薄い!さらにド派手なLED演出とパワフルなゲーミングパワー! Lenovo Legion 750i

こんにちは、太田アベル(@LandscapeSketch)です。

他社より少し安価な設定ながら充実したゲーミング性能を持ち、さらにド派手なLEDで気分も盛り上がる!Lenovoの最新ゲーミングノート「Lenovo Legion 750i」がやってきました!

今回メーカーから体験記をお借りできましたので、さっそく詳細をお伝えしていきます!

  • 最新Intel第10世代CPU搭載
  • ノートで最高クラスとなるNVIDIA GeForce RTX 2080搭載
  • ド派手なLED演出
  • 色がしっかり見えるIPSディスプレイ

デザイン

デザインを見ていきましょう。

箱からしてけっこう凝っていますね。LEGIONの文字がテカるインクで印刷されています。

グレーで統一された外装。電源を入れない状態では比較的落ち着いた印象です。

Intel Core i7-10750Hという6コア12スレッドのCPU、GeForce RTX 2080 Max-Qというノート最高クラスのグラフィックチップを搭載している割に、薄型です。厚さは19.9mmで、3~4cmほどもあった少し前のゲーミングノートPCと比べると、驚くほど薄型といってもいいほど。

天板にはLEGIONのロゴがしっかりと刻まれています。またカメラ部分にもよく見るとLEGIONのロゴが!芸が細かい。

ディスプレイ

ディスプレイは15.6インチIPSディスプレイ。IPS液晶は上下左右どこから見ても色が鮮明で、正確に見えます。

解像度は フルHD (1920 x 1080ピクセル)。リフレッシュレートは240Hzの高速液晶タイプ

さらにDolby VisionDisplayHDR 400に対応し、HDRに対応したゲームや対応動画なら、より深みのある色合いで映像を足しむことが可能です。

ディスプレイは180度開くことが可能。

キーボード

キーボードは キーボードは10キー(数字キー)も備えたフルサイズタイプ。10キーはエクセルや家計簿など、数字を多く入力する場面で非常に便利です。またゲームによってはアイテムやアクションを割り当てることができ、行動をすばやくしてくれます。

ただ、エンターキーや特殊キーの一部で、キーがくっついていたり標準的でない並びがあります。最初はとまどうものの、しばらく使えば慣れていくはずです。

ド派手なLED演出

本体全体にこれでもかとLEDが搭載され、ゲームの気分を盛り上げます!

まず天板のLEGIONのロゴの、Yの部分が光ります!

まず本体手前。なんと裏側にLEDバーが!手前に光がもれ出します!

そして排気口にまで!

もちろん色替え、アニメーション可能!

キーボードにもLEDバックライトが全面に搭載され、専用ソフトでキーひとつひとつに自分好みの色を割り当てることも可能です。

流れるようなアニメーション、雨が降るようなアニメーションなど、気分が盛り上げる演出もカンタンに設定可能!これだけで欲しくなるわ。

専用ソフトは直感的で、好みの演出ができます。

もう派手すぎて・・・大好きです。絶対に見せて回りたくなるやつだこれ。

タッチパッド

タッチパッドは1プレートタイプ。左下/右下を押し込むことで左/右クリックが可能です。タッチパッドも同色で、統一感があります。

複数の指でスクロールなどが行えるジェスチャー操作にも対応しています。

ベンチマーク

3DMark

ゲームベンチマークとして、ほぼ業界標準となっている3DMarkにてテストをしました。

ベンチマークスコア
Sky Diver43346
Night Raid40771
Fire Strike18570
Fire Strike Extreme9962
Fire Strike Ultra5346
Time Spy8007
Time Spy Extreme3810
Port Royal5203

GeForce 2080のパワーでかなり重量級となるテストでも60fpsをたたき出します。以前はデスクトップの大型グラフィックボードを使わなければならないようなゲームも、この薄さでプレイできるレベルになってしまいました。

また、リアルタイム・レイトレーシングとなるPort Royalも、多少カクツキが感じられるものの、しっかり再生できています。底力がすごい。

ファイナル・ファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ (FF16)

ファイナル・ファンタジー16は最新技術を多数使っていて、重めのゲームです。最新技術のサポートがどのくらいあるのかを確かめることができます。

設定スコア快適度
フルHD / 最高品質16551非常に快適

フルHD (1920 x 1080ピクセル)の最高画質設定としても、非常に快適という最高スコアを出せます。ほとんどのゲームを高画質で遊べそうです。

Passmark

PassMarkでPC全体の能力を計測してみました。

ベンチマークスコア
PassMark Rating (総合スコア)6670
CPU Mark16183
2D Graphics Mark855
3D Graphics Mark12884
Memory Mark3323
Disk Mark24780

強力なデスクトップPCに匹敵するほどのスコアです。

ゲームはもちろん、グラフィック処理にも十分対応できるクリエイターマシンです。

PCMark 10

システム全体の性能を計測するテストです。

テストスコア
Essentials9686
Productivity8454
Digital Content Creation4934

こちらも強力なデスクトップPCに匹敵するほどのスコアです。

ゲームはもちろん、グラフィック処理にも十分対応できるクリエイターマシンです。

CineBench R15

CPUとOpenGL能力を計測するChineBench R15で性能テストをしました。

テストスコア
OpenGL123.23 fps
CPU1278 cb

CPU単体でも十分に高速で、パワフルです。

CineBench R20

CPUのレンダリング速度を計測するChineBench R20で性能テストをしました。

テストスコア
CPU2897 pts

6コア/12スレッドのパワーで、一気にテストが終了していきます。気持ちがいい!

ポート類

ポート類はデスクトップパソコン並に揃っています。

USB 3.0 Type-C、USB3.1 Type-C(Thunderbolt™3)、USB 3.0、USB 3.1 x2、HDMI、有線LANのコネクタが、サイドと背面に備わります。ディスプレイやキャプチャーボードなど、複数の機器を接続できます。

ファンの騒音

薄型ボディに高温になるチップを搭載しているので、プレイ中はさぞかし騒音が・・・と心配していましたが、それほどではありません。

過去のハイスペックノートは、高温になると耳を塞ぎたくなるほどの騒音でしたが、LEGION 750iは耳にはつきますが音質が低音で、それほど耳に刺さってきません。

もちろん事務処理用のノートPCで比べればあきらかな騒音がありますが、このクラスでは十分に抑え込んでいます。

スペック

今回紹介しているモデル:Legion 750i 15IMH05 (Lenovo Legion 7 15IMH05)

機能詳細
CPUIntel Core i7-10750H
CPUコア/スレッド数6コア / 12スレッド
ベース周波数 / ターボブースト周波数2600 MHz / 5000 MHz
メモリ32 GB
メモリスロット (空きスロット)
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 2080 (8 GB)
ストレージ1024 GB SSD (NVMe)
OSMicrosoft Windows 10 Home
光学ドライブなし
ディスプレイ15.6インチ
解像度1920 x 1080ピクセル
ポート類USB 3.0 Type-C、USB3.1 Type-C(Thunderbolt™3)、USB 3.0、USB 3.1 x2、HDMI、有線LANのコネクタ
有線LANあり
サイズ (W×D×H)mm約 359.3x259x19.9mm
重量約 2.25kg

WTS的まとめ

非常に高機能で最新ゲームも十分な画質でプレイ可能。さらにド派手な演出が所有欲を存分に満たしてくれるでしょう!

クーポンキャンペーン中なら、40%以上の割引がされることもあり、価格的にも非常に魅力的です。

薄型で高機能なゲーミングPCを探していたら、必ずチェックしたい機種です。

コメント