なぜ持ち運べるVRマシンの”決定版”と言いきるのか!?便利なG-Tune LITTLEGEAR

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

VR(ヴァーチャルリアリティ)ゲームが盛り上がってまいりました!僕も先日、Oculus Riftを入手して、ガンガン遊びまくりテスト中です!

DSC06077 (1).JPG

そんなVRゲーミングに最適なマシンとして、またまた当サイト(WorkToolSmith)とのコラボレーションパソコンが登場です!もちろん作ってくれたのは、おなじみG-Tune。


※モニタは別売りです

今回のテーマは持ち運べるVRマシン、しかもノートではなく楽に持ち運べるハイスペックデスクトップを作る!という意味不明な企画を打ち立てました!見どころを紹介します!

スポンサーリンク

スペック

スペックです。
詳細についてはこの後解説!

項目スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-6700 プロセッサー (4コア/3.40GHz/TB時最大4.00GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックスGeForce® GTX™ 1070(8GB)
メモリ16GB PC3-12800 (8GB×2/デュアルチャネル)
M.2 SSD256GB Samsung SM951 NVMe対応 M.2規格
SSD480GB Serial ATAIII
チップセットインテル® H110 Express
電源700W 【80PLUS® GOLD】

スペック解説

ではそれぞれの装備を解説していきます。

CPU

まずCPU。こちらはCore i7-6700です。あえて「K」なしを選択しました。

高クロックはもちろん必要なのですが、LITTLEGEARの狭い筐体では熱処理が難しくなります。高音になる=ファンの騒音へと直結してしまいます。VRにはCPUよりもGPUパワーのほうが重要になるため、無印6700を選択しました。

グラフィックボード

グラフィックボードは最新のGeForce GTX 1070を選択。

なぜ1080ではないの?と思われるかもしれませんが、一つはコスト低減。なるべく手軽な価格でVRを手にしてほしい!という考えから、VRに対して十分なパフォーマンスを持ちながら、1080より3万円近く安いGTX 1070にしました。

そしてCPUと同じく、筐体が狭いので熱量がちょっとでも少ないGTX 1070がいいであろう、と考えました。これは実際大当たりで、実機で動かしてもアイドル時はビックリするほど静かです。

LITTLEGEAR GTX 1070 Review 003.jpg

 

VRのベンチやゲームプレイでは処理落ちやコマ落ちはほぼ見られず、最新VRゲームに対してのパフォーマンスは十分です!

LITTLEGEAR GTX 1070 Review 002.jpg

ツインSSD

ストレージはシステム側もデータ側もSSD!

このツインSSDは最近の僕のこだわりです(解説記事はこちら)。特にVRのような、データ量の多いゲームプレイでは、HDDは待ち時間が長すぎてイライラします。

 

ちなみに、VRではゴーグルをかぶるのでHDDランプが見えません。「ロード中」の画面になったら、ただひたすら黒い画面を見続けることになります。これ、実際やってみるとすごく長く感じます。

いままではアクセスランプの点滅で「HDDが働いている感」がありましたが、VRでは待つしかないので遅さだけが際立ちます。

その点SSDなら問題なし。メインディスクにはシーケンシャル読み込み2000MB/sを誇る、Samsung SM951 NVMe対応SSDを選択。待ち時間を劇的に少なくしています。

電源の強化

最後のこだわりはこれ。電源です。

700Wの高出力タイプで、さらに80PLUS GOLD認証を得たものを選択。

80PLUS GOLDで効率が高まっている上に、システム全体としても350W前後の低消費電力のパーツでまとめることで、電源に大きな余裕ができ、これがまた熱の低減につながっています。

大きな騒音源である電源ファンを低回転に押さえ込みます

動かした人だけが分かる静かさです。

楽に持てる!

そして、LITTLEGEARをVRに推す一つの理由がこの「ハンドル」!

マウスコンピュータ LITTLEGEAR Review 008

 

なんと持ち運ぶための上部なハンドルが付いています。抱えると結構重さを感じるのに、このハンドルがあるだけで結構軽く感じます。力の作用っておもしろいですね~。

普通のタワーでは、本体を抱えて運び、そのあとVR機材を運ぶという流れになりますが、LITTLEGEARなら一気に両手に持つことができ、一度で運搬できます!

VRイベントで活躍すること間違いなし!

マウスコンピュータ LITTLEGEAR Review 006

買いやすい価格

最後の決め手は価格ですね!

これだけの装備で、189,800円(税別)です!
そう、20万円どころか19万円を切っています!

同じ装備で自作したとしてもこれと同等、もしくは逆に高くなると思います。全部セットで、保証もついて、これ以上何もしなくてもVRが快適なコンパクトパソコンが、この価格です。

我ながらいいバランスだと思っています。(笑)

WTS的まとめ

だいぶ細かく説明してきましたが、一口で言うなら「パワフルで静かで持ち運びしやすいVRマシン」です!

現状のVRゲームなら全て快適に動きましたし、かなり静かです。マニアほど驚く静粛性だと言ってもいいかもしれません。

快適でコンパクトなVRマシンを検討中なら、ぜひこれにしてください(笑)。特に他を検討する必要はありません。

 

 

G-Tune LITTLEGEAR WorkToolSmithコラボレーションモデル
詳細はここをクリック!