ノートブックパソコン レビュー ブログ レビュー

コスパの良さで売上トップのゲーミングノートパソコン GALLERIA QSF960HE2 実機レビュー!

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

年末年始、PCゲームにどっぷり浸かって過ごしたい!と考えている人も多いはず。

ゲーミングパソコンといえばまず思いつくのはドスパラ。幅広い機種と予算に合わせた柔軟なBTO(カスタマイズ購入)が魅力です。

今日はそのドスパラで売上トップクラスを誇るゲーミングノート「GALLERIA QSF960HE2」を入手!一世代前ですが十分なゲーミング性能を持つグラフィックチップ「nVIDIA GeForce GTX960M」を搭載することで、10万円を切る低価格を実現しています。

さっそくレビューしていきます!

あえてGeForce GTX960Mを採用

GALLERIA QSF960HE2の低価格を実現しているのは、あえて旧世代のGeForce GTX960Mを選択しているからだ、と言い切ってもいいでしょう。

GTX960M.jpg

GeForceは現在「10シリーズ」という新世代チップがメインとなってきています。そのため、旧世代チップはメーカーも値下げして早めに売り切ってしまいたい、という思惑がでてきます。いわゆるアウトレットに近い扱いです。

ですが型落ちだから能力も低いかといえばそうでもなく、グラフィック性能としては十分で、多数のゲームをFULL HDでなめらかにプレイする能力を持っています。

低価格で十分な能力のパソコンがほしいユーザーと、安くしてでも売り切りたいチップメーカーの思惑を拾い上げ、奇跡のベストバランスが成り立った機種だといえます。

この価格と性能のバランスに目をつける人はやはり多く、ドスパラではこのGALLERIA QSF960HE2が常に1、2を争う販売台数だというのもうなずけます。

デザイン

デザインを見ていきます。

本体はがっしりとした筐体。天板は骨太なでラインで構成されていて、GALLERIAのロゴが光ります。押し出しは強いが、派手ではないデザインです。

DOSPARA GALLERIA QSF960HE2 Review-22

しかし正面にもうけられたエアダクトは真っ赤に塗装され、ディスプレイを開くとキーボードも真っ赤に発光。戦闘マシンとしての迫力は十分です!

DOSPARA GALLERIA QSF960HE2 Review-05

DOSPARA GALLERIA QSF960HE2 Review-06

スペック

今回のテストマシンのスペックです。構成はカスタマイズやキャンペーンにより変更される場合があります。

項目スペック
OSWindows 10 Pro 64-bit
CPUIntel Core i7-6700HQ CPU
CPUコア/スレッド数4コア / 8スレッド
メモリ8GB
メモリスロット (空きスロット)4 (2)
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 960M 2GB
ストレージSATA 500GB ハードディスク
光学ドライブなし
ディスプレイ15.6 インチ
解像度フルHD (1920×1080)
ポート類USB2.0 x2, USB3.0 x2, USB3.0 Type-C x1, SDカードスロット, HDMI 1.4 x1
Bluetoothあり
無線LAN(Wi-Fi)802.11 ac/a/b/g/n
有線LANあり
サイズ386.25(幅)×264.9(奥行き)×37(高さ) mm
重量約 2.75kg (バッテリー含む)
[campaign]GALLERIA QSF960HE2の特価情報はこちら![/campaign]

ディスプレイ

ディスプレイは15.6インチ、FULL HD (1920×1080)を採用。ノングレア(非光沢)タイプで映り込みが少なく、長時間プレイでも目が疲れにくいとされています。

DOSPARA GALLERIA QSF960HE2 Review-02

ディスプレイはこの角度まで開くことができます。背が高い人でも問題なし。

DOSPARA GALLERIA QSF960HE2 Review-13

また背面にはSFに出てくる宇宙戦闘機のようなダクトが開いています。単なるイミテーションではなく、本当に熱めの空気が排出されますのでご注意。

DOSPARA GALLERIA QSF960HE2 Review-21

キーボード

10キーを搭載したフルキーボードを採用。キーの大きさも余裕があり、タッチ感もよく、打ちやすい。

DOSPARA GALLERIA QSF960HE2 Review-23

真っ赤に光るバックライトLEDが搭載され、ゲームへのテンションも上がります。

移動によく使うWASDのキー、カーソルキーには太枠が付けられ、ぱっと見てすぐに指を置けるようになっています。

DOSPARA GALLERIA QSF960HE2 Review-07DOSPARA GALLERIA QSF960HE2 Review-08

ちょっと気になったのはENTERキー。日本語配列のキーボードなのですが、英語キーボードのように細長いものになってしまっています。日頃ENTERの上側を打っている僕は、「む」のキーにあたってしまうことがありました。

DOSPARA GALLERIA QSF960HE2 Review-30

またWindowsでは比較的よくつかう「¥」キーが、バックスペースの上という特殊な位置へ移動しています。通常はバックスペースの右側にあるため、ここも打ちミスが発生しそうな部分。

DOSPARA GALLERIA QSF960HE2 Review-31

キー配列はできれば日本語標準にそろえてほしいところです。

ポート類

ポート類は必要十分な数を揃えています。

USBは最新のTYPE-Cも合わせ合計5つ、映像にHDMI、有線LANポート、SDカードリーダーまで備えています。ポートはよく使われる右側、じゃまにならない背面に収集しています。

左側には一切ポートがないのが珍しいですね。

タッチパッド

タッチパッドは1プレートタイプ。下側を押し込むことで右/左クリックが可能です。

DOSPARA GALLERIA QSF960HE2 Review-09

表面はサラッとしていて指のすべりは上々。

DOSPARA GALLERIA QSF960HE2 Review-10

ゲーム性能

ざっとゲーム性能をベンチマークを取り、確認していきます。

業界標準とされる3DMarkを試験してみます。

最も軽いICE Stormでは81000超えと、十分すぎるほどの性能を発揮。また最も重いテストFire Strikeでは、画面の動きは重く感じるものの、フリーズなどもすること無く完走。スコアも4000を超えて来ました。

 

Dospara GALLERIA QSF960HE2 dq10

ドラクエXベンチマークでは、FULL HD、最高品質設定で4100超え。多数のキャラが表示される部分で少し重さを感じたものの、全編とてもスムーズでした。

現在発売されているゲームはほとんどが動かせ、AAAクラスと呼ばれる重量級ゲームでも、画質や解像度を落とせばプレイ可能でしょう。

取り替え可能なバッテリ

今回おもしろいと感じたのはバッテリ。最近は本体の気密性を高めたり、コストを削減するためにバッテリーは完全埋め込みで交換ができないものが主流です。

ですがGALLERIA QSF960HE2はこのように取り替えが可能。複数のバッテリを購入すれば、出先でも長時間使えます。

DOSPARA GALLERIA QSF960HE2 Review-28

コスパを見れば最強クラス

さて、GALLERIA QSF960HE2を見てきましたが、安さを感じさせないボディデザイン、十分なゲーム性能を発揮するグラフィックチップ、FULL HD (1920×1080)ディスプレイが揃って10万円切りというのは、やはりすごい安さに感じます。

年末年始でゲームパソコンを検討していたら、まず候補に入れたい一台だといえるでしょう。

WTS的まとめ

ここまでの機能を持つパソコンが10万円を切るようになったんだなぁ・・・と感慨にふけっています。(笑)

僕が子供の頃は、10万円をかけてもHDDを積んだマシンすら買えなかったんですからね・・・信じられません。