FlashAirでリアルタイム・クラウド同期を実現する!デジカメ写真を全自動で遠隔転送

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

カメラの写真転送を無線で取り込めるようになるFlashAir(フラッシュエアー)

SDカードに無線通信チップが内蔵されていて、SDカードに対応していればどんなカメラでも無線で画像を飛ばすことができます。つまり、写真を取り込むためにカードを出し入れする必要も、USBケーブルで接続する必要もないのです!

ただ、完全に自動で保存するにはいくつか問題があります。また、それをクラウドストレージと同期するためにはもう一工夫が必要です。

 

今回はインターネット側も、FlashAir側も安定した通信を行いながら、完全自動でクラウドと同期する仕組みができあがりましたので、紹介いたします!

必要になるのは

  • 転送をつかさどるPC
  • 2つのWiFiアンテナ(有線+WiFi / 内蔵+USBWi-Fi / USB Wi-Fi 2本)
  • フリーウェア Snowy

の3つ。今回はWindows環境です。

基本理論となぜこのセットが必要になるかの基礎知識を書いていきます。

スポンサーリンク

カメラのWi-Fiではだめ?

最近はカメラ自身がWi-Fiを内蔵しているものが多くあります。

今回使うカメラ「Sony NEX-5T」ももちろんWi-Fiを搭載しています。自動取り込みが使えるのならFlashAirでなくても、この内蔵Wi-Fiで問題ありません。

ただ使ってみた結果、ファイルの保存先の自由度やファイル転送の安定性などはFlashAir+Snowyのほうが良かったので、今回はあえてFlashAirを使っています。

FlashAirだけではなぜだめなのか

まずFlashAirだけではクラウドアップロードはうまくいきません。

クラウドと同期するためにはインターネットへの通信が必要となるわけですが、Wi-Fiが一つしかない場合、FlashAirの「インターネット同時接続機能」を使うことになります。

これはFlashAirを中継し、FlashAirもPCインターネットとも接続できるようにする仕組み。

パソコン→FlashAir→インターネット

という接続になります。

クリックで拡大

 

便利ではありますが問題は2点。

  1. どの通信もFlashAirを中継するので、速度がかなり遅い
  2. カメラの電源の入/切やスリープでPC側の回線が切り替わり、ひんぱんに通信が途切れる。

 

そもそもFlashAirの転送速度はそんなに速くありません。

それなのに、写真をパソコンに転送しながら、パソコンに送った写真をクラウドに送るという常時2重の送受信になるため、かなり遅くなります。実用的とは言えません。

また、カメラを切ったり、カメラが一時的にスリープになったりすると回線が切れ、そのたびにPCの接続先が変化し再接続が発生します。手動で戻さないといけないときも多くあります。

安定感のある通信ができないのです。

2つのWi-Fiを使うことで安定と高速を実現する

そこでWi-Fiを2つにする方法です。

1つはインターネット専用、2つ目はFlashAir専用にします。

クリックで拡大

 

これでお互いに邪魔をされないため、通信が安定し高速になります。

またFlashAirの影響でインターネット側の通信が途切れることもありません。

 

ちなみに両側無線でなくてもかまいません。

有線LAN(インターネット側)と、Wi-Fi(FlashAir側)という組み合わせでもOKです。ノートパソコンで両方装備しているのなら、この方式が一番安上がりですね。

USBアンテナの設定方法

設定にはネットワークIPの設定が必要になりますが、そんなにむずかしくはありません。

まずインターネット側となるアンテナを決めます。今回はUSBのアダプタ側にしました。

こちらは通常の手順でルーターに接続。IPの取得は「DHCP」にしておきます。(通常ではDHCPになっているはずです)

FlashAirの設定方法

次にFlashAir側の設定です。

こちらはIPアドレスを「固定IP」というものに切り替えます。

固定IPとはその名の通り、IPアドレスが固定され、一切変化しない状態です。

逆に先ほどの「DHCP」は、空き番号に自動で割り振られるため、接続のたびに番号が変わります。これはルーターがあるから実現できる機能です。

 

今回はFlashAirとUSBアンテナはお互いが直結され、どこからもDHCPでアドレスが受け取れないので自分で手動で割り振る、という意味になります。

固定IPと同時に、インターネット側にアクセスしないようにゲートウェイの設定もしていきます。

話が複雑になるので今回は解説はここまでにします。興味があればIPの仕組みなどを調べてみてください。

 

まずFlashAir側です。

FlashAir をカードリーダに挿し、PCで開きます。

この時エクスプローラの「隠しファイルの表示」を必ず設定してください。設定ファイルが見えません。表示タブから図の部分のチェックを入れるだけです。

 

FlashAirを開くと「SD_WLAN」というフォルダが見つかります。これを開きます。

 

 

そのなかに「CONFIG」というファイルがあります。

 

CONFIGをPC側にコピーして、バックアップしておきます。あとで間違った設定で全く動かなくなったときに戻せます。

 

次に「CONFIG」をエディタ(もしくはメモ帳)で開きます。

ここに下記の内容を加えていきます。同じ項目がある場合は追加しなくてもOKですが、値が違う場合は書き換えてください。

すでに項目があり、ほかの値が設定されている場合も注意してください。下手に書き換えると通信できなくなります。特に他人が設定したものは確認してから修正してください。

どんな設定をしてもFlashAirが物理的に壊れることはありません。動かなくても元のファイルに戻せば動きますので、思い切ってやってください。(笑)

[Vendor]APPMODE=4
APPNETWORKKEY=
APPSSID=flashair
DHCP_Enabled=NO
IP_Address=192.168.10.50
Subnet_Mask=255.255.255.0

Default_Gateway=

Preferred_DNS_Server=

Alternate_DNS_Server=

 

上記の赤字の部分が追加した部分です。

APPMODEは「4」に書き換えてください。

IP_Address=192.168.10.50という部分が「固定したIPアドレス」となります。覚えておいてください。

周りにもし同じ番号の機器が動いているとアドレスが衝突し、通信ができなくなります。「192.168.10.30」という番号であれば、ほぼ家庭用機器では使っていないと思われますが、もし衝突している場合は適宜変更してください。

固定アドレスを変更した場合は、この後の記事を自分で設定したアドレスに読み替えてください。

Windows側の設定

次にFlashAirと直結する無線アンテナを設定します。

Windowsのネットワーク設定を開きます。

Windows 10の場合、

設定→ネットワークとインターネット→イーサネット→アダプターのオプションを変更する をクリックします。

 

無線アンテナの項目を右クリック→プロパティを開きます。

 

「インターネットプロトコルバージョン4」という項目があります。これを選んで「プロパティ」をクリック。

 

上のラジオボタンを「次のIPアドレスを使う」をクリックします。

下記のように設定します。

IPアドレス192.168.10.60
サブネットマスク255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ空欄
有線DNSサーバ空欄
代替DNSサーバ空欄

 

数字が間違っていると接続できません。よく確認してOKを押してください。

FlashAirとの接続確認

いよいよFlashAirとの接続確認です!

FlashAirをカメラに入れ起動します。1~2分ほどでFlashAirが接続待ちになります。待てない場合はFlashAir起動画像の表示を行います。(方法はマニュアルを確認してください)

各種設定が正しければ、この時点で通信できます。

 

スタートメニューを右クリックし、「Windows PowerShell」をクリックします。

 

出てきた青っぽい画面に、次の文字をそのまま入力し、最後にEnterキーを押してください。

ping 192.168.10.50

※もしFlashAirの設定で数値を変えた場合は、その数字に置き換えてください。

 

通信が正常なら下記のようなメッセージが表示されます。

192.168.10.50 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
192.168.10.50 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=255
192.168.10.50 からの応答: バイト数 =32 時間 =4ms TTL=255
192.168.10.50 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=255
192.168.10.50 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=255

192.168.10.50 の ping 統計:
パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
最小 = 0ms、最大 = 4ms、平均 = 1ms

 

もし「要求がタイムアウトしました」という文字が出るようなら、どこかの設定が間違っているか、FlashAirが起動していません。少し待ってからもう一度打ち込んでみて、ダメなら手順をもう一度確認してください。

 

次にこの状態でインターネットが見られるか確認します。今回はFlashAirに接続したまま、通常のインターネットが見れなければなりません。

ブラウザを開き、当サイト「https://worktoolsmith.com」を見てみて下さい!(笑 GoogleでもYahooでもなんでもOK)

ページが表示されればOKです!

Snowyの設定

最後はは受信ソフト「Snowy」の設定です。

こちらのページからダウンロードしてください

(使いやすいフリーウェアを公開いただき、作者のemoacht さんに感謝いたします!)

 

Snowyが起動しましたら、FlashAirの固定IPを右上の「FlashAirアドレス」に入力します。

手順通りなら「http://192.168.10.50」となります。

先頭に「http://」が付いていることに注意してください。スペルは「h t t p : / /」です。//は2本です。すべて半角で、空白は入れないでください。

FlashAir Snowy アドレスとパスの設定画面

FlashAir Snowy アドレスとパスの設定

次にローカルフォルダです。

今回はクラウド(OneDrive)に同期したいので、ここにOneDrive内のフォルダを指定します。

他のクラウドストレージならそれぞれのフォルダを指定してください。

OneDirveのAPIを使わず、単にフォルダに保存することで、思わぬ写真の破損や転送ミスを防ぐことができます。たとえクラウドアップロードに失敗したとしても、このフォルダに写真が残るので安心です。

 

さて、お疲れさまでした。

これですべての準備完了です!

受信してみる!

Snowyの左上の「自動」力強く押しましょう!(普通の力でおK)

 

このボタンを押すとSnowyが待機状態になり、指定時間ごとにFlashAirを確認、新しい写真があったら自動で受信します。

カメラをパシャパシャと撮ると・・・

キターーーーー!!!

撮ったはしから写真が転送されてきます!

 

Snowyの受信時間を短くすることができます。標準では30秒ごとですが、早いFlashAir(第4世代)では、3秒ごとでも問題なく応答しています。3秒ごとならほぼリアルタイム感覚です。

 

また撮った写真はどんどんクラウドと同期されます。

例えば遠隔地に編集者がいても、クラウドの同期設定だけ行っておけば、半リアルタイムに編集作業にとりかかれます。分業やテレワークにも強力な環境となるでしょう。

分業にも安全性にも強力なパワー

この環境を作れば、クラウドストレージさえ連携すれば、たとえ地球の裏側でも半リアルタイムに写真が受信できるということです。

分業体制があるデザインスタジオ、写真スタジオでも活躍できるのではないでしょうか。

 

また、受信した写真はカメラ内部(FlashAir)とPC、クラウドの3重コピーとなります。リアルタイムにバックアップがとられていくので、安全性が飛躍的に高まります。

ここにNASなどを組み合わせれば、さらに強力なバックアップ体制となるでしょう。

ウェディング、七五三など、絶対に消えてはならない記念撮影でも、カードの故障を気にせず撮ることができますね!

またリアルタイムに近いので、本当にイメージ通りにとれているのか、すぐに大画面で確認できるのもポイントです。

WTS的まとめ

なるべく丁寧に書いたので、すごく長い記事になりましたがいかがでしたでしょうか。無事にリアルタイム受信はできましたか?

この形になるまでかなり試行錯誤を繰り返しました。特にアンテナ2本を使う方法でなかなかうまくいかず、何日も悩んでムダにしました。できたときは本当に感動でした!

あなたのお役に立てれば幸いです!!

コメント