軽くて持ちやすい!使いやすさ重視のノート LuvBook Jを体験レビュー マウスコンピュータ

マウスコンピュータから販売されている13インチの軽量ビジネスノートLuvBook Jを入手しました!

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

シルバーのシンプルなデザイン、1.4kgという軽さ、使いやすさ重視のキーボード、そして59,800円(税別)からという価格もみどころ!

スポンサーリンク

スペック

まずはいつも通りスペックを眺めてみましょう。

今回はCore i7を搭載する上位グレード。
SSDも512GBの大容量を装備し、スピードもあります。

項目スペック
OSWindows 8.1 Update 64-bit
CPUIntel Core i7-4510U (2コア / 4スレッド)
メモリ8 GB
メモリスロット (空きスロット)2 (0)
グラフィックスIntel HD Graphics 4400
ストレージSSD 512GB
光学ドライブなし
ディスプレイ13.3型 ノングレア
解像度WQHD (2,560×1,440/ LEDバックライト)
ポート類USB2.0x2、USB3.0x1、D-sub x1、HDMI x1
BlueToothあり Bluetooth V4.0
無線LAN(Wi-Fi)あり IEEE 802.11 b/g/n
有線LANあり 1000Base-T
サイズ326 x 231 x 23.6 (mm)
重量1.4kg

質実剛健

見た目は黒いプラスチックとシルバーのアルミパネル部分があり、スッキリと引き締まって見えます。ビジネス使用を念頭に置いているためむやみな飾り気はありません。

LuvBook J Review 015

 

硬質でシルバーと黒のコントラストが強いデザインはいかにも仕事用!という感じで、好きな人も多いはず。

LuvBook J Review 002

キーボードは使いやすい

キーボードはノートとしては深めのキータッチで、反発も適度。キーピッチ(キーの大きさ)も十分。打ちやすいキーボードです。

LuvBook J Review 013

ただ、右側のキーが通常より少し長くなっているものがあり、Enterを打とうとすると小指があたってしまう場合がありました。ここはもう少し工夫してほしいところ。

LuvBook J Review 008

タッチパッド

タッチパッドは流行の1パネルタイプをあえて採用せず、従来通りの1パネル+2ボタン。

LuvBook J Review 009

 

どこでクリックしたら良いかわからない1パネルタイプより、ボタンがしっかりわかります。不意にパネルを押しこんでしまいミスクリックすることもありません。

ビジネスマンなど忙しく操作する人はこちらのタイプのほうが適しています。

十分なポート類

もう一つビジネスで使う上で重要になるのは入出力ポート

こちらも必要十分な数で搭載されています。USBは2.0、3.0合わせて3ポートを装備。USBメモリ、マウス、カードリーダーなど同時に使用できますね。

LuvBook J Review 006

 

映像出力に関してもHDMIはもちろん、旧来のVGAポートも備えます。

古いプロジェクターはVGAポートしかないものも多くあります。いざプレゼンで使おうとしたらポートが合わず使えない!という事態を防げますね。

LuvBook J Review 004

価格もポイント

価格もポイントです。

もっとも手軽なモデルわずか59,800円からとコストにきびしい会社で導入する際にも検討しやすい価格です。

今回レビューしているCore i7、デュアルストレージの豪華なモデルも13万円前後で購入可能。虚飾を排し、実用に徹しているからこそできる低コストです。

WTS的まとめ

どのように使われるのか?が良く考えられているノートです。

余分なソフトもなく、余分な飾りもなく、余分な機能もありません。いつも持ち歩いてガシガシ使う「道具」として作られていると感じました。

社内導入に適した一台だと感じます。

LuvBook Jシリーズのキャンペーンページはこちら!

マウスコンピューター/G-Tune

luvbook j 見本