手頃な価格でも十分なゲーミング性能を凝縮!G-tune NEXTGEAR-NOTE i5330 レビュー

ベンチマーク

ここからはG-tune NEXTGEAR-NOTE i5330の総合性能をテストしていきます。

3DMark

ゲームベンチマークとして、ほぼ業界標準となっている3DMarkにてテストをしました。

ベンチマークスコア
Ice Storm86434
Ice Storm Extreme81281
Cloud Gate24907
Sky Diver18270
Fire Strike5737

軽量のIce StormからSky Dirverまでは実になめらか。Sky Diverでは僅かなコマ落ちが見られるものの、必要十分な速度です。

ドラゴンクエストX

オンラインゲームのドラゴンクエスト Xのベンチマーク。軽めのソフトのジャンルとなります。フルHDの最高画質で17793ポイントの「すごく快適」

どの場面でも非常になめらかで、軽量ゲームならなんの負荷もなく楽しめます。

ファイナル・ファンタジー XV (FF15)

ファイナル・ファンタジー15は最新技術を多数使っていて、重めのゲームです。最新技術のサポートがどのくらいあるのかを確かめることができます。

設定スコア
フルHD、標準画質3108(普通)
フルHD、軽量画質4432(普通)
HD、標準画質4897(普通)
HD、軽量画質6728(快適)

フルHDでは多数のエフェクトがかかる部分では、画質問わずにちょっと苦戦しています。

快適の判定が出るのはHD(1280×720)の軽量画質でした。多少画像は荒く見えるものの、ゲームに没頭すれば気にならない程度ではないでしょうか。

CineBench 15

CPUとOpenGL能力を計測するChineBench 15です。

テストスコア
OpenGL110.75fps
CPU1068 cb

ノート型ながらCPUスコアが驚きの1000超えです!6コア12スレッドはダテではありませんね。

必要十分な能力です。

ベンチマークテストまとめ

重量級のグラフィックではつらい部分があるものの、軽量~中クラスのゲームなら十分に楽しめる能力です。

109,800円という安めの価格からすれば十分と言えるレベルではないでしょうか。

PUBG、GTA、モンスターハンターワールドなどの重量級ゲームは、まず解像度を低めにし、あとはエフェクトを少しずつ下げていく調整方法がいいでしょう。

スペック

今回のモデルはシステムをSSD、データを大容量HDDに入れるツインドライブ仕様

やはりシステムがSSDですと、ゲームも快適に動きます。ぜひ選んでほしいグレード。

項目スペック
OSMicrosoft Windows 10 Home (x64)
CPUIntel Core i7-8750H
CPUコア/スレッド数6コア / 12スレッド
メモリ16 GB
メモリスロット (空きスロット)2 (0)
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 1050 2GB
ストレージ 2512GB SSD
ストレージ 31TB HDD
光学ドライブなし
ディスプレイ15.6インチ
解像度1920 x 1080ピクセル
Bluetoothあり
無線LAN(Wi-Fi)IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps)
有線LANあり
サイズ378×267×27.6mm (折り畳み時/ 突起部含まず)
重量約 2.4kg

WTS的まとめ

価格性能比(コスパ)が高い機種です!

本体は薄型で2.4kgなので、友達と持ち寄ってのゲームプレイなんかも可能になりますね。ゲーム入門機としておすすめできる一台です。

コメント