段ボールですよこれ。

この箱をゆうメールで送ってきたんですけど、赤字にならないんでしょうか。まあ赤字じゃないから売っているんでしょうけど、いったい原価はいくらなんでしょうか?恐るべし中国。

で、これが本体です。意外にしっかりとしたプラスチック製。

 

上側にはノートPCの角度を変えるためのフレーム。持ち上げるようにスライドし、好みの段で止めて使います。

フレーム部分にはとくにゴムなどは付いていません。傷つかないかちょっと心配にはなりますね。

 

角度は8段階。

 

手前はパソコンが落ちていかないように土手になっています。ここにもゴムが貼ってあります。うん、なかなかしっかりしてますね。

 

さらに裏側はなんと回転台が!その場で回転させて見やすくできそう。新品なのに妙にホコリっぽいのは気になりますが、まあ中国品質というところで。

 

では使ってみます!

薄型ノートでは手前のフチがもろに当たる

角度を決めてThinkPad X1 Carbonを置いてみます!
おお!いい感じ!・・・と思ったのもつかの間。次々に問題が。

まず一番問題だと感じたのは、手前のすべり止め(土手)部分。ある程度の厚みのあるノートを想定しているようで、高さが1cmほどあります。

 

しかしそれ以下の薄型ノートで使ってみると5mm近く余ってしまい、下に沈んだような感じになります。さらにフチが手のひらにモロにあたっているので、キーボードを打つと普通に痛い(笑)

 

ガマンして打ってみましたが、跡になるぐらい手にメリこみます。幽霊のように手を持ち上げて打たなければなりません。薄型ノートでは常用はかなり無理だこれ・・・残念。

 

厚めのノートならいいかもしれません。手元にないので使用感は確認できず。薄いノートは要注意です。

とはいえ、外付けキーボードとマウスで操作するなら何も問題はなさそうですね。

回転もしぶい

回転台も使ってみましたが、動きがかなりしぶい

回そうとすると全体が動いてしまい、足自体は回っていません(笑)。数回手でぐいぐい回したらわずかにスムーズにはなりましたが、軽くクルクル回すことはまず無理そう。

むしろ無くても良かったんじゃないのだろうか。

WTS的まとめ

角度が付くという部分は大満足だったんですが、手前のすべり止めは非常にジャマです。これさえ別の形だったらな~

逆にここさえ直せばもう少し値段をつけても売れるのではなのだろうか、と感じました。

Amazonの激安ノートスタンドはこちらから