XBOX ONE コントローラがUSBで充電できるようになる!さらに軽量化も XBOX ONE Controller プレイアンドチャージキット レビュー

プレイ&チャージキット

こんにちは、太田アベル(@LandscapeSketch)です。

XBOX ONEコントローラは無線で使えますが、通常は単3電池で駆動します。しかし、これが意外にずっしりくるので、なんとか軽量化できないかなぁと探していましたら、灯台下暗し!純正品にありました!

それが「Xbox One Controller プレイ & チャージ キット」。

充電式のバッテリーキットで、XBOX ONEの電池ボックスに入れればそのまま使えます。さらにUSBケーブルで充電もできるようになるというスグレモノ!

しかも!電池2本よりもかなり軽くて、持ってみると数字以上に軽く感じます!

スポンサーリンク

Xbox One プレイ & チャージ キットが届いた

届きました。AmazonやYahoo!ショッピングなどでも購入できますが、今回はマイクロソフトの公式ストアから購入。

というのも、Amazonなどで売っている商品はなぜかマイクロソフトの公式ストアより高い!Amazon公式の取扱商品ではなく、マーケットプレイス出品のものしかないようですね。もちろんYahoo!ショッピングや楽天市場でも同じ状況。

マイクロソフトストア2,600円(税込、送料無料!)に対し、Amazonなどのものは3,500円+送料という状態。これはもう公式ストアで買うべきでしょう。

中にはバッテリと充電用のUSBケーブル。ごくごくシンプル。

重量の比較

まずは電池プレイ&チャージキットのバッテリを比較します。

電池60gに対して、バッテリは28g!

半分以下の重さです。その差は42g。(電池はエネループ プロ)

 

続いてXBOX ONE Eliteコントローラに組み込んで確認してみましょう。

組み換えは簡単。電池を抜いた場所にバッテリを入れるだけ。入れる向きがあるので注意したいところ。

セットしてからの重さを測ってみると、乾電池では355gバッテリなら322gとなりました。あれ?その差は33g。なんで単体の重さと違うんでしょうか?(^_^;)

とはいえ、全体としては10%ほどの軽量化になりました。

手で持ってみると、いままでずしりと感じていたコントローラが、すこし持ち上げやすくなりました。まあ劇的に軽くなるわけではないので、すぐ慣れちゃいますけどね。

USBケーブルで充電可能

うれしいのはUSBケーブルをつないだだけで充電できること!電池の場合は、たとえ充電電池を使っていたとしても、コントローラでは充電できません。

Xbox One プレイ & チャージ キットならバッテリが無くなってきてランプが点滅したら、ケーブルをつなげば充電しながらプレイが続行できます。

WTS的まとめ

XBOX ONE コントローラがさらに使いやすくなりました!

電池交換ってそんなに頻度は高くありませんが、なかなか面倒なんですよね。

USBケーブルだけで充電できるのは最高です!

コメント