ガジェット・デジタルデバイス レビュー レビュー

タブレットにHDMIで映像を映したい!という要望にはこの素敵アイテム

タブレットにパソコンやブルーレイレコーダーから映像を映したい!と考える人は多いのではないでしょうか。

バッテリーで動くから配線も気にならないし、軽いし、薄い!最強のモバイルディスプレイにはるはず!

しかし・・・僕が調べた限り(50台以上)、残念ながら現在発売中のタブレットには映像の入力に対応するものはありませんでした。

でも、あきらめるのはまだ早い!

”ほぼタブレット”の形で、HDMIモニタとして使えるアイテムが発売されました!

今日はドスパラから販売されている「Diginnos モバイルモニター DG-NP09D」をレビュー!

タブレット型ディスプレイ

さてやってきましたDiginnos モバイルモニター DG-NP09D。箱はドスパラの他のタブレット製品とそっくりです。

ドスパラ DG-NP09D モバイルモニター Review

 

こちらが本体。形はほぼタブレットです。

 

この商品の素性を知らなければ、誰もが普通のタブレット端末だと思うはず。ですがれっきとしたディスプレイ。CPUは搭載しておらず、もちろんAndroidなどのOSも入っていません。

電源を入れると普通のPCディスプレイのように「信号がありません」という表示に。

映像信号を入力しなければ青い画面をひたすら「信号がありません」が飛びまわっています。癒されます。(何?)

ドスパラ DG-NP09D モバイルモニター Review

 

タブレットそっくりなのでタッチもできそうな雰囲気ですが、タッチには対応していません

ディスプレイの大きさは8.9インチ。1920×1200ピクセルという高い解像度です。フルHDは高さが1080ピクセルなので、それよりも少し広いです。この後の使用感の項でも書きますが、小さいながらもWindowsが実用的に使える十分な解像度です。

重さは約490gと軽く、サイズは(幅)234×(奥行き)156×(高さ)9.4mm。片手でラクラク持っていられます。カバンにもサッと入れられるコンパクトサイズです。

 

本体は金属パネルでガッシリとしており、剛性感は高い。表面はサラッとした感触の塗装で仕上げられています。

 

電源はスマホと同じMicroUSBから給電します。本体にはACアダプタが1つ添付されています。

さらに!なんと本体にバッテリーも内蔵していて、4.5時間も給電せずに表示可能!これはうれしい!(時間は公称値)

多数の機器を持ち運ぶカメラマンも、ダラダラとした電源ケーブルに煩わされることがありません。

USB端子なので汎用性も高く、スマホ用のモバイルバッテリー、コンセントに挿すタイプのUSBアダプタ、シガーソケット用のUSB充電器などなど、あらゆるもので給電が可能。

以下は当サイトでレビューしたことのあるUSBアダプタとモバイルバッテリーです。どのようなメーカーでもUSBの規格に合っていれば使用可能。Amazonや電器店など、どこでも手に入ります。

一つ持っていればスマホやタブレットと兼用できるので、本体のACアダプタを持ち歩く必要はありません!荷物も少なくて済みますね!

 

映像入力は mini-HDMI となります。

HDMI規格は HDMI / mini-HDMI / micro-HDMI の3種類ありますので別途ケーブルを買ったりするときは十分に注意してください。(miniとmicro はどちらもmiから始まるのでまぎらわしい。何度もご確認を。)

ドスパラ DG-NP09D モバイルモニター Review

 

変換ケーブルも1本付属します。フルサイズのHDMIコネクタがそのままつなげるので安心。

 

いちいちコネクタを付けるのも面倒だなぁ・・・というときは、HDMI → mini HDMIケーブルを別途買えばよりスマートになります。

 

本体にはステレオスピーカーも内蔵していて、音を出力することもできます。ステレオミニジャックもついているので、スピーカーやヘッドホンなども別途接続可能。

音の質は・・・まあ音が出るだけマシという程度です。こいつで音楽を聴こうという人はあまりいないと思いますが、過度な期待をしてはいけません。

右側面にはUSBポート(Type-A)が1つありますが、メンテナンス専用で別の機器をつなぐことはできません。

ドスパラ DG-NP09D モバイルモニター Review

スペック

詳細なスペックも表記しておきます。

項目スペック
画面サイズ8.9インチ
最大解像度1,920×1,200ドット
ポート類Mini HDMI入力、Micro USB(電源供給用)、ステレオミニジャック、ステレオスピーカー
バッテリ約4.5時間/リチウムイオンバッテリ(8,000mAh)
寸法234×156×9.4mm(幅×奥行き×高さ)
重量約490g

使ってみる

機能説明はここまでにして、さっそくつないでみましょう!

接続はパソコンのHDMIケーブルをDG-NP09Dにつなぐだけ。バッテリ内臓なので電源をつながなくてもそのまま動いてしまうのも手軽!

下写真はHDMIをmini HDMIに変換するケーブル(本体添付)に、通常のHDMIをつないだところ。

ドスパラ DG-NP09D モバイルモニター Review

 

おおっ!映像はきれいです!

全体的に少し色合いが浅いかな?という印象はありますが、よく言えばナチュラルな色味。赤や青が強かったりするような、色の破たんはありません。

ドスパラ DG-NP09D モバイルモニター Review

 

解像度が非常に高いので、文字や写真もくっきりと表示されます。Windowsの基本作業には十分でしょう。密度が高く文字が小さめになるので、設定で125%~150%ぐらいにすると見やすくなります。

ドスパラ DG-NP09D モバイルモニター Review

ゲームプレイはどうか?

速い映像はどうでしょうか?ゲームもプレイしてみましょう!

PCゲーム「Just Cause 3(ジャストコーズ3)」、「Watch_dogs(ウォッチドッグス)」をプレイしてみます!パソコンはWorkToolSmith コンパクト1号(仮)(GTX 1070 出力は1920×1200 60Hz)から出力。

 

おおおっ!lこれまたキレイだ!

ドスパラ DG-NP09D モバイルモニター Review

 

ものすごいクッキリとした画面!FULL HDを超える解像度で、こまかなオブジェクトまでしっかりとディテールを保っています。

小さくて密度が高まるので、まるで写真のような詳細度。PCの4Kディスプレイを見ているような密度感です。

ドスパラ DG-NP09D モバイルモニター Review

 

無線などではなくHDMIで直結しているので、映像の遅延は一切ありません。速い動きにもしっかりとついてきます。

残像感はほんの少しありますが、そんなに気にならない程度。とはいってもゲーミングモニタではありませんので、激しいパンには当然ティアリングも起こします。更新速度は体感8~10msぐらいかな。

ドスパラ DG-NP09D モバイルモニター Review

 

Just Cause 3の画面。遠くの景色までしっかりと細かさを保っています。(雨の場面なのでちょっと見づらいですね。すみません。)

ドスパラ DG-NP09D モバイルモニター Review

 

遠くの家もしっかりと細かい!

ドスパラ DG-NP09D モバイルモニター Review

 

音楽や効果音はまあまあ聞けるかな、という音。ノイズはほとんどなくきれいな音ですが、軽い音質です。ゲームをする分には許せる範囲ですが、映画や映像作品を愉しむには物足りないでしょう。

 

ちなみにこうやってXBOX One Elite コントローラと並べると、超小型・高性能ゲーム機みたいな感じでいいですね~!(パソコンが別途あるのは忘れて!)

高解像度のゲーミングタブレットというと、なんとなくnVidiaのShield Tabletを思い出します。

ドスパラ DG-NP09D モバイルモニター Review

用途はいろいろ

今回はパソコンとだけつなぎましたが、入力がHDMIなのでいろいろつなげるはず。

たとえばデジカメのファインダー画面として使えば、ファインダーの数十倍の大きさとなり、ピント合わせもかなりラクになりそう。これは近く実験してみます。

実験してみました!▼

Raspberry Piとか、ヘッドレスのラックサーバーとか、モニタを持たないPCのセットアップにも使えそうですね。ただHDMIなのでVGAがつなげないのが苦しいかも。

WTS的まとめ

電源がないので自由度はハンパなく高い!しかもこの小ささでFULL HDを超える解像度なので、写真や映像などのサブディスプレイや屋外のモニタとして重宝しそう。

電源が必要な環境だとしてもUSBなので、モバイルバッテリーを使えば遠くからACコードを引っぱってくる必要もありません。スマート!

かなり可能性を秘めたモニタだと感じています!