真っ赤なフェイスが熱い!ゲームもこなすハイコストパフォーマンス HP Pavilion 550-140jp/CT レビュー

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

今日はHPから販売されているミドルタワー型デスクトップパソコン「Pavilion(パビリオン) 550-140jp/CT」のレビューです。

強烈に目を引く真っ赤なフェイスパネル静音性にも気を配った独自設計のボディを採用しながら、コストパフォーマンスにもすぐれているバランスの良い一台!

スポンサーリンク

スペック

今回のモデルのスペックです。

レビュー機はCore i7-4790とnVidia GeForce GTX 750グラフィックスカード(オプション)を搭載した最上位グレードです。

項目スペック
OSWindows 10 Home 64-bit
CPUIntel Core i7-4790 (4コア / 8スレッド)
メモリ16GB
メモリスロット (空きスロット)2 (0)
グラフィックスNVIDIA GeForce GT 730 (4GB)
ストレージSSD 256GB
ストレージSATA 1TB
ストレージSSD 1TB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
Bluetoothオプション
無線LAN(Wi-Fi)オプション
有線LANあり
サイズ165 x 364 x 378 mm (幅、高さ、奥行)
重量6.5kg

コンパクト

Pavilion 550-140jpはタワー型ではあるものの、幅が16.5cm、高さが36cmと他のタワー型と比較するとかなりコンパクト。他のメーカーのタワーでは幅が20cm以上のものが多いのですが、そこから3.5cmも細い。
HP Pavilion 550-140jp Review 002

少しでも小さいのはうれしいですね。

重量も6.5kgなので女性でも持ち運べる重さです。設置もラクでしょう。

真っ赤なフェイスパネル

かなり目を引く真っ赤なフェイスパネル。派手ですが少しワイン色が混ざったような赤で、落ち着いて見えます。おもちゃのような赤さではありません。
HP Pavilion 550-140jp Review 001

表面にはドット状にへこみを付けてあり、さらっとした感じを出しています。
HP Pavilion 550-140jp Review 006

シンプルなサイドパネル

サイドパネルは左にはまったく穴がなく、右のみに通気口が開いています。
HP Pavilion 550-140jp Review 007

左側にモノを置いても通気を妨げません。左を壁にピッタリと寄せる設置もアリでしょう。
HP Pavilion 550-140jp Review 012

余裕のある筐体内

筐体内はタワー型だけあって、スペースが大きい。メモリの増設、ストレージの交換、拡張ボードの追加など、とても手を入れやすい構造です。
HP Pavilion 550-140jp  Review 013

ストレージは側面に設置してありますね。
HP Pavilion 550-140jp  Review 019

静か!

動かしてみますととても静か!

フォーッというような非常に低いファンの音で、しかも音量はかなり小さいです。静かな部屋なら気づく程度で、ずっと動かしていても苦になりません。

さらにベンチマークなど全開で動かしても、あまり音は大きくなりません。音が作業のじゃまになることはないでしょう。

キビキビとした操作感

Core i7-4790、SSD、GTX 750という組み合わせなので全てが速いです。あらゆる操作がキビキビと感じられ、とても快適。映画、ゲームなどのエンターテイメントからデザイン作業まで、十分こなせます。

一番低いグレードとなるモデル(59,800円)でもCore i3と4GBメモリを搭載していますので、軽い作業ならかなり快適です。もちろん軽いゲームもプレイ可能。

WTS的まとめ

本体が小ぶりで軽量なので、設置もラク。それでいて十分な速度で快適です。フロントフェイスがおしゃれなので家具との調和も良さそうです。ちなみにフロントパネルは白もあります。紅白で揃えると縁起がいいですね!?

次回はベンチマークを取り、快適さを数値で見ていこうと思います。