NEXTGEAR-NOTE i5710のベンチマークテスト その2 基本性能も充実

先日からレビューしている、G-Tune(マウスコンピュータ)の15インチ ゲーミングノートNEXTGkEAR-NOTE i5710

引き続き第6世代 “Skylake” CPUと、GeForce GTX 970Mでのベンチマークを取ってみようと思います。

スポンサーリンク

スペック

前回の繰り返しになりますが、再度スペックを掲載しておきます。

項目スペック
OSWindows 10 Home 64-bit
CPUIntel Core i7-6700HQ (4コア / 8スレッド)
メモリ32GB
メモリスロット (空きスロット)4 (0)
グラフィックス 1Intel HD Graphics 530
グラフィックス 2NVIDIA GeForce GTX 970M (3GB)
ストレージSATA 1TB
ストレージSSD 250GB
光学ドライブなし
ディスプレイ15.6インチ
解像度FULL HD (1920×1080 / LED / IPS)
ポート類USB3.0 x4、HDMI x1、mini DisplayPort x2、カードスロット
Bluetoothあり
無線LAN(Wi-Fi)802.11 b/g/n
有線LANあり
サイズ385×275×27 (折り畳み時)
重量約 2.5kg

MaxxMEM

今回からDDR4になったメインメモリ。ベンチマークを見てみましょう。

i5710 ベンチマーク ベンチマーク-008

コピーは27GB/s、リードは18GB/s、ライトは24GB/sと、DDR3から一段階速くなっています。普段の軽作業では体感できるほどの違いはないと思いますが、動画編集や画像編集など大容量メモリを使用するソフトは確実に速くなるはずです。

ゲームでも速くなるのか?という議論がありますが、体感できる違いはありません。

また、NEXTGEAR-NOTE i5710は、ノート型ながらなんと最大64GBものメモリを搭載可能です。デスクトップでしか編集できなかった大容量動画がノートで編集できる時代になりました!

ゲーミングマシンではなく、モバイルワークステーションとしての使い方でもいいでしょう。

3DMark 11

最新ではない3DMark  11でもベンチマークしてみました。

i5710 ベンチマーク ベンチマーク-011

DirectX 11世代のベンチマークソフト。ここでもGTX 970Mの能力は遺憾なく発揮されています。

数年前のデスクトップ・ゲーミングマシンでも少々カクつくことがあるのですが、ノートでモバイルGPUなのに実になめらかに映像を作り出していました。まだまだ現行のゲームはDirectX 11世代が多いので、この結果は非常に重要だといえるでしょう。

WTS的まとめ

メモリ周りの高速化はクリエイターにはうれしい要素でしょうね。特にPremiere、AfterEffectsなどの動画編集にはかなりの効果を発揮するはず。最大64GBメモリはすごいなぁ。

 

■掲載ベンチマーク結果についてのご注意■

ベンチマーク結果は選択したスペックによって大きく上下します。また機材の入手時点(記事の掲載日付は最上部に掲載)での結果となりますので、掲載から時間が経っている場合はマイナーチェンジ等により数値が変わることがあります。

上記は入手した機材において個人的に計測したもので、メーカー公式発表ではありません。目安としてお考えください。