アンテナが無くなり大幅にコンパクト化!Wi-Fi 6対応中継器TP-Link RE600X レビュー

こんにちは、太田アベル(@LandscapeSketch)です。

Wi-Fi電波がイマイチ弱いな~と感じることはよくあります。

より強力なアンテナを持つルーターに買い替えるのも手ですが、なかなか高価ですし、ルーターの再設定もめんどうです。

そういう場合には、「Wi-Fi中継器」を使って範囲を広げるのも良い手段です。

Wi-Fi中継器はその名の通り、親機からの電波を中間で受け増幅して端末に届けてくれる装置。ルーター1台では電波の届きにくい3階や、入り組んだ部屋などに設置すると、電波を補強してつながりやすくしてくれます。

TP-Linkから販売されている「RE600X」はコンセントに直差しできる小型ボディと、Wi-Fi 6にも対応した1201 + 574Mbps(AX1800)の高速通信が可能。

Wi-Fiの速度を保ったまま、電波範囲をグッと広げてくれます!

さっそく使い勝手をご紹介します!

  • コンパクトで配線コードのない、スッキリしたボディ
  • 白くて清潔感のある色
  • 最新規格Wi-Fi 6 AX1800(1201 + 574Mbps)に対応
  • スマホでもカンタン設定
  • Wi-Fiを有線LANにコンバートもできる

TP-Link RE600Xの公式サイトはこちらから

デザイン

デザインを見ていきます。

本体は明るいスッキリとしたホワイトです。前面には三角形にラインが通っていて、モダンな雰囲気。

 

 

ステータスLEDランプは側面付近にあります。

 

 

LEDはブルー。

 

正面から見て左側面は通気スリットが空いています。

 

正面から見て右サイドには、WPSボタン、有線LANポートを装備。

RE505Xではカギのマークのみでちょっと分かりづらかったWPSボタンですが、RE600Xでは「WPS」と大きく書いてあり、わかりやすくなりました。

 

裏面にはコンセントのみ。

 

必要な機能コンパクトにまとまっていますね。

先代モデルと比較

先代機種であるRE505Xと比較していきましょう。

手前 RE600X / 奥 RE505X

 

まず見てすぐに分かるのがアンテナの有無。RE505Xはしっかりした太さのアンテナが左右に付いていますが、RE600Xはアンテナが完全になくなりました。これでも十分に電波を取れるのはすごいですね。

左RE600X / 右RE505X

前面はRE505Xはツルツルのフラットでしたが、RE600Xには三角形に面が付けられています。好みの問題ですが、僕はRE600Xのほうが近未来感を感じて好きですね。

ツルツルの面はキズがつかないか気になってしまう性格です。

 

本体の厚みも2/3ほどになり、カベのコンセントに差してもそれほど出っぱりません。スマートです。

本体の厚さは約半分に

 

最高通信速度は、RE505XがAX1500だったのに対し、RE600XはAX1800。2.4Ghz側の最高速度がアップしています。

設定はカンタン

親機にWPS機能があれば、

親機をWPS待機状態にする → RE600XのWPSボタンを押す

というカンタン操作でWi-Fiに登録することも可能です。これが一番カンタンな方法です。WPS接続が使える場合はまずそちらを使ってみてほしいと思います。

 

WPSが無ければ、親機SSIDとパスワードを調べ、「TP-Link Tether」アプリを使って接続する必要があります。

まったくの初心者の方は、「SSID」や「IPアドレス」など見慣れない言葉が出てきます。調べながら設定すると、それなりに時間はかかってしまうかもしれません。できればWPSの接続方法を知っておくか、信頼できる詳しい人に接続をお願いするのもいいかもしれません。

 

今回は親機として同メーカーのDeco X20に接続しました。(RE600Xはどのメーカーのルーターでも汎用的に使えます。特にメーカーをそろえる必要はありません。)

 

設定は1つの機能ごとに画面が切り替わり、はじめてでもそれほど迷わず設定できるはずです。設定はゆっくり行ってもたぶん10分もあれば完了できると思われます。

 

 

TP-Link OneMesh™に対応

手持ちのルーターが「OneMesh™」に対応している場合、ルーターとRE600Xがまるで1つの機器のように動作します。

通常のルーターでは、親機とRE600Xの両方に接続設定をしなくてはなりません。また、電波が弱くなった場合、近くの中継器に再接続する必要があります。

しかし、OneMesh™に対応していれば、端末には親機1つの登録をするだけでOK!電波の強さによって自動的に接続先が切り替わり、家中のどこを歩いても常に強い電波を受けることができます。

とても便利です!

TP-Link製品でOneMesh™対応の機器は、こちらのページで確認できます。

(※今回テストに使用している親機「TP-Link Deco X20」はOneMesh™は非対応です)

速度チェック

今回はTP-Link Deco X20ルーターにRE600Xを接続し、LAN内のNASにiSCSIで接続。その速度をベンチマークしてみました。

有線接続では100MB/sほど出ていますので、およそ半分の速度をWi-Fiで実現できているという状態です。これはWi-Fiとして速いほうです。

 

またルーターから離れていて、いつもは電波が2本ほどしかない部屋にRE600Xを置いたところ、しっかりと強い電波を拾うことができました!

スペック

ハードウェア

機能スペック
ポートギガビットポート×1
ボタンWPSボタン、Reset(初期化)ボタン
消費電力10.8W
寸法(幅 X 奥行き X 高さ)78×36×149 mm
アンテナ内蔵アンテナ×2

通信機能

規格スペック
ワイヤレス規格IEEE 802.11a/n/ac/ax 5GHz, IEEE 802.11b/g/n/ax 2.4GHz
周波数範囲2.4GHz及び5GHz
信号レート2.4GHz:574Mbps / 5GHz:1201Mbps
受信感度5GHz: 11ax HE80 MCS0: -87dBm, 11ax HE80 MCS11: -56dBm 11ax HE40 MCS0: -90dBm, 11ax HE40 MCS11: -60dBm 11ax HE20 MCS0: -93dBm, 11ax HE20 MCS11: -64dBm 11a 6Mbps: -93dBm, 11a 54Mbps: -75dBm 11ac HT20 MCS0: -93dBm, 11ac HT20 MCS8: -70dBm 11ac HT40 MCS0: -90dBm, 11ac HT40 MCS9: -66dBm 11ac HT80 MCS0: -87dBm, 11ac HT80 MCS9: -62dBm 2.4GHz: 11ax HE40 MCS0: -92dBm, 11ax HE40 MCS11: -62dBm 11ax HE20 MCS0: -94dBm, 11ax HE20 MCS11: -64dBm 11g 54Mbps: -77dBm, 11n HT20 MCS7: -75dBm 11n HT40 MCS7: -72dBm
発信パワーCE: 2.4GHz ≤16dBm, 5GHz ≤21dBm
ワイヤレス機能WiFiのオン/オフ、 ワイヤレス統計
ワイヤレスセキュリティWEP, WPA, WPA2, WPA3

WTS的まとめ

だいぶ小型化しアンテナもなくなったので、カベに設置してもそれほど存在感を感じなくなりました。

有線LANへコンバートもできるので、ネットワークTVやビデオレコーダーなど、有線LANしか装備していない機種をWi-Fiに参加させることができます。そのような用途でも非常に役立つはずです。

コメント