ノートPCなのにデスクトップ用チップを積んだモンスター NEXTGEAR-NOTE i71000の冷却システムとは

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日からレビューしていますノートにデスクトップ用チップを積んでしまった、G-Tuneの驚愕のモンスターノートNEXTGEAR-NOTE i71000

今日は本体の冷却機構についてレビューしていこうと思います。

スポンサーリンク

底面全体で吸気を行う

NEXTGEAR-NOTE i71000は底面全体に多数のスリットを備え、大量の冷却空気を取り込むシステムになっています。

NEXTGEAR-NOTE i71000 Review 036

 

冷却ダクトは主に底面奥側に集中しています。CPUやGPUなど、高温が発生する部分を奥に押しやることで、2つのメリットが生まれます。

NEXTGEAR-NOTE i71000 Review 034

1,最短距離での吸排気

底面奥から吸い上げた空気を、CPU、GPUに直接当て、最短距離で排気することができます。

これによりより高速に空気を循環させることができる=より効率的な冷却をすることができるのです。

2,パームレストの熱が抑えられる

次に使うユーザーのメリットです。

熱源が手前にあると、手のひらを置くパームレスト部分やキーボードに熱が伝わり、非常に不快な感覚を生みます。

NEXTGEAR-NOTE i71000 Review 009

 

僕の経験した機種の中では、数年前のLet’snote B11がそうでした。手前左側に熱の発生する部分があり、ちょっと作業しただけで手のひらが温まり始めます。夏でもカイロの上に手を置いているような感触で、かなり不快でした。

 

NEXTGEAR-NOTE i71000は奥側に熱源を集めることで熱の伝わりを少なくし、快適に使用できるということです。

実際、ベンチマークを回しながら使ってみましたが、パームレスト部分はほとんど温まらず、快適でした。

WTS的まとめ

「高温注意」のシールが貼られてしまうほど熱を発生する本機ですが、強力な冷却機構を盛り込むことで、熱ダレを防いでいます。

性能最優先ではなく、ユーザーの快適性までも考えらていて、非常に好感が持てますね!

NEXTGEAR-NOTE i71000 Review 020

”デスクトップ用の” Core i7-6700、GeForce 980を搭載したモンスターノート!

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i71000
キャンペーンページはこちらから!

i71000 公式画像