CPUグリスをさらっとぬぐい取れるクリーナー アイネックス IPA-CLN2 レビュー

こんにちは、太田アベル(@LandscapeSketch)です。

自作PCに必須のCPU作業。一番最初の組み立てはいいのですが、CPU交換をするときには必ず「グリス除去」の作業が発生します。

これ、やってみると分かるのですが、グリスはネチョネチョでかなりの高粘度。ティッシュペーパーで作業するといつまでも残っていて、非常に時間がかかります。

そんなCPUグリスをサッと溶かし、容易にぬぐい取れる高性能除去液が、今回買ってきた「アイネックス グリスクリーナー IPA-CLN2」です!

その使い勝手をレビュー!

  • 使いやすい小型のビン
  • 古いグリスもさらっと取れる
  • すぐに蒸発し、再作業が早く
  • 軽いアルコールの臭いで苦痛ではない

そのままでは苦労するCPUグリス掃除

CPUグリスの除去は、なんの道具も使わず行うと非常に苦労します。

冒頭にも書きましたが、ティッシュペーパーだけでやろうとするとなかなかぬぐえません。ティッシュペーパーが破れるほどの粘度なのです。拭きとろうとしても伸びるだけ。

またあまりに強く拭くと、基板がゆがんだり、CPU裏のピン(AMD)を折ってしまったりするので大変危険。CPUが壊れます。

グリスをやわらかくするのは「灯油」という手もあるのですが、あまりに臭いがきつく、3分で吐きそうになります。普通に有害。ついでに火気があると火がつく危険もあり、まったくおすすめできません。というかやめましょう。

そこで代用品として使っていたのが「ディゾルビット」という掃除用品。ガムやテープ跡などを除去する強力クリーナーです。これはかなり性能がよく、さらさらとグリスを溶かしてくれました。

もう灯油とはオサラバ!CPUグリスがシュルッと取れる強力で安全な洗剤を発見!
当記事で特集したディゾルビットは大変便利だったのですが、CPU表面にわずかに油分が残ってしまうため、現在は使用をやめています。かわりに専用クリーナーを使っていま...

以前使っていたクリーナー ディゾルビット

ただ一つだけ問題がありまして、オレンジオイルを含んでいるため、拭いたあとに少し油分が残ってしまうのです。

そのため次の取付をすぐにやりたくても、油分が取れるまでしっかり磨かなければなりません。グリスを溶かしてしまう恐れがあります。

もう少し使い勝手がいいものはないか、と手に取ったのが、今回のグリスクリーナー IPA-CLN2なのです。

適度な大きさの小ビン

IPA-CLN2はアルコール主体の成分。その名の通りCPUグリスクリーナーに特化したもの。

容量はわずか30ccですが、CPU 10個ぐらいは余裕で掃除できるぐらいの容量です。(ザブザブ使えばすぐなくなりますが・・・)

常識的な自作ホビイストなら、そんなにたくさんCPUを交換することはないでしょうから、十分な容量といえるでしょう。私は2本買いましたが(笑)

使ってみる!

さっそく使ってみましょう。

IPA-CLN2には拭き取り用の紙が1枚付属します。キムワイプとほぼ同じ質感。

これにIPA-CLN2を少量付けます。したたるほどではなく、軽く湿る程度でOK

アルコールの臭いはしますが、キツくはありません。最近は感染症対策で何度も消毒をするので、むしろ慣れていますね。(笑)

こちらが汚れが残っているCPUです。

グリス部分に当てると、みるみるサラサラになり、とても拭き取りやすい!

拭き取りにほとんど力はいりません。グリスがどんどん溶けるので、それを吸い取っていくようなイメージです。

注意点としては、サラサラと流れるため、液体が裏側の端子部分に接触しないようにすることですね。もし端子に付いてしまったらそっと拭き、完全に乾燥させてから使ってください。半乾きでソケットに入れると、ショートする恐れがあります。

上の写真でCPUを乗せている黒い物体は「ICフォーム」という、電子部品を乗せておくスポンジのようなもの。静電気を防止してくれるので、CPUなどデリケートな電子部品を置くのに適しています。

3回ぐらい行った状態がこちら!
光り輝く銀色になりました!

アルコールなのですぐに蒸発し、表面がぬるぬるしていることもありません。すばやく次のマシンに組み込めます!

WTS的まとめ

粘度が高いグリスもラクに拭き取れました!油分が残らないのもいいですね。

コメント