安価ながらリード3000MB/sを超える!高速M.2 SSD XPG SX8200 Proレビュー

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

今日は税込み9,000円を切る価格ながら、最大3500MB/秒のリード速度、最大3000MB/秒のライト速度を実現した、超高速M.2 SSD「XPG SX8200 Pro」を買ってきました!

さっそく性能をチェックしていきますよ!

記事中の商品/サービス

XPG SX8200 Pro M.2 SSD NVMe対応 512GB
XPG
シーケンシャルリード3500MB/s、シーケンシャルライト3000MB/sを実現する、超高速でお手頃価格のM.2 SSD

スペックと価格

スペックを確認します。

XPGは、ADATAのゲーミング・グレードパーツを表すブランド名。高性能と手に入れやすい価格が人気です。

今回のSX8200 Proもシーケンシャルリード3000MB/sを超えるタイプとしてはかなり安い8,000~9,000円台(2019/10/16現在 Amazonで8,699円)。

他社の同クラスのSSDは10,000円を超えていることも多いので、いかに安いかがわかるはず。

それでいて保証期間は5年間という長期間。安かろう悪かろうのような売り方ではないのがわかります。

その他の特徴はこちら。

  • SLCキャッシング・DRAMキャッシュバッファ
  • 3D NANDフラッシュ – 大容量、高い効率性と信頼性
  • LDPC ECCによるデータ整合性
  • E2Eデータ保護とRAIDエンジン

パッケージ内容

パッケージ内容はいたってシンプル。本体とヒートシンク(冷却用パネル)のみです。

最初からヒートシンクが貼り付けられているモデルも多くありますが、USBケースに入れたりするときにはヒートシンクがジャマになります。別になっている方がありがたいですね。

ヒートシンクは厚さ0.5mmほどのごく薄いもの。そんなに冷却効果は高くないと思われます。付けるかどうかは好みです。

3Mの熱伝導シートが貼られています。3M製はノリがベッタベタになったりしないので安心です。

ベンチマーク

ベンチマークを取ってみましょう!

テストするマシンは自作マシン。ちなみにかなり小さなケース(NCASE M1 V6)に組み込んでいるので、放熱はあまり良くありません。その前提でご覧ください。

CPUCore i5-9400F
マザーボードMPG Z390I GAMING EDGE AC
OSWindows 10 (バージョン 1903)
メモリコルセア DDR4-3200 16GB

こちらがベンチマーク結果です。

読み込みは3400MB/sを実現していますね!公称値に近い超高速です。

逆に書き込みは公称値の3000MB/sにはだいぶ届かず、2200MB/s前後。これは放熱が悪いのでサーマルスロットリング(速度を能動的に落とし、温度を制限する)にひっかかっていると思われます。

ベンチマーク中の温度は70℃で頭打ちとなりました。ヒートシンクはつけていません。

広いケースで直接風を当てられれば、かなり改善する可能性があります。

WTS的まとめ

このSSDをメインストレージとしましたが、非常に速くて快適ですね!

Windows 10をコールド・スタートしても、10秒前後で起動してしまいます。再起動のストレスがありません。

もちろんAdobe Photoshopなどのような重量級アプリもサクサク開きます。ゲーム用途ではなくても、大容量を使う仕事にもうってつけです。

コメント