わずか5cm四方の小ささなのにノートパソコンまで高速充電!”GaN”採用 RAVPower 61W USB Type-C PD充電器

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

USB Type-Cポートを採用したスマホ、タブレット、パソコンが増えてきました。楕円形で裏表のないタイプですね。

 

例えば新iPad Pro、MacBook、ThinkPad X1 Carbonなどが採用しています。Amazonの新しいFire HD 10もUSB Type-Cポートに変更されました。

USB充電は汎用性が高いので、とても便利です。

ですが高い電力の機器を充電するためには、USB充電器といえどもサイズは大きくなります。

例えばThinkPad X1 Carbonで使えるUSB Type-C充電器(下写真)。縦横7cmほど、厚さは3cmの大きさがあります。いままでのパソコン用ACアダプタとさほど変わりません。

この大きさで電力は45Wです。

 

さて、そこに現れた新素材が「窒化ガリウム(通称GaN)」。

理論はさっぱりわかりませんが、とにかく高効率で電力を変換でき、アダプタの高出力、小型化が可能!という素材。

でもそんな夢のような素材でも、実際の製品にならないと信じられないよね~・・・と思っていたら発売されました!

それが今日買ってきた「RAVPower PD PIONEER 61W WALL Charger」です!

マジで小さい!しかも61W!

さて届きました!

本当に小さい!縦横5cm、厚さは3cm。ご覧のように電源端子を折り畳めるので非常にコンパクト!

 

Lenovoの充電器と比べると、その差は歴然。

しかもこれでLenovoの充電器よりも高い電力61Wを出力できるんです!

すっげーぞ窒化ガリウム!

 

ただしポートはUSB Type-Cの1ポートのみ。充電できるのは1台ずつになります。

iPad Proの充電がメチャ速い!

iPad Pro、ThinkPad X1 Carbon、MacBook Proを充電してみました!

まず充電はどれでも正常にできました。

ちなみにパソコンへの充電は、通常のUSB充電器ではほぼできません。できたとしても「電源OFFの状態のみ」可能です。電源ONの状態では充電ではなく単なる給電となります。

RAVPower 61Wは、充電しながらパソコンが使用できます!

この小ささなのに!

 

で、さらに充電時間

iPad Proを7%のレッド状態から充電してみました。そうしたら、ものの10分で35%を突破!さらに30分で75%まで回復!(定期的な目視ですので厳密ではありません。およその時間です)

ものすごい速さです。純正の充電器を超えています。

61Wという高電圧はだてではありません。

 

USBなのでケーブルを変換すればスマホ、タブレット、USB音響機器など、なんにでも充電できます。電圧はそれぞれの機器に合わせて選ばれますので、電圧が高くても心配ありません。

つまり、スマホ、タブレット、パソコンまで、USB端子の機器すべてをこの小さな充電器一台でまかなえるんですね!これはトピックですよ。

荷物が多くなる旅行には特にうれしい!

ケーブルにも注意

高速充電をするにはケーブルにも注意が必要です。

具体的には「PD(パワーデリバリー)」規格に対応したものが必要です。安いケーブルでは高い電力は通せません。

PD対応のものは、普通のケーブルより少し高額になります。(だいたい1,200円~1,800円ぐらい)

下の写真はPD 100W対応の高品質ケーブル。ちょっと柄が気持ち悪いですが、パソコンにもしっかり充電できます。

WTS的まとめ

機器がダウンサイジングできるのはうれしいですね!

子育て中は特に荷物だらけになりますから、こういう小さくて高機能なアイテムが出ると、すぐに買いたくなります。

値段はちょっと高めですが、機能からすれば安いと思います。

コメント