電気さえあればガス切れなし!強力・小型の電動エアダスターを買ってみた!

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

パソコン機器の清掃にはエアダスターが欠かせません!

が、連続して使用すると、

  • 缶がすぐに冷たくなって風圧は弱くなるし
  • すぐにガスはなくなるし
  • ときどき冷却液が生で噴射されて機材をショートさせそうになるし

で、あんまり使い勝手は良くありません。

一番痛いのはやっぱりコスト

1本3~500円もするのに、キーボードを念入りに掃除すれば1回で半分以上を使ってしまいます。中古パソコンの清掃では1回で1本使うこともしばしば。

ガスやら缶やら、資源もムダ使いしています。

じゃあ掃除機を使えばいいじゃないの?とも思いますが、細かい回路やCPUの冷却フィン(ファンではなくヒートシンクの板のことですね)の間は、やっぱり掃除機では吸いきれません。空気で吹き飛ばしたほうが断然キレイになります。

電動は弱すぎるか巨大すぎる

そこで、電動のエアダスターがないか探し始めましたが、これが全然見つからない!

例えば充電式のこんなタイプ。これ、店頭で試す機会があったんですが、あまり強くありません。口で強めにフーーッと吹いたぐらいです。缶の噴射パワーと比べると、体感で半分ぐらいでしょうか。

またアマゾンのレビューでは、バッテリや回路の不良が何件か指摘されていて、そこもイマイチ。しかも値段もけっこう高いです。

じゃあ業務用のコンプレッサ(↓ こんなの)はどうか?とも考えましたが、一般家庭には大きいし、なにより音がすごい!

量販店で実際に動かしてもらいましたが、「ダダダダダダダダ」他のお客さんが一斉にこちらを振り返るほどの爆音(笑)。とてもではありませんが静かな住宅地で使えるシロモノではありません。(家が恐ろしく広ければいいんでしょうが・・・)

また、起動してから圧力が上がり、噴射できるまで何分かかかります。そのあいだは動かしっぱなしなので、さっと起動してすぐに終わらせるという使い方はできません。

ホコリを吹き飛ばしたいだけなのにこの騒ぎはちょーーっと無理です。

ついに見つけた!コンパクトで強力で家庭でも動かせるエアダスター

かれこれ半年以上をかけて調べていましたが、ようやっと見つけました!

長い前フリでしたが、それが今回買ってきたこのX-Power エアダスター A-2です!

スイッチ一つで強力な風を生み出し、しかも小型で使いやすい!

まずセット内容。

本体と、形の違うノズルが8種類、収納時の専用袋というシンプルなもの。

巾着タイプの専用袋。アメリカンなロゴがイカス。

本体は片手サイズ。500mlのペットボトルを少しふくらませて取っ手を付けた感じ、と思ってもらえれば近いです。

質感は硬質プラスチックで飾り気は全くなし。プロ用を感じさせます。コードも太く丈夫で、本当に工事現場などで使うようなものだと感じます。安心感があります。

重さは1kg程度。片手に持って自由に動かせます。

カラバリ(笑)はブルーと、ブラック、グリーンがありました。どれもあからさまに工事現場チックな色で、おしゃれとかカワイイとかそういう次元ではありません

価格は11,800円でした。安くはないですが、ずっと使えると考えればまあ許容範囲。

缶スプレーは1本500円として、10本使えば5,000円。2年で2、30本は消費していましたから(30本として15,000円)、2年使えばモトは取れます。

パッと見、小型のポットのようですね。当たり前ですが水分は厳禁です。

機能はいたってシンプル。風を吹き出す。以上。

シンプル万歳。こういう単機能の機材って好き。取っ手の上側に強・停止・普通を切り替えられるスイッチがあります。操作できるのもここだけ。

使ってみる!

とにかく使ってみます!

まず普通モード。

スイッチを入れると、モーターのトルクが手首にぐいっと伝わります。業務用クラスの強力なモーターを使っています。頼もしいパワー。

ギュイイイイン!とけっこう音は大きめですが、家庭用の掃除機程度。夜中では無理でしょうが、昼間なら集合住宅で使っていても問題なさそうなレベル。

そして強烈な風圧!細めのノズルを付ければ、ホコリが煙に見えるほどに気に吹き飛ばせます!

計測装置がないので風圧を表現するのはむずかしいですが、10枚ほどのA4の紙を一気に舞い上がらせるぐらいのパワーがあります。

コンプレッサのように「溜め」が必要ないのもGOOD!

スイッチを入れたとたんにMAXパワーの風が吹き出します。缶のエアダスターと同じ感覚で使えます。

そして強モード

音が一段階高くなり、かなりうるさい。かなり前のダイソン掃除機程度でしょうか?

強の風圧は圧倒的!顔に向けられれば目を開けていられないほどの強風です!(目に被害が出るかもしれませんので、絶対にマネしないでください!)

体に吹き付けると、オートバイで走っているときのように、服がぴったりとはりつきます。風のカタマリを感じるほどの風圧。

細めのノズルを付けると、大きめのホコリもガンガン吹き飛びます!

ただしモーター音に加えて「ヒィィィィ」というカン高い風切り音も混ざるので、ずっと使っていると耳が痛い

ちなみに強モードは、細い部品はヘシ折れそうなほど強いです。パソコンの掃除に使うときにはくれぐれもご注意を。

グラフィックボードなどに正面から当てると、ファンやPCIeコネクタが破損するかもしれません。

ノズルは多彩だが・・・

ノズルは平たいものやブラシ付き、さらにはビニールプールなどを膨らませるための極細のタイプもあります。

ビニールプール用は試していませんが、このパワーなら一瞬で膨らみそう!

ブラシならホコリをはがしながら飛ばせるので便利。ただし、風圧がすごいのでゆっくりていねいに作業できません。

ただ、この細長いタイプがどうやって使うのか、さっぱりわからないんです。

どのノズルとも接続できない(入らない)し、口に直接つけることもできない(細すぎる)。不良品なのか、それとも使い方が間違っているのか、試行錯誤しています。

というかいまのところ使えてない。教えて偉い人。もしかして中間の部品がたりないんじゃないかという疑惑。

まあこの↓ノズルがあればほとんどの場合はOK!

満足できる掃除が可能です。

WTS的まとめ

ようやっといい感じの電動エアダスターを手に入れました!

多少音を我慢すれば、電気がある限りエアダスターを使い放題です。ずっと使えるし、ガスも使わないので環境にもやさしい!ここも選ぶポイントでした。

ちなみに電気工事の人に見せたら、「これはブロワーだね」と言われました。なるほど。「エアダスター」と呼ぶのは一般人かもしれません。

コメント