柔軟な2-in-1スタイルをビジネスパソコンにも!ThinkPad X1 Yogaレビュー!

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日ThinkPad X1 Carbonを買ったという記事を書きましたが、今日は兄弟機とも言える2-in-1パソコン、ThinkPad X1 Yogaを借りてきました!

ThinkPad X1 Carbonにタッチとペンを加えて使いやすさを拡張し、さらに360度回転してタブレットに変形してしまうという柔軟性も備えた、ビジネス最前線で使えるマシンだった!

記事中の商品/サービス

スペック

今回のテストマシンはCore i7、8GBメモリ、高解像度ディスプレイを持つ上級グレードです。

項目スペック
OSWindows 10 Home 64-bit
CPUIntel Core i7-6500U (2コア / 4スレッド)
メモリ8GB
メモリスロット (空きスロット)– (-)
グラフィックスLED バックライト付 14.0型 WQHD IPS液晶 マルチタッチパネル(10点)
グラフィックスIntel HD Graphics 520 (Lenovo)
ストレージNVMe 250GB SSD
光学ドライブなし
ディスプレイ14インチ
解像度2560×1440ピクセル
ポート類USB 3.0 x 2、Powered USB 3.0 x 1、Lenovo OneLink+ x 1、miniDisplayPort x1、HDMI x1
Bluetoothあり
無線LAN(Wi-Fi)802.11 ad
有線LANオプション付属(OneLink経由)
サイズ約 333x229x15.3-16.8mm
重量約 1.18kg

デザイン

いつもながらシンプルなThinkPadテイスト。全てがマットな黒でまとめられワンポイントのThinkPadロゴが光ります。ちなみにこのロゴの赤丸は、電源ONすると光ります。

ThinkPad X1 Yoga Review 002

ありえないほどの強度を持つカーボンボディ

ビジネスバッグに書類とともに放り込まれ、電車でギュウギュウ押されながら運ばれ、会社では何時間も激しく使用される・・・そんなハードな使用環境を想定しているThinkPadシリーズ。

ThinkPad X1 Yogaを見ていると「この薄さで耐えられるのか?」と気になりますが、問題ありません。この薄さでも十分な強度を得るために「カーボン」が使われているのです。

F1マシンさえも上回る最高級クラスのカーボン素材が採用され、アルミの板がへこむほどの鉄球をぶつけても大丈夫!さらに本体内部には、これまた軽く固いマグネシウム合金の骨格が入っています。

MIL-SPEC(アメリカ軍用の耐久度テスト)をクリアしてしまうという強さを持っています。

ThinkPad X1 Yoga Review 005

ディスプレイ

ディスプレイは14インチ。小さすぎず大きすぎない、ちょうどよい大きさ。

タブレットモデルはほとんどが光沢タイプになりますが、ThinkPad X1 Yogaはハーフグレアという感じ。完全にツルツルではなく、少しサラッとしています。手触りもサラサラ。

ThinkPad X1 Yoga Review 009

この処理のおかげで、光がギラギラと反射しないので屋外の作業もしやすそう。ビジネスを考えられていますね。

タブレット型

ディスプレイはグルッと360度回転して、すぐタブレット型に変形。ThinkPad X1 Carbonは180度までしか開きませんから、ここが大きな違いになります。ただ14インチなので、タブレットとしてはかなり大きく感じます。

ThinkPad X1 Yoga Review 014

 

X1 Carbonとはヒンジが少し違いますね。
上がThinkPad X1 Carbon、下がThinkPad X1 Yoga。

ThinkPad X1 Yoga Review 003

 

おもしろいギミックとして、タブレット状態になるとキートップが引っ込み、かなりフラットな状態に!これはすごい機構ですね。

ThinkPad X1 Yoga Review 012

 

さらに、机に上においた時に少し角度がつくように、キーボードの左右からこんな小さなゴム足がせり上がってきます。芸が細かい!

ThinkPad X1 Yoga Review 013

今回のレビュー商品

タブレット レビュー ノートブックパソコン レビュー レビュー
スポンサーリンク
あとで読むときはポチッ!▼
WorkToolSmith [ワークツールスミス]