スマホで便利に手軽に電力測定!BlueTooth対応のワットチェッカーが便利過ぎる件

ラトックシステム REX-BTWATTCH1 つないだところ

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

ハイパワーなゲーミングパソコンなんかを使っていると「いまどれくらい電気を使っているんだろうな~」と気にかかるときがあります。

たくさんのマシンのテストをしている月は、なんとなく電気代も高いし。いや、なんとなくじゃなくて明らかに高いんですけどね。素知らぬ顔をして嫁さんをごまかさないといけないので・・・

ということで、使用電力量を正確に調べようと、リアルタイムの消費電力をBlueToothでスマホに飛ばしてくれるハイテクマシン「ラトックシステム REX-BTWATTCH1 Bluetoothワットチェッカー」を購入!

さっそく使ってみるぞ!

スポンサーリンク

パッケージと本体

今回は値段の安さと納期の早さで、ソフマップYahoo!店から購入。このマシンけっこう人気があるようで、アマゾンだと品切れしているときも多いです。

 

高さは10cmほどで、片手で持てるサイズ。けっこう下側にプラグがありますね。

 

誇らしげ(?)にBlueToothの文字が。正面には液晶はなく、パワーランプのみです。

使ってみる!

さっそく使ってみます!

電源に挿し、さらに計測したい機材もつなぎます。接続すると緑色のランプが点灯。この時点ではまだ計測されていません。

 

次に受信したいパソコンもしくはスマホにアプリをインストールします。今回はWindowsマシンで行っています。AndroidやiOSを搭載したスマホやタブレットでも使用可能。Macは対応していないようです。

まずBlueToothの設定でワットチェッカーを検索、接続します。PINを要求されますが、初期設定は「0000」になっています。

 

正常に接続できたら、次に専用アプリからワットチェッカーを検索します。すぐに表示されました!

 

数値は

  • リアルタイム
  • 1時間単位
  • 1日単位
  • 1ヶ月単位

で計測可能!特にリアルタイムは1秒ごとに刻々と折れ線グラフが描かれて、見ているだけで楽しい!

 

今回計測しているのは先日レビューしましたIntel NUC Core i5。超小型で消費電力もかなり少ないです。アイドル状態では12~18Wで収まっています。Core i5を搭載して快適にWindowsが動くのに、LED電球程度という恐るべき省電力!

手のひらに乗るけど超快適なPC!Core i5を搭載したIntel NUC NUC7i5BNH レビュー
どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。 先日遠隔サーバー用に購入したCeleron J3455を搭載した「Intel NUC NUC6...

 

累計での表示も可能。1日の電気料金はわずか7円。1ヶ月動かし続けても300円以下で済みそうです(^o^)

 

エコを気にする人にもうれしいCO2排出量も換算してくれます。

WTS的まとめ

以前に液晶画面付きのものを買ってはいたのですが、非常に見づらく、見に行くのも面倒でほとんど使いませんでした。

ラトックシステム REX-BTWATTCH1はスマホですぐに見られますし、数値の保存も可能。エアコンや冷蔵庫などの電力が気になる機器の計測もお手軽にできます。

使用電力量がわかれば、効率的な節約もできそうです!