wpXの良いところ悪いところ 10ヶ月使ったレビュー

wpXタイトル

WordPress専用にすることで、超高速アクセスを実現しているwpX(ダブリューピーエックス)。このWorkToolSmith.comもwpXで動いています。

さて、WorkToolSmith.comをwpXに移転してから10ヶ月目。使い心地や設定など、細かなレビューをしてみたいと思います。

総評

まずいきなり総評ですが、wpXはとても使いやすく安定しています。WordPressでブログを運営しようとする人には非常に使いやすいサービスだと思います。

価格は2つのタイプに分かれます。

  • レンタルサーバータイプ(10個までのWordPressを設置可能)
  • クラウドタイプ(WordPressは一つだけだが、スケールアップ可能)
レンタルサーバークラウド
wpXレンタルサーバwpXクラウド
1,000円〜500円〜
(税別 / 月額 / 1年一括払いの場合)

良いところ

良い所はほとんどが速さの部分。管理画面、ユーザーへの表示などどれもが速いです。

  • 管理画面が速い(特に記事一覧が速くて気持ちいい!)
  • 多機能なXServerと比べ、管理がシンプル
  • DBバックアップがカンタン
  • 海外からの不正アクセスを標準でブロックされている
  • キャッシュプラグインに頼らなくても表示が早い
  • FTPでのデータ転送も可能
  • クラウドタイプならアクセス数に応じてサーバーの強化も可能

また管理画面がシンプルでわかりやすいのも特徴です。

wpXの管理画面

wpXの管理画面

悪いところ

  • ルートディレクトリが見えない。ルートディレクトリにファイルを置いたりすることはできない(画像の位置などが問題になる時も)

WTS的まとめ

あっさりとまとめてみましたが、悪いところは1つしか思いつきません。ルートディレクトリへのアクセスですが、置かなければならないファイルはほとんどありませんので悪いとも言えない点です。

sitemap.xmlもしっかりとパスを設定すれば、ルートディレクトリでなくてもGoogle Master Toolで反映されます。

wpXはいろいろなシステムを動かしたい人には向きませんが、WordPressを集中して使う人、パワーブロガー(月10万PV以上)を目指す人にはおすすめしたいサービスです。クラウドタイプならアクセスが増えても増強もできますから。

特に管理画面のサクサク感は一度なれてしまうと他のサービスには戻れません!

wpXレンタルサーバーの公式ページはこちら